コラム

 公開日: 2016-08-15 

LED照明で変わったこと

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。

住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、今ではすっかり住宅用照明の主力になっています。

御存知のように、LED照明には「長寿命」「省電力」などの優れた省エネ性能があります。

さらに「発熱温度が低い」「小型で高輝度」「色調調整が容易」などの特長があり、これらによって住宅のインテリアについては大きな恩恵を受けることになりました。


今回は照明のLED化によって変わったことを挙げていきます。


LED照明のある部屋
※写真はPanasonicのLED照明カタログから。



まず、見た目に一番変わったことといえば、「天井のフラット化」でしょうか。


過去には、照明器具を天井に埋め込む、いわゆるダウンライト照明は洗面やトイレなど「天井が低く、狭い部屋」で使われてきました。

しかし、この照明方式が、リビングやダイニングのような大空間で使われることは殆ど無かったと思います。

以前のダウンライトには「高い天井に照明を埋め込むと電球が交換できない」「照明器具の大きさの分、天井が低くなる」などのデメリットがありましたし、照明自体の発熱量の問題もありました。

リビングなどの主照明で使うには、かなり勇気の要るものだったのです。


現在、ダウンライトの殆どは、「小型」「長寿命」「殆ど発熱しない」LEDが主流になっています。

機器の値段も大幅に下がりました。

その結果、小型のLEDダウンライトを幾つも天井に埋め込むことができ、フラットですっきりとした天井、インテリアが得られるようになりました。

LED照明のあるリビング


また、家の中の照明器具の演出性についても、自由度が上がりました。

LED以前、照明器具の主光源は蛍光灯を使うのが普通でした。

しかし、蛍光灯の発する光は、色の暖かみに欠ける、演出性が低いという欠点があります。

そのため、照明にこだわった住宅では、暖色系の光を出す白熱球の照明器具を使うこともありました。

家によっては、たとえ電気代が高くても、球切れしてでも、オレンジ色の白熱球やクリプトン球しか使わないというところもありました。


現在のLEDは色温度も自由に選べますし、色を変えられる照明もあります。

LED照明器具の普及で、光の色を気軽に自由に選べるようになったのです。

LED照明の色温度
※色調が変えられるLED照明(Panasonic)



個人的に「変わったな」と思うこととして、「照明器具をインテリアの一部として捉える」必要性が無くなったということがあります。

今まで、照明器具はどうしても人の視線に入ってくるものでした。

照明器具はインテリアの一部であり、照明器具のデザインに気を配らないと、インテリア全体が台無しになる可能性がありました。


LED化が進んだ現在、家の照明は「部屋を明るくする」という機能としては有りながら、「器具としての存在感」は消されつつあります。

「すっきりしたインテリア」が好みであれば、殆ど照明器具を意識することなく、部屋を明るくすることが出来ます。

LED間接照明
※照明器具を見せない「建築化照明」(Panasonic)


もちろん、照明器具をインテリアとして選びたい人は、今まで通り、好みの照明器具を選んで設置することも出来ます。

壁に付ける照明、釣り下げる照明器具についても、今まで通り購入、設置することが出来ます。

玄関ホールや廊下、階段などに、あえて明暗を付ける「光の演出」を行うことも出来ます。


総合的に考えると、LED照明によってインテリアの自由度が上がったと言えるのかもしれません。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

リビングの天井高について。

屋上緑化/屋上庭園のある家を作りませんか?

洗濯物は何処に干す?本気で洗濯を考える家作り

2階あるいは3階にお風呂を設置した場合の問題点、注意点

建築設備、実際には幾らかかる?(ジャグジー、シャワールーム、サウナ、暖炉、薪ストーブ)


   ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

住宅でも地盤調査は必要です。新築住宅で地盤改良を行うのも一般的です。
イメージ

建築は「経験」が重視される仕事です。「豊富な現場経験」と、そこから得られる「家作りの常識」は、新たな家...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ