コラム

 公開日: 2013-10-22  最終更新日: 2014-08-01

建築士が考える手抜き工事をさせない方法

「家作りにおける業者選びの方法」今回は手抜き工事についてです。


今時ですから、故意に手抜き工事、欠陥工事を行うような業者は、殆ど無いと思います。

そのような悪徳業者は、見積や商談の段階で判るでしょうから、契約前にお断りをすれば良いでしょう。


問題なのは、「悪意は無いけど、欠陥を生じる」ケースです。

家を建てるのは人ですから、ミスやトラブルを全く無くすのは難しいかと思います。

大切なのは「欠陥が生じないようにキチンをした施工を行うこと」と「不具合が生じたら速やかに修正すること」です。

この2つが守られない可能性のあるパターンを、幾つか挙げていきます。


◆予算が厳しく現場担当者が不在になるパターン

現場に現場監督が来なければ、良い家は建ちません。

しかし、最初から施工予算が少ないことが判っている場合(値切りすぎ?)、工務店によっては、現場を管理(監理)する担当者を減らして帳尻を合わせようとする場合があります。

「現場監督を行かせたら赤字になる」「どうせ安い現場なんだから、下請け職人に任せておけばいい」というパターンです。

もちろん、これでは良い家は建ちません。

欠陥が生じる可能性もあるし、それをチェックする体制もありません。

駆体構造など、耐久性、耐震性について重要な部分は、完成後は隠れて見えなくなってしまいます。
引き渡し時のチェックでは、判らないのです。

適正価格ではない工事契約は、要注意です。

鉄骨工事


◆現場監督や工事監理者が多忙で現場に来ないパターン

これは大手ハウスメーカーなどでよくあるパターンです。

基本的に、大手ハウスメーカーでは工法、手順、材料が決まっていて施工業者も専門の指定業者なので、品質にばらつきはないことになっています。

しかし、実際には、会社あるいは現場によって、「ちょっと、どうかな・・・」というものもあります。

せめて、基礎などコンクリートの打設時、駆体構造の組上げ時には現場監督が立ち会うべきではないかと思います。

検査書類上の「現場監理者」が、名ばかりで現場に来ない会社もあります。

現場監督や工事監理者が全く現場に来ないような会社は、要注意です。

基礎工事


◆構造計算に弱いパターン

木造住宅を専門に施工している工務店などで、よくあるパターンです。

意外かもしれませんが、木造2階建て住宅の殆どで、確認申請時の構造計算書の添付が必須ではありません。

結果として、構造計算を行っていない建物が多く建築されています。

実際には、精密な構造計算をしなくても、壁量計算や「政令で定める技術的基準」を守ることで安全の確認を行っているところが殆どですので、すぐに問題になるようなことはありません。

しかし、昔ながらの施工業者の中には、「今までの経験」だけで設計施工しているところもあります。

木造住宅の構造的な安全確保については、何度かの震災を経て、どんどん新しい設計基準が出てきています。

たとえ書類の添付が必須ではなくても、ちゃんと現在の基準に合わせた設計施工を行わないと、安心できる家を建てることが出来ません。

構造設計に弱い施工会社は、要注意です。




手抜き工事の多くは、ちゃんとした「工事監理者」がいることで防止出来ます。

【参考】安心できる家つくりには「工事監理」が重要です

こちらも参考にしてください。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

建築士が考える、失敗する家作りのパターン

建築設備、実際には幾らかかる(らせん階段、地下室、ビルトインガレージ、屋上庭園、防音室、書庫)

屋上緑化、導入の効果・費用・注意点・問題点とは?【注意点・問題点について】

土地を買う前に是非御相談ください。特に神戸、芦屋、西宮で住宅用地の購入をお考えの方。

耐久性に優れた家

子育てを応援する家【1.5世帯住宅】

建築事務所に住宅の設計を依頼したときの設計料の話

鉄筋コンクリート住宅を建てる【1】はじめに

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ