コラム

 公開日: 2013-09-25  最終更新日: 2014-08-01

2階あるいは3階にお風呂を設置した場合の問題点、注意点

今回から2回にわたって、お風呂を2階あるいは3階に設置した場合のメリット、デメリットについて書いていきます。

【参考】2階あるいは3階にお風呂を設置した場合のメリット


2階あるいは3階にお風呂がある間取りは、最近では珍しいことではありません。

実際、モデルハウスなどでも、よく見かけると思います。

しかし、一昔前まではほとんど見かけなかった間取りですので、まだ馴染みのない方もいるかもしれません。

今回は2階、3階にお風呂がある家についての問題点、心配な点を書いていきます。


◆水漏れの心配は無いか?

最大の問題点は、漏水時のトラブルが大きいことではないでしょうか。

1階のお風呂なら水漏れは床下にしか影響はありませんが、2階あるいは3階なら、その下の階にまで影響が及びます。

水漏れは早期に発見して対処しないと、構造材の腐食を引き起こす原因になります。

柱や梁に水が掛かって腐っては構造上の大問題・・・しかし実際のところ、これは木造住宅でしか発生しないトラブルです。

鉄骨住宅では、あまり問題はありませんし、鉄筋コンクリート住宅では全く強度に影響はありません。
(とはいっても漏水を放置するのはまずいですが)

お風呂からの漏水の危険度は、

 木造住宅 > 軽量鉄骨(プレハブ)住宅 > 重量鉄骨住宅(床がコンクリート) > 鉄筋コンクリート住宅

でしょうか。

ユニットバスの普及で、漏水の危険は下がっています。

実際の施工では、不具合をチェックするための床下点検口も設けます。

木造住宅以外で、信頼出来る施工業者が施工したのでしたら、あまり心配する必要は無いかもしれません。

2階用のお風呂
写真はTOTOの「洗い場付き浴槽」です。

浴槽と洗い場をFRPで一体成形していますので防水工事が不要。2階の浴室作りに適しています。

小型のお風呂ですので、シャワールーム代わりに設置することが出来そうです。


◆浴槽の重さは大丈夫か?

床荷重は大きめの浴槽、たとえば300リットルのものなら、水の重さだけで300kgになります。

その場合の浴槽のサイズが1.4m×0.7mくらいだとすると、面積は約1平方メートル。

単位面積あたりの床荷重は300kg/平方メートルとなり、住宅床の設計荷重(180kg/平方メートル)を超えてしまいます。

しかし実際には、浴槽はユニットバスと一体で設置されますので、その荷重はユニットバスの床組に分散されます。

ユニットバスの広さが1.6m×1.8mなら面積は2.88平方メートル。床に掛かる荷重は約100kg/平方メートルに下がります。

更にいうなら、一般的にお風呂は部屋の真ん中に置かれることはありません。

通常、部屋の隅、つまり荷重に有利な壁や柱に近い位置に配置されます。

木造の場合は床組を強化するなどの対策が必要かもしれませんが、鉄筋コンクリート、重量鉄骨の場合は、ほぼ問題ありません。


◆水音が気にならないか?

木造の場合、お風呂の直下階の部屋が寝室なら、水音が気になるかもしれません。

しかし、鉄筋コンクリート、重量鉄骨の住宅なら、まず、気にならないと思います。

コンクリートの床は、殆どの音、振動をシャットアウトします。

3階のお風呂
実際、私はお風呂の直下にある寝室を使っていますが、水音が聞こえることは殆どありません。
(鉄筋コンクリート住宅です)

・・・上記を読んで貰うと判るように、鉄筋コンクリート、重量鉄骨の住宅では、2階あるいは3階にお風呂を設置しても、殆ど問題ないと思います。
(2階や3階にお風呂を設置することに問題があるのなら、マンションは全部駄目となってしまいますし)



その他、2階や3階お風呂で注意することについて書いていきます。

◆シャワーの水圧が弱いのではないか?

シャワーの水圧問題は、オール電化など貯湯型給湯方式の場合に問題になります。

一般的に、オール電化の貯湯タンクは水圧が弱いようです。

一応、2階でもシャワーは使えるようですが、シャワーが弱くなる可能性があります。

エネファームの貯湯タンクは、オール電化のタンクより容量が小さく、水圧も高くなっています。

この場合、2階までなら問題なくシャワーが使えます。
(しかし、強いシャワーが好みの人は、一応、水圧を確認しておいた方が良いかもしれません)

貯湯型給湯以外の場合は、水道の水圧が直接影響します。

神戸、芦屋、西宮でしたら、ほぼ問題なく、2階でも3階でも水圧の強いシャワーが使えます。


◆長期優良住宅は?

長期優良住宅の認定基準は、水回りが1階にあることを前提としているため、2階あるいは3階にお風呂がある場合、不利になる可能性があります。

2階あるいは3階のお風呂設置で長期優良住宅の認定を受けたい場合、設計者にその旨を伝えて下さい。

※長期優良住宅自体、メリットもありますが、デメリットもたくさんあります。適応すべきかどうか、メリットデメリットを比較して、よく検討して下さい。



・・・今まで書いてきたとおり、2階あるいは3階にお風呂を設置するときには、安心出来る工法、構造で施工することをお勧めします。

鉄筋コンクリート住宅、重量鉄骨住宅、あるいは全面的にメーカーのメンテナンスが受けられる大手プレハブメーカーでの施工なら、まず問題ないのではないでしょうか。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

お風呂について(浴室暖房乾燥機/猫足バスタブ/檜風呂など)

シャワールームの設置費用、使い勝手、問題点について

住んでからわかる失敗、イライラポイントとは【シャワーに関する不満】

個人的にお勧めする洗濯用品【ガス乾燥機/室内物干し】

神戸、芦屋、西宮で3階建住宅を建てる【3階建のメリット】

耐久性に優れた家

鉄筋コンクリート住宅の問題点とは(1)

建築士がおすすめする土地探し【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】

家を建てるのに安全、安心な土地とは【安全な家を作る方法】

泥棒、空き巣に強い家を作る方法【安全な家を作る方法】

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ