コラム

 公開日: 2016-03-06 

高級住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】

前回は、こちらから。
タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】


まず最初に比較検討してみる項目は、将来の資産価値についてす。


資産価値については、2つの考え方があると思います。

ひとつは、短期的な資産価値についてです。

短期的な資産価値という観点で物件をみると、まず考えるべきことは、「物件の現金化のし易さ」でしょうか。

たとえば、購入目的のひとつが投機目的有る場合、この「如何に現金化しやすい物件であるか」「短期的に資産価値が下がらないか」が評価軸になると思います。


この評価軸で判断する場合、目的に適う物件はタワーマンション、それも一等地にあり地域のランドマークになるような物件、それも出来れば最上階でしょう。

「ランドマークになるような人気物件」「人気の高層階」という物件は、一種の「ブランド」です。

過去の実績からしても、非常に転売しやすいと思います。
(ただし、マンションというのは次々に新しいものが出て来ますから、近隣にもっと凄い物件が出て来た場合は、価値が目減りする可能性があります)


このような短期での転売、現金化の可能性を考えた場合、戸建て住宅というのは不利になります。

人気の住宅地に家を建てた場合、土地の価格が下がる可能性は非常に低いのですが、家に関してはどうしても資産価値は目減りします。

また、個人の住宅は、高級住宅ほど「住む人を選ぶ」傾向がありますので、転売も直ぐに行えるという保証はありません。


これらの点から考えて、短期的資産価値については、タワーマンションの上層階など、高級分譲マンションの方が有利だと思われます。

リノベーション

では、もうひとつの資産価値、長期的に保有した場合の資産価値についてはどうでしょう。


10年、20年、30年後の資産価値について、正確に予想するのは非常に難しいのですが、常識的に考えれば、「マンションの方が不利」になると思います。

その理由は、

◇マンションは経年劣化が進む程、修繕費などの経費負担が増える。特に高層マンションの場合、大規模修繕に多額の費用が掛かる可能性が高い。

◇タワーマンション、高級マンションは建物自体のステイタス、先端設備などのイメージが何より重視されるので、古い物件はどうしても新しい建物に比べて「商品価値」が下がる

などです。


戸建て住宅の場合、建物自体の価値は経年に従って下がってきますが、土地の価値についてはそのまま残ります。

分譲マンションの場合にも土地の所有権はありますが、その所有権割合が非常に小さいため、資産に占める土地の価値割合は、非常に低くなっています。

これらの点から、長期所有時の資産価値については、戸建て住宅の方が高いと思われます。


・・・ちなみに、「相続税対策ならタワーマンションの最上階を購入するのが良い」という意見もあります。

これは、タワーマンション上層階の「実勢価格」と「評価額」の差が大きいからというのが、一番の理由だったと思います。

しかし、最近の報道では、税務署も何らかの対策を検討しているということですので、将来、どうなるかは判りません。

少なくとも、今のような条件がずっと続くことを期待するのは難しいのではないかと思います。

税制については、年々変化していますので、気になる方は「専門家=税理士さん」に相談してみてください。


   ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ