コラム

 公開日: 2012-10-09 

感動しました!!

一昨日、第59回の『心を届ける手紙のセミナー』を開催しました。

毎月第一日曜日の朝10時から11時45分まで、三宮の神戸勤労会館で行っています。

昨日から、香奈子さんが、事務局として加古川からボランティアで来てくれている。

本当にありがたく感謝の思いで一杯です。

6~7年前、初めて勤労会館を借りて開いたときは、一般の方も、

また会社のスタッフの応援を借り大勢で手紙のセミナーを開きました。

私も、スタッフも緊張感が足りなく、感動を共有することが出来にくい事がありました。


以来、自分自身、慣れが生じないため、緊張感を持って臨むためにと思い、

手伝いを断り一切を一人で担っていました。

会場の予約、集客(殆どできていません。ネットでは社長が手を

入れてくれチラシを作ってくれています)を少し、

便箋封筒の用意、お茶やお菓子の用意、配布物の用意、名簿、アンケートの用意、

当日のホワイトボード書き、会場つくり、後片付け等々・・・・

慣れているとはいえ、 一人で用意し、セミナーを開き、後始末をする・・・

結構時間に追われて大変です。

私の一番足りないところは、人の力を借りる・・・協力者を募る・・事です。

手紙のセミナーを、日本全国に広めていきたいと思うとき、

私だけではなく、協力者の方々にもセミナーを担当

出来るようにしていかなければ広がらない・・・ことを思うとき、

組織を作ってこなかったことを今、反省しています。

延べ、900人近くの方が受講してくれました。 

最近まで一人一回、限定講座でしたので、ほぼ900人近い方の名簿が

本来ならあるはずです。

アンケートも感動的感想がたくさん書かれていますが、無記名、

電話やアドレスも一切書かないアンケートを作っていました。

手紙を書く人の仲間を増やしたい!と思って始めましたが、

私こんな事を受講された皆さんに頼んでいました。

「手紙のよさを知ったあなたから、手紙をプレゼントしてくださいね! 

日本全国にタンポポの綿毛が飛んでいくように

手紙の輪を拡げていただけませんか?

手書きの手紙は、優しい心の贈り物だと思います・・・」 と。

でもね、いくらそのときに感動し、その場では手紙を書いたとしても、

なかなか習慣にするのは難しいといいます。

毎月第一日曜日にあつまって大切な人に手紙を書く、

有難うや、ごめんさない、うれしかったよ・・等等。

アァ、組織を作っておけば、今頃もっと手紙を書く方が増え、

人と人の優しい絆が深まっていたかもしれない・・・

そのお手伝いが出来たかもしれない・・・

そんな気持ちがこみ上げてきて9月のセミナーに来てくださった方に呼びかけてみました。

すると香奈子さんが「手伝います」っていってくださり、もう感激!

話してみてよかった!  そんな気持ちになりました。

そして10月のセミナー。  

事務局をしてくれる香奈子さんが細やかに実に見事にサポートしてくれました。

嬉しかった~。

セミナーも盛り上がったような気がする。

香奈子さんは会社でも、きっと仕事の出来る人だと思いました。

色々提案もしてくれ、手紙のセミナーの孤独から抜け出せそうです。

自分で全てしなければ・・・と少し意地になっていたと思います。

みんなの力を借りると、手紙文化を家庭に!企業に!が実現しそうに思います。

ノウハウのセミナーが花盛りで、パソコンのメールにも一日に何通ものセミナーのお誘いが来ます。

手紙は、目に見えてノウハウが蓄積されるものではなく、

優しい心や、気遣いや、温かい人間関係が積み重なって

行くものだと思います。その人その人のよさがあり、正解はありません。

優しい心、感謝する心、素直な心を育んで行きます。

そうだ! 手紙のセミナーという名称をやめて「手紙塾」にしようかな?

手紙塾に来て見ませんか? って誘ってみようかしら?

そうそう書き忘れるところでした。

セミナーに来てくださった方が、26年ぶりにご主人さんへの思いを初めて綴られていました。

子供たちには、メモだったり、手紙だったり、よく書くのに主人には初めて・・・・といわれていました。

みんなで感激共感・・・心洗われるような手紙でした。

手紙は苦手、書いた事がない・・・そんな方も大丈夫です。

相手を思う心一つでご参加ください!

清清しい心と、あたたかい気持ちになれますよ。

みなさん!あなたの大切な方に、たまには手紙を書いて下さいね! 

「好きだよ。ありがとう」  これだけでも手書きは嬉しいです。

一度、村山順子の手紙塾にいらして下さいね!  

百聞は一見・・・・いえ、体験に如かずです!

11月4日、日曜日の朝10時から三宮の神戸勤労会館でお待ちしています。

申し込みは、ひまわりサービスのホームページか、

“手紙のセミナー”で検索すると村山が出ますので・・・

心と心を繋ぐ幸せの手紙を日本全国に広げたい!   

私65歳!先を急いでいます。

どうしたらもっとスピードを上げれるのかな?   

どなたかいい方法を知っていたら教えて!

「動機善なりや、私心なかりしか」京セラの稲盛名誉会長の言葉です。

わたしが行動をおこすときに指針としている大切な言葉です。

動機善!私心、ありません!

心と心を優しく繋ぐ手紙を拡げたい・・・

温かい人間関係を作るのに手紙はとても大切です。

私自身、52歳で出張中に突然なくなった夫からの手紙・・・・・・・

なくなる一ヶ月前の誕生日に貰った、たった10行ほどの主人からの手紙に支えられ、

52歳直前に起業し今があります。

その手紙は、私が一生、生きいきと、輝いて生きていける力を与え続けてくれています。

手紙って貰うと本当に嬉しいですね。

あなたも大切な人にプレゼントしてみませんか?

私たちがご案内いたします!

ウァごめんなさい! また悪い癖。 長々と書いてしましました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



ひまわりサービス
村山順子

---------------------
心のゆとりを届ける『家事代行と整理収納のひまわりサービス』
http://www.himawari-service.jp

ひまわりサービスの整理収納サービス
http://www.himawari-seiri.com

村山順子のブログ
60歳の約束
http://junko-m.jugem.jp
---------------------

この記事を書いたプロ

一般社団法人神戸暮らしの学校 [ホームページ]

講師 村山順子

兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL:090-2426-9866

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
暮らしの学校について

村山順子が代表を務める「神戸暮らしの学校」は企業研修と地域活動を行う一般社団法人です。設立主旨は下記をごらんください。神戸暮らしの学校について

メディア掲載情報
ゼクシィ 花嫁の手紙

【神戸暮らしの学校事務局から】いつも村山のコラムをお読みいただきありがとうございます。結婚情報誌「ゼクシィ」2015年12月号特集「花嫁の手紙 厳選集」の...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
村山順子さん

経営者と従業員との絆を深め、企業経営にも生きる「手紙の力」(1/3)

インターネット全盛の今、手紙が脚光を浴びています。月に一度、神戸市勤労会館で「心を届ける手紙のセミナー」を開催しているのが、「ひまわりサービス」会長の村山順子さんです。自身の体験談を交えながら、手紙が持つ「素直な気持ちを届けてくれる力」につ...

村山順子プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

誰もが相手の心に届く手紙を書けるようになります。

会社名 : 一般社団法人神戸暮らしの学校
住所 : 兵庫県神戸市中央区坂口通6-1-17 [地図]
TEL : 090-2426-9866

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2426-9866

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

村山順子(むらやまじゅんこ)

一般社団法人神戸暮らしの学校

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

心を届けることの大切さを実感しました

手紙のセミナー 参加者アンケート ------------------------...

赤穂郡
  • 40代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
『誰でも書ける手紙講座』のご案内
イメージ

こんばんは、村山順子です。最近、企業研修のご依頼が増えています。社内社外を通じて、素直な気持ちを伝...

社長手紙塾 村山順子のインタビュー動画をアップしました。

 村山順子インタビュー 

先ず、人に会う

先ず、人に会う!出かける!この事は、10年前、ある講演会で聞き、心に残っている言葉です!行動する事の大...

全ての人がゴールに

生まれてきた瞬間から 生きとし生けるもの すべてがゴールに向かって生きているのですね。人間も長い短いの...

志に生きる

先日の日曜日、手紙のセミナーを終え、すぐに尼崎行きの電車に飛び乗りました。向かったのは御世話になっている...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ