コラム

 公開日: 2014-09-28 

バルコニーを使いこなすための設計手法

マンションの場合、超高層でない限り、2階以上の部屋のほぼすべてにバルコニーが付いています。

このバルコニーは、何のためにあるのでしょうか?

設計上の主たる目的は避難路の確保のため。更にエアコンの室外機確保のためかもしれません。

住んで居る人の目線で考えれば、洗濯物や布団を干す場所ですね。

人によっては、物置きとして普段使わないものを置いておくスペースにしているかもしれません。


バルコニーは陽当たりも風通しも良い場所であり、立地によっては眺望も良い、魅力的なスペースです。

ホームセンターでウッドデッキや人工芝を買ってきて、リビングの延長として使おうとしている人もいるでしょう。

しかし、マンションのバルコニーは通常幅2m程度です。

このスペースに、避難路とエアコン室外機置き場という機能を持たせるのですから、あとは洗濯物を干すくらい。長時間、人が過ごす場所ではありません。

ルーフバルコニーでもない限り、ここを積極的に利用するのは難しいのが現状です。


マンションと違って、戸建て住宅の場合、バルコニーの配置は比較的自由です。

この場所を避難路にする必要もありません。

しかし、配置が自由であるからこそ、何のために使うバルコニーなのか、その目的をはっきりさせる必要があるのではないかと思います。


バルコニーは、エアコンの室外機を置く場所として使うこともあるでしょう。

2階あるいは3階にお風呂がある場合、給湯器を付けるためのスペースになることもあるかもしれません。

こういった「設備機器設置用に必要なバルコニー」であれば、普段人が出入りする必要もないのですから、幅は50cmくらいでも充分。手すりも必要ないでしょう。

陽当たりや隣地からの視線を気にする必要もありませんので、設置する場所も方位も選びません。

室外機置き場

反対に、住んで居る人が使いたいバルコニーであれば、陽当たりや視線、方位などを重視します。

積極的に使いたいバルコニーであれば、使用時の動線にも配慮します。

リビングと一体的に利用出来るスペースなら、利用頻度も高くなるでしょう。


住宅の立地が道路からの視線が気になるところなら、2階あるいは3階のバルコニーは1階の庭よりも使いやすいスペースになるかもしれません。

鉄筋コンクリート構造でしたら、水を使ってもほとんど問題ないので、ここでガーデニングを楽しむことも出来ます。

バルコニー

主な用途が「洗濯物干し場」なら、インナーバルコニーという選択肢もあるかもしれません。

これなら雨の日、夜間でも安心です。

洗濯物が外から見えることが嫌な場合にも、おすすめです。


建て売り住宅やハウスメーカーの規格プランなどの多くは、「なんとなく」バルコニーが付けられています。

「住む人が決まっていない」住宅では、どうしても「だれにでも、何にでも使えそう」な設計になってしまいます。


しかし自分が住むための住宅を建てるのでしたら、是非、積極的に目的や機能を考えてバルコニーを設置してください。

「何のために使うスペースなのか」ということを考えて設計すれば、バルコニーは「使える空間」になってくれると思います。


◆ その他の関連コラム / 目次 ◆

屋上緑化/屋上庭園のある家を作りませんか?

光熱費を安く、冬を暖かく過ごす家

2階あるいは3階にお風呂を設置した場合の問題点、注意点

建築士が考える住宅保証について

安全、安心な家の構造は何かについて

本の多い人が建てる家(書庫/書斎/図書室のある家)

使える収納のある家(コレクションケース/自転車/オートバイ)


   ◇ ◇ ◇


家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ