コラム

 公開日: 2014-04-15  最終更新日: 2014-08-01

家に住んでからわかる失敗、イライラポイントとは【家がゆれる、きしむ】

家を建てた後にわかる失敗ポイント、イライラポイントについての2回目です。

ちなみに、第1回のテーマは「シャワーについて」でした。

【参考】住んでからわかる失敗、イライラポイントとは【シャワーに関する不満】


今回のテーマは、「家がゆれる」「家がきしむ」ことについてです。


ずっとマンションに住んでいる人には判らないかもしれませんが、戸建ての家は建築構造によっては結構ゆれるし、きしみ音もします。

今まで古い木造住宅に住んでいた人なら、揺れや軋み音には驚かないかもしれません。

しかし、鉄筋コンクリートのマンションに住んでいた人が家を新築して引っ越した場合、この「ゆれ」「きしみ」が気になるかもしれません。


最初にいっておきますが、ちゃんと構造計算された家で、ちゃんと施工された家なら、ゆれたりきしんだりしても特に危険な訳ではありません。

それでも、この「ゆれ」や「きしみ」は、住んでる上で気になるという方は多いと思います。

今回は、これらのことについて説明していきます。

※「ちゃんとした構造計算された家」についてですが、木造2階建て住宅の場合、確認申請時の構造計算書の添付が義務づけられていない場合があります。

【参考】地震に強い家

木造2階建て住宅を建てる前には、構造計算での安全確認がきちんとされているかどうか、確認した方が良いかもしれません。


◆階段がゆれる、きしむ

階段を上り下りするとき、ギシギシと音をたてる。または、足下が微妙にゆれる気がする・・・これは住んでいて、結構、気になるポイントです。

しっかりしていない階段は、上り下りで不安になります。

こうならないための対策を考えていきます。

まずは木造階段の場合。

基本的な対策としては、踏み板の固定をしっかりとすること、踏み板の厚みを厚くすることなどが考えられます。

これで、かなりの部分は改善されると思います。

木造階段
この階段だと、踏み板の厚みが6cmあります(幅は90cm)。

これくらいの厚みがあると、たわみを感じることはありません。


鉄骨階段の場合、材料の性質上、どうしても音が響く傾向があります。

特に気を付けて欲しいのが、「薄くてスタイリッシュな階段」です。

デザイナー住宅などでは、階段全体を鉄で作る(スタイリッシュに見せるために薄く作る)ことがあります。

場合によっては、片側のみ固定した「片持ち」構造にしたり、踏み板を薄い鉄板で仕上げることもあります。

こういう階段は、上り下りで音が発生したり、揺れたりする可能性が高いことを覚悟して下さい。
(見た目は良いのですが・・・)

RC階段
鉄筋コンクリート+木で作られた階段。

足に触れる部分は「木」ですが、これだと「ゆれ」も「きしみ」も全くありません。


◆床鳴り

床鳴り(歩くと床からきしみ音がすること)は、木造の床でおこる現象です。

音の発生原因は様々で、一概にはいえません。

最近の構造設計では床の剛性を上げる傾向にありますので、以前より床鳴り減っているとは思います。

しかし、木造住宅で床鳴りが発生した場合、その発生原因を追及することは、非常に困難です。

大きな床鳴り音がするときは何らかの問題がある可能性がありますので原因究明が必要ですが、小さな音ならしょうがないと諦めた方が良いかもしれません。


また、子供のいる家では、子供がはしゃぐ音が下の階に音が響くことがあります。

家族同士なら気にならないかもしれませんが、生活時間の異なる2世帯住宅などでは、この音が問題になるかもしれません。


床鳴りしない、子供が飛び跳ねても下の階に音が響かない、そういう家を建てるのでしたら、床を木造以外にするのが効果的です。

たとえば「重量鉄骨構造+床をデッキプレート」や「鉄筋コンクリート構造」にすれば、上の階の音が下に響くことはほとんど無くなります。

床鳴り、床のたわみ、下階への騒音が気になるという方は、建物を鉄骨(床はデッキプレート)あるいは鉄筋コンクリート構造にするのが効果的です。


◆床のたわみ

床のたわみは、部屋に重量物を置いた場合に発生します。

住宅の場合、重量物の代表といえば、「本」です。

新築住宅なら、どんな風に本棚を置いても大丈夫と思われるかもしれませんが、そうではありません。

巨大な本棚を部屋の真ん中に置けば、床がたわむ可能性は充分あります。

【参考】本の多い人が建てる家(書庫/書斎/図書室のある家)

床の構造を後から強化することは困難です。

蔵書の多い人は、床の構造に気を付けてください。


◆強風、台風で家が揺れる、きしみ音がする

木造の戸建て住宅の場合、台風などの強風で家がゆれたり、きしみ音がしたりすることがあります。

もちろん、強風で家がゆれるからといって、即座に構造的な危険がある訳ではありません。

しかし、今まで鉄筋コンクリートのマンションに住んでいた人からすれば、ただでさえ天候が大荒れの中、家がゆれ、きしみ音がするのは不安感を増大させることになるかもしれません。

【参考】竜巻、台風などの風害に安全、安心な家を作る方法

木造の家は軽く、ゆれに対してもねばりのある構造になっています。

ちゃんとした構造計算がされた家であれば、多少ゆれても問題ありません。

しかし、強風でゆれる不安を避けたいのであれば、家の構造を「鉄骨」あるいは「鉄筋コンクリート」にすることをおすすめします。


◆地震で家がゆれる

これについては、以前も少し書いています。

【参考】地震に強い家

地震に強い住宅を作るには、

・しなやかで粘りがあり、壊れない

あるいは

・強度が高く壊れない

という2つの考え方があります。

これらは、それぞれ、

「しなやか」 → 在来木造、鉄骨造

「高強度」 → 鉄筋コンクリート(ツーバイフォーも、こちらに近い)

という構造になっています。

当然、「しなやか」で地震に強い家は、地震でゆれます。

地震に対して弱い訳ではありませんが、この「ゆれ」が気になる方は、鉄筋コンクリートあるいは壁量の多いツーバイフォーを選んだ方が良いかもしれません。


◆ハウスメーカーの住宅は?

ハウスメーカーの住宅の場合、家の構造は独自の規格で設計されています。

たとえば鉄骨構造といっても、軽量鉄骨や重量鉄骨、鉄骨だけど床は木造だったりと、メーカーによって作りは全然違います。

もし家の「ゆれ」や「きしみ」が気になるようでしたら、建てる前にハウスメーカーのモデルハウスに行き、実際の様子をチェックしてみてください。

1階、階段、2階など、いろんなところで「飛び跳ねて」みれば、実際の「ゆれ」や「音」を想像する参考になるかもしれません。

「飛び跳ね」をやりすぎると営業の人に怒られそうですが、家を建ててからでは遅いですから、出来る範囲でチェックしておくことが大事だと思います。



◆ その他の関連コラム / 目次 ◆


マンションと戸建て住宅、利便性で比較する

過去に地震で倒壊したことのない住宅構造

あなたに使いやすいキッチンとは

建築士が考える、失敗しない建築業者の選び方

安心できる家つくりには「工事監理」が重要です

建築事務所に住宅の設計を依頼したときの設計料

楽器を演奏するための部屋/ホームスタジオを作る方法

豪華な家より「上質な家」「高品質な家」を建てませんか?

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。



この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ