コラム

 公開日: 2015-08-31 

屋上緑化、屋上庭園で失敗しないために。

屋上緑化のお話、続きです。

※前回のコラム

屋上緑化、屋上庭園。6年目の経過報告【メリットとデメリット、維持費、断熱性】


前回も書いたとおり、屋上緑化は充分に実用的な「第二の庭」として使えると思います。

土地の狭い都会では、貴重なプライベートスペースと言えるでしょう。

この思いは6年間使ってみて、実感しています。


一方、実際に6年使ってみて、屋上緑化で「失敗」しそうなパターンも幾つか思い当たるようになりました。

今回は、実際に自分が感じた中で、奥寿緒を活用しきれない、「失敗」しそうな例を幾つか挙げてみます。


◆屋上までが登りにくい階段になっている

元々、屋上というのは、日常の生活動線には入っていないところです。

屋上に上がっていくルートが急な外階段や梯子になっている場合、次第に屋上に行かなくなり、折角の屋上庭園が荒れ果てる可能性があります。

更に雨の日に行き辛い、物を持って登れない場所では、行くのが億劫になります。

屋上庭園への階段は、たとえ簡易的なものでも、登りやすいものにしておく必要があります。

※「生活動線に近い庭」という意味では、1階の屋根に広いルーフテラス、ルーフガーデンをつくるのも良いかもしれません。
リビングと繋げたり、洗濯物を干したりするスペースに使えれば、有効活用できると思います。


◆屋根勾配が急である

屋根には水勾配が不可欠ですが、人が歩くのに困難な程の勾配屋根では、たとえ緑化しても危険が伴います。

「草屋根」のような屋上緑化は傾斜屋根でも実現出来ますが、「屋上で遊ぶ」ことが出来なくなります。


◆メンテナンス出来ない形状

上記2つにも繋がることなのですが、メンテナンスが困難な屋上では、緑化はお勧めしません。

屋上の植物は生き物ですから、成長もするし、枯れ葉も出ます。

土が流れて排水口が詰まることも、あるかもしれません。

いつでも状態が確認出来て、メンテナンス可能な屋上でなければ、状態の維持は困難でしょう。


◆木造の家

屋上の利用で一番怖いのは、漏水、雨漏りです。

木造住宅の場合、漏水、雨漏りは、構造材の腐食など、家の安全性に致命的なダメージを与えます。

元々、木造住宅では、雨対策として屋根勾配は大きくつくられています。

そのため、なるべくフラットな屋根形状が求められる屋上庭園との相性は良くありません。

木造住宅での屋上緑化は、あまりお勧めしません。


木造バルコニー
木造住宅のバルコニー。
木造住宅でもバルコニーのある家が増えましたが、同時に漏水の問題も無い訳ではありません。



最近は、商業ビルやオフィスビルの屋上にも、緑豊かな庭を作ることが増えてきました。

緑の少ない都会では、屋上庭園は貴重なくつろぎのスペースになっています。


グリーンプラザ屋上
写真は、自宅のガーデニング施工をお願いした大阪の屋上庭園工事会社「グリーンプラザ」さんの自社ビルです。

これらの屋上庭園には、専門のガーデニング業者が付いています。

毎日の水やり、定期的な手入れなど、専門の業者、担当者がメンテナンスを行うことで、美しい庭が維持されています。


自宅では、住む人自身が、メンテナンスを行うことになります。

屋上緑化は、出来たときが完成形ではありません。

植物は育ちますし、枯れることもあります。

折角の「屋上庭園」なのですから、日々の生活の中に「屋上で遊ぶ」という楽しみを、組み込んで貰えればと思います。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

地震に強い家

建築士が考える、失敗する家作りのパターン

住みやすい家を作るための設計者の選び方

竜巻、台風などの風害に安全、安心な家を作る方法

建築設備、実際には幾らかかる?(ジャグジー、シャワールーム、サウナ、暖炉、薪ストーブ)

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ