コラム

 公開日: 2016-03-09 

書庫、図書室のある家

このテーマについては、以前にも一度、書いています。

本の多い人が建てる家(書庫/書斎/図書室のある家)


「本が入りきる本棚なんて無い」という意味のことが書かれているのをみたことがあります。

「本好きの人は収納スペースがあればあるだけ本を増やす」=「結果としてどんなに大きな本棚を作っても本は収納しきれなくなる」・・・という意味でしょう。

確かに、本(雑誌やコミックも含む)は、ちょっと気を抜くと、どんどん増えていきます。

捨てない限り減ることもありませんので、本棚を増やすのは、きりがないのかもしれません。

RC住宅
※空き部屋。壁間距離が短く、重荷重に耐えられそうな空間なので、将来は書庫スペースになる予定です。



私個人は「蔵書家」というものではありません。

今、家にある本で、知的財産として保存すべきものは、殆ど無いといっても良いと思います。

家にある本類には雑誌やコミック、文庫本などがありますが、その殆どは一昔前の価値観でいえば「読み捨てられるもの」かもしれません。


しかし、昔読んだ思い出のあるモノというのは、なかなか捨てられません。

また、意外とこういうものが、再入手困難なものだったりもします。

いわゆる名作、文学作品、有名作品というよなものは再版されることも多く、今後も入手できるかもしれません。

しかし、あまり有名でない作家の本、コミック、お気に入りだった雑誌などは、手放すと二度と入手できない可能性が高いのです。

「今手放したら、二度と読めなくなるかも」・・・こう考えていると、本棚整理は全然すすまなくなってきます。

本
※家にある40年くらい前のブラックジャック。今売っているものとは微妙に中身が違っているそうです。



価値の高い本を保管する場所でなくても良いから、気軽に読み返しが出来るように保存する場所としての「図書室」が欲しい人というのは、結構いるのではないかと思います。

そこに置くモノは、人によっては本、コミック、雑誌だけでなく、カタログやレコード、CD、ビデオやDVD(意外と嵩張る)、あるいは何らかのコレクションになるかもしれません。

ともかく、

 ・埃だらけにしたくない。

 ・日焼けも避けたい。

 ・気軽に保管して、見たいときにさっと取り出したい。

という、広さが確保されている、ざっくりとした図書室、保管庫が欲しいという人は、結構多いのではないでしょうか。

オーダー本棚
※部屋に合わせて作成する、オーダー本棚の設計図。



最近では、インターネットや古本チェーン店などで、以前より本の入手は簡単になってきています。

懐かしの本やコミックでも、簡単に、大量に購入することが出来るようになりました。


あとは収納場所の確保だけです。

せっかく家を建てるのですから、納得いくまで収納にこだわってみませんか。

「本の収納に困らないくらい、広い図書室のある家」を考えてみるのも、面白いと思います。


   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ