コラム

 公開日: 2015-01-31 

暖炉、薪ストーブのある家について本気で考えてみる

暖炉、薪ストーブについては、以前にも書いています。

暖炉、薪ストーブ・・・実用的じゃなくても欲しくなる。

建築設備、実際には幾らかかる?(ジャグジー、シャワールーム、サウナ、暖炉、薪ストーブ)

ここに書いたことを簡単に纏めると、「暖炉、薪ストーブは魅力的だけど結構大変」「導入費用は100万円~」・・・こんな感じでした。

今回は、それでも本気で暖炉、薪ストーブのある家を建てたいようと考えている人のためのお話です。

薪ストーブ
写真はすべて株式会社メトス(旧名:中山産業)さんで取り扱っている製品です。
ここは、昔からデザイン性の高い海外の暖炉、薪ストーブを取り扱っている会社です。


私の自宅もリビングに薪ストーブが置けるように、ちょっとだけ考えて作られています。

設計時にはリビングの角に薪ストーブを置いて、煙突は現在換気扇の穴を使って・・・と考えていましたが、これがなかなか難しい。


そこで、実際に暖炉、薪ストーブを使いこなすために考えておかなければいけないことについて、以下にまとめてみました。


◆意外と暖かくないこと

確かに、ストーブや暖炉の前は暖かくなります。一日中火を燃やしていると、家全体が暖まってきます。

しかし、暖房器具として即効性はありません。

部屋全体を暖めるには、かなりの時間がかかります。


◆煙突掃除

年1回以上は煙突掃除が必要です


◆周囲は汚れる

どうしても細かい灰などが飛び散るので、周囲はある程度、汚れます。


◆燃料費が掛かる

暖炉、薪ストーブ用の薪(広葉樹)を購入して、暖房器具として利用するなら、1日1,000円くらいの燃料費がかかります。


◆スペースをとる

暖炉や薪ストーブは、本体だけでなくその周囲に薪の置き場、用具の置き場も必要です。


◆冬以外は邪魔

壁に埋め込まれた暖炉はそれほど気になりませんが、シーズンオフの薪ストーブ、煙突は、結構邪魔です。

冬以外は取り外すという手もありますが、その手間を考えると、現実的には難しいと思います。


◆安全性

ひとつは火気の安全性。火を使うのですから、本来はあまり目離ししたくないのですが、かといって一日中ストーブの前に居る訳にもいきません。

また、薪の保管などについても、家のまわりに可燃物である薪を積み上げておくのは、あまり良い気がしません。

※さらに、以下は細かい話になりますが・・・

薪ストーブは、建築法規上は「暖房器具」であり「住宅設備」ではないようです。

たとえば、ガスコンロは「住宅設備」ですから、キッチンには不燃材の使用などの安全対策を求められます。

しかし「暖房器具」である薪ストーブは、直接的に建築法規上の制限を受けません(告示等はあるようですが)。

その結果、安全装置の付いたガスコンロより、裸火の薪ストーブの方が防火安全上の規制が「緩い」ように感じます。

このあたりは設置業者、設計者、そしてなによりそこに住む人に、自主的な安全性の確保が求められているのだと思います。

暖炉

ここまではネガティブなことを書いてきました。

しかし、寒い冬の日、ゆれる炎をみながら過ごす時間は素敵です。

いくら前時代的な暖房器具といっても、良い面もたくさんあります。


◇静か

空気を動かすエアコンなどに比べて、圧倒的に静かです。

時間がゆっくり流れるような、穏やかな暖房器具です。


◇暖かさにムラがあるところが良い

暖炉や薪ストーブは、部屋全体の空気を均一にかき混ぜる暖房器具とは違います。

近づくと暖かい。離れると寒い。

これは欠点でもありますが、慣れると結構気持ちよいものだと思います。

じんわりした輻射熱の暖かさは、部屋全体を暖めるより、身にしみるものだと思います。


◇見た目がよい

そのままです。ゆれるオレンジ色の炎を見ていると、心が落ち着きます。

薪ストーブ

最後に本気で暖炉、薪ストーブのある家を建てたい人に対してのアドバイスを書いていきます。


・時間に余裕はありますか?

手間の掛かる暖房器具です。暖まるまでにも時間がかかります。

家にいる時間が長い、時間に余裕のある生活をしている人でないと、充分に楽しめないかもしれません。


・スペースに余裕がありますか?

安全性を考えると、ストーブの廻りの床や壁はタイルやレンガなどを使った方が良いでしょう。

狭いリビングの中に設置するより、部屋の一部に土間スペースのようなところを作って、そこに設置した方が邪魔にならないと思います。

薪の保管スペースも必要です。

これらを考えると、家のスペースには余裕があった方が良いでしょう。

郊外の家、別荘、山小屋などが最適かもしれません。


・予算に余裕があると良いですね

厳寒地以外では、暖房器具としてのコストを考えると、どうしても高くつくと思います。

趣味性の高いものですから、「ある程度」コストは度外視して考える必要があるかもしれません。

薪ストーブ、暖炉はヨーロッパが本場で、デザイン性の高い、魅力的な周辺機器もたくさんあります。

更に、調理器具として使うためのフライパン、オーブンなどもあります。

これらを買いそろえていく楽しみもありますので、予算面では余裕をもって考えて頂ければと思います。

薪ストーブ

薪ストーブ自体は、数十万円から購入出来ます。

しかし、「暖炉のある家」「薪ストーブのある生活」を楽しむためには、それに合わせた家作りが大事だと思います。

「普通の家」の一部を改造して強引にこれらを設置しても、満足のいく結果が得られるのか、疑問です。

暖炉、薪ストーブのある家を本気で考えている方は、是非、最初の設計段階から建築士に相談してみてください。

◆ その他の関連コラム / 目次 ◆

屋上緑化、屋上庭園。実際に5年住んでみました。

「冬を暖かく過ごすことができない住まい」とは?

地震に強い家

耐久性に優れた家

楽器を演奏するための部屋/ホームスタジオを作る方法

ホームシアター/防音室を作るにはどうしたらいいのか

豪華な家より「上質な家」「高品質な家」を建てませんか?

   ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ