コラム

 公開日: 2016-03-06 

高額住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【リスク、不安要素】

今までのコラムは、こちらから。

タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】

タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】

タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【維持費、管理費】


住宅は高額な買い物ですから、できるだけ不安要素は取り除いておきたいと思うでしょう。

今回は、タワーマンションと注文住宅、それぞれの不安要素を採り上げていきます。


まず、タワーマンションにおける不安要素について。

前回も書きましたが、まず問題になりそうなのは「大規模修繕の積立金」についてでしょうか。


日本において、分譲タワーマンションの歴史は、そんなに古くありません。

当然ながら、大規模修繕の施工実績も、そんなに多くありません。

御存知の方も多いかもしれませんが、初めての大規模修繕となったタワーマンションでは、ニュースになる程、大きな問題を残しました。

タワーマンションの大規模修繕については、まだ施工技術が成熟したとは言い難い状況です。

毎月支払っている修繕積み立て金で足りるのか、充分な修繕が可能なのか・・・将来、施工実績が増えるに従って修繕費用の見通しもはっきりしてくると思うのですが、今のところはまだまだ未知数であるというのが現実だと思います。


もうひとつの不安要素は、所有者でつくる「管理組合」についてです。

この「管理組合」とは、マンションの掃除などしている「管理会社」ではありません。

そのマンションの所有者でつくる「自治組織」のことです。

法律上、分譲マンションとは「区分所有者でつくる組合によって自治運営されている住宅」であり、その自治運営の主体が「管理組合」となります。

マンションの住みやすさを決める「管理」や、住民が守るべき「規約」などについても、この「管理組合」に決定権があります。

本来は、住人が住みやすいように自治運営される「管理組合」ですが、所有者が多様化し、利害関係が複雑になると、その調整機能が弱まる可能性があります。

たとえば、高級分譲マンションの区分所有者には、

・投機、投資目的の購入(所有者と居住者が異なる)

・外国人による購入(所有者は日本に居住していない)

・法人による購入(不特定の利用するゲストハウス的な住居となっている)

このような購入者が多くなってきています。

「そこに居住している人」と、「一時利用している人」では、問題意識も違うでしょう。

このような所有者が多くなると、管理組合も「住人のための管理組合」としては、機能しなくなる可能性があります。

リノベーション

次に、戸建て住宅のリスクを考えてみます。


戸建て住宅の最大のリスクは、自然災害でしょうか。

想定される自然災害としては、たとえば、地震、水害、土石流、火事(これは自然災害でない場合もありますが)などが挙げられます。

これらのリスクにどう備えるか。まず、経済的な担保としては、各種保険で対応することになります。

地震保険、火災保険など、殆どの自然災害についての経済的リスクは、これらに対応した各種保険でカバー出来ると思います。

もうひとつ、自然災害のリスクとしては、「人命の保護」に関するものがあります。

ある意味、最も重要な「住人の人命保護」については、建物自体の安全性を高めることで対応していきます。

たとえば、きちんとした耐震設計が行われ、ちゃんと施工された住宅であれば、地震で倒壊することは、まず無いといっても良いでしょう。

また、あらゆる外的災害に備えたいというのでしたら、鉄筋コンクリート構造の家を建てるという方法もあります。

壁式RCの場合、過去の地震で一度も倒壊した例がありませんし、外部からの荷重(土砂災害や水害など)についても、倒壊する危険性は、ほぼありません。

【参考】災害から生き延びるための家

戸建て住宅の場合、「しっかりした住宅をきちっと作る」ことで、これらのリスクからは、ほぼ避けられると思います。


   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】道路との高低差のある雛壇地は安いのか?
イメージ

今回のテーマは、道路との高低差のある土地、下の図のようないわゆる雛壇地についてです。阪神間は昔から...

[ 建築士と土地探し ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】傾斜地は安いのか?
イメージ

私が主に仕事をしている阪神間は、元々六甲山系が迫り、平坦な土地が少ないところです。その中でも特に陽当た...

[ 建築士と土地探し ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】旗竿地は安いのか?
イメージ

旗竿地については既に御存知の方は多いと思いますが、一応最初に、一般的にいわれているメリット、デメリットを書...

[ 建築士と土地探し ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】変形地は安いのか?
イメージ

まず最初は、変形地についてです。この場合の変形地とは、敷地が正方形、長方形のような形ではなく、極端な台...

[ 建築士と土地探し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ