コラム

 公開日: 2015-05-24 

自分で家を建てたい人、セルフビルドの実際【4】それでもやりたい人向け、新築DIYについて。

これまで3回のコラムでは、建築に関する法的な問題、工事安全性の問題、施工上の問題などについて、実現が困難な事柄を幾つも挙げてきました。


【以前のコラム】

【1】テレビや雑誌に惑わされない。

【2】法的な問題について(確認申請、建築許可)

【3】建築工事の実務作業、安全性の確保


今回は、これらの困難を克服し、実現する方法について、現実的に考えてみます。


基礎配筋
※写真は住宅の基礎配筋です。

法的な問題、施工上の問題をクリアして、なんとか自分の手で自分の家を作ってみたいのでしたら、たとえば、以下のような方法は如何でしょうか?


◆ログハウスなどのセルフビルト、ハーフビルドハウスを利用する

インターネットで「セルフビルト」「ハーフビルド」などの用語で検索すると、幾つもサポート業者がヒットすると思います。

その中にはキットで建てる輸入住宅や、ログハウス、ユニット式の住宅など、いろいろなものがあります。

どうしても、自分で家を建てたいという人は、これらの会社にサポートをして貰えば、家が建てられるかもしれません。

これらの会社の中には基礎の工事や法的申請、構造の安全性など、いろいろなサポート体制を売りにしているところもあります。

住宅ローンへの対応、火災保険、地震保険への対応なども、相談に乗ってくれるかもしれません。

これらの情報を調べ、納得がいけば、自分で家を建てるという夢が叶えられるかもしれません。


※本格的なログハウスを計画している人へのアドバイス
ちゃんとログを積んだ「本物のログハウス」は、イメージ程、断熱性が高い訳ではありません。
また、構造上、大きな窓は付けられませんし、木は収縮しますので、長期的なメンテナンスも必要です。
外壁が可燃材ですので、都市部では建てられない場合もあります。
「本物のログハウス」に憧れている方は、そのあたりの覚悟が必要だと理解して下さい。
・・・個人的には、ログハウスも結構好きなんですけど、現実的には、誰にでもお勧め出来るものではないと思っています。


◆中古住宅を買って、自分で大規模リフォーム、リノベーションする

イメージとしては、よくテレビ番組でやっている、あんな感じでしょうか。

注意して欲しい点は、壁、柱、床、はり、屋根、階段などの「主要構造部」についての変更は、安易に行わないことです。

法律上、「建築物の主要構造部の一種以上について行う過半の修繕」は、確認申請が必要になってきます。

何が主要構造部なのか、判断がつかない場合は、とりあえず、「内装だけ」を変えることをおすすめします。


もし、中古の家を購入して、自分で大規模リフォーム、リノベーションを行う場合は、構造のしっかりした家を選んで下さい。

築年数が古い家の場合、出来れば、購入前に耐震診断を行うことをおすすめします。

もし購入前に構造安全性の確認が行えない場合、大手ハウスメーカーの軽量鉄骨住宅(いわゆるプレハブ住宅)などを選ぶのが無難かもしれません。

軽量鉄骨住宅の場合、建築時の構造安全性は確保されていますし、構造骨組みは鉄骨ですので、劣化の可能性は低いといえます。


※個人的な意見ですが・・・
「築年数が古く、値段が安い木造住宅」の場合、構造的な安全性には疑いの目を向けて貰った方が良いかもしれません。
在来木造住宅の耐震基準は、古いもの程、低くなっています。
経年劣化、審査基準、検査基準の緩さなども考えると、「古い木造住宅」を購入して住む場合には、ある程度の構造安全性チェックが必須ではないかと思います。


◆建築士と役割分担してセルフビルド、新築DIY

これは、家の基本構造までの工事を建設会社と建築士に依頼して、最後の仕上げを施主が自ら行うという方法です。

具体的には、

・確認申請、中間検査、完了検査などの法的な問題は、建築事務所が担当
・建物の建築(基礎、壁、柱、屋根、階段、床など)は、施工会社が担当
・引き渡し後に、施主自らが内装仕上げを行う

のような手順で家を建てるものです。

もちろん、家には設計段階で施主さんの意見が反映されていますので、思い通りの家を作るには一番手軽な方法かもしれません。


ただ、この方法をとる場合も、幾つか引っかかる点があります。

たとえば、

◇完了検査は「家が完成した」状態でないと受けられません。
 たとえば、天井や床の無い状態では完了検査は受けられません。
 最低限、これらの部分は、施工会社に任せる必要があります。

◇施工会社の工事責任範囲を明確にする必要があります。
 「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、個人住宅には無条件で10年の保証が与えられています。
 そのため、施工会社は「施主が勝手にやった工事」で、家が傷付けられることを嫌がります。
 施工会社の責任範囲と施主の自己責任工事の範囲・・・このあたりの線引きをはっきりさせておく必要があります。

などです。


実際、私もちょっと関わったことがありますが、確認申請審査機関との折衝や施工会社との責任分担など、実務上いろいろ面倒な事柄は発生します。

それでも「自分の家は自分で作りたい」という人は、建築士に相談してみてください。


・・・以上、4回にわたって「セルフビルド」について書いてきました。

個人的な考えでは、家つくりのおもしろさは、セルフビルドにこだわらなくても得られるのではないかと思っています。

建て売り住宅や建築条件付き住宅、ハウスメーカーの家では、家作りでの選択肢が少なく、思い通りの家が建てられないかもしれません。

しかし、自分と好みが合いそうな建築事務所をパートナーに選んで一緒に家作りを行えば、「自分の家を作る楽しみ」は得られるのではないかと思っています。


◆ その他の関連コラム / 目次 ◆

竜巻、台風などの風害に安全、安心な家を作る方法

安全、安心な家の構造は何かについて

住んでからわかる失敗、イライラポイントとは【家がゆれる、きしむ】

マンションと戸建て住宅、利便性で比較する

   ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ