コラム

 公開日: 2013-10-21  最終更新日: 2014-08-01

建築士が考える、失敗する家作りのパターン

今回から数回にわたって「家作りにおける業者選びの方法」について書いていきます。

まず最初は「失敗する可能性がある業者、設計者選びのパターン」についてです。

家づくりの上で、うまくいかない、後悔の残る業者選びのパターンを、幾つか挙げていきます。

屋上緑化

◆地縁、血縁、親戚など、知り合いの紹介で業者を選んだ場合

家づくりは高い買い物ですから、ネットや雑誌で探したような赤の他人より、地縁、血縁、親戚などの紹介で依頼した方が安心出来るという考え方は、よく理解出来ます。

「○○さんの紹介なんだから、施工も安心できる」「飛び込みで依頼する人より、値段面でも有利なんじゃないか」という考え方もあるでしょう。

しかし、このパターンで問題になるのは、「言いたいことが自由に言えない関係になりがち」ということです。

たとえば、予算を少しオーバーしているんだけど、「値段を下げてくれ」と言い出し辛い。

デザインで気に入らないところがあるけど、あんまり細かいことは言い辛い。

極端な例では、どうしても予算オーバーで一度白紙に戻したくなっても、今更断れないという例もあります。


また、家つくりでは、どうしても「お金」の話になります。

幾らローンにするのか、銀行の審査はどうなのかなど、プライベートなお金の話からは逃れられません。

あまり親しすぎると、お金の交渉をするのが苦痛に感じるかもしれません。


設計者、施工業者とは、対等な関係で言いたいことが言える関係を築いておかなければ、良い家は建てられません。

特に、上司の知り合い、親戚の紹介、親の知人など、あなたと直接の知り合いじゃない、断り辛い業者は要注意です。

たとえ「知り合いの紹介」でも、自由にモノが言える、条件が合わなければ断れる関係を築いてください。

コンクリート住宅

◆担当者と気が合わない場合

ハウスメーカーなどでよくあるパターンです。

何故か、ハウスメーカーの営業担当は、どんなに気が合わなくても、簡単には変えて貰えません。

大抵、最初に案内してくれた人、名刺を貰ってアンケート記入あるいは連絡先を教えた人が担当者になります。

その担当者は、何となく気が合わないなあと思っても、簡単には変わりません。
(担当者の営業成績の問題なんでしょうか???)


家つくりには、大金を支払います。

気に入らなかったからといって、簡単にやり直す訳にはいきません。

何となく納得出来ない状態のままハウスメーカーのペースですすめてしまうと、大きな後悔が残ります。


担当者には、専門知識のあり、信頼の出来る人を付けて貰いましょう。

ハウスメーカーの営業担当の人もいろいろです。

優秀で専門知識のある人もいます。

全く勉強してない、素人みたいな人もいます。

私も、いろいろな人と会っていますが、誠実で経験豊富な人もいるし、いい加減でその場しのぎの人もいます。


是非、優秀で誠実な人を選んでください。

そして気が合わないと思ったときは、積極的に担当者変更を申し出てください。


ビルトインガレージ

◆建築条件付宅地の場合

「土地が気に入ったから購入する」のが建築条件付宅地、建築業者が最初から決まっているパターンになります。

これは、建築業者側からみれば、「高い確率で契約してくれる」「他の業者に乗り換えられない」という見込みで、設計見積を行える仕事になります。

当然、設計側とお客側の立場は対等ではありません。

これでは、いくら「自由設計」といっても、思ったような設計交渉をするのは難しくなります。


更に、建築条件付宅地の場合、業者の利潤の多くは「建築工事」で見込んでいますので、値段交渉も大変です。

もちろん、業者側が用意した「想定プラン」が気に入って、「予算も想定内」ならば良いのですが、そうでない場合は・・・なかなか厳しい交渉になります。


このような建築条件付宅地の場合、契約交渉期限が決まっていて、契約解除の自由が設定されていると思います。

最終的に、設計、施工、予算の条件が納得いかなければ、契約を解除するつもりで、交渉する方が良いかもしれません。


※建築条件付宅地でのトラブルは多く報告されています。
 気になる方はインターネット検索で、調べてみてください。


ロフトのあるリビング

私は、家を設計する上で重要なことは「聞くこと」だと考えています。

どんな家をつくりたいのか、要望をちゃんと聞いて、それに応えるのが建築の専門家の仕事です。

これはハウスメーカーの営業でも、工務店でも同じだと思います。

あなたの担当者は、ちゃんとあなたの生活を聞いていますでしょうか?

後悔、失敗する家作りのパターンにはまらないように、ちゃんと要望を聞いてくれる業者、担当者を選んでください。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

住んでからわかる失敗、イライラポイントとは【シャワーに関する不満】

子どもの可能性を伸ばす家【1】子供とともに成長する部屋

地震に強いコンクリート住宅を建てる

建築士がおすすめする土地探し【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】

建築士とは?

建築事務所に住宅の設計を依頼したときの設計料の話

地震に強い家

屋上緑化、屋上庭園のある家

神戸の建築事務所が作るデザイナーズ住宅

竜巻、台風などの風害に安全、安心な家を作る方法

本の多い人が建てる家(書庫/書斎/図書室のある家)

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ