コラム

 公開日: 2013-05-29  最終更新日: 2014-08-01

シャワールームの設置費用、使い勝手、問題点について

今回は、自宅にシャワールームの設置を検討している人に、「使い勝手は?」「いくらかかるのか?」「問題点は?」などを書いていきます。

現在、私はシャワールームのある家に住んでいますので、その経験もふまえて「実際はどうなの?」という疑問に答えていきます。

シャワールーム
写真は海外製品、A&Mセラミカのシャワールームです。


家を建てるときにシャワールームを設置すること・・・昔は一般的ではなかったと思います。

しかし今は生活習慣の変化や、家の断熱性、暖房効率が上がって冬でも家の中が暖かいこともあり、冬以外はシャワーだけで済ませる人も増えてきました。

若者向けの賃貸住宅では、最初からお風呂を設置せずシャワールームだけにした部屋もあり、これも結構人気があるそうです。

流石に、家族の住む戸建て住宅で「浴室は無くしてシャワーだけにする」という家は少ないと思います。

しかし、ゲストルームのある1.5世帯住宅や、寝室近くにもう一つ小さなお風呂を作りたいという家などでは、「2つ目のお風呂」としてシャワールームを検討される方も多いようです。

【参考】子育てを応援する、ゲストルームのある1.5世帯住宅

【参考】子育て、介護にも使える1.5世帯住宅

お風呂ではなく、あえてシャワールームを設置するメリットについてですが、これには以下のようなものがあります。


◇狭いスペースで設置出来る

シャワーブースのスペースは1m×1.5m程度。寝室の隣やゲストルームの近くなど、空いたスペースに設置出来ます。
(トイレと組みあわせて水回りを計画すれば効率的ですね)


◇掃除が楽

実際に使ってみると、このメリットも大きいですね。

浴槽にお湯を張るお風呂と違い、湯垢などが付きませんので、通常の掃除は軽く流しておけば充分です。
(ただし、換気扇については、換気量の大きいものを選ぶことをおすすめします)

掃除が楽=いつでも気軽に使えるということで、たとえば、お仕事で帰りが遅くなることが多い人とか、子供が運動部で毎日汗だく、汚れて帰ってくる家などでは、シャワールームがあると便利だと思います。


次に、シャワールームを設置する上での注意点です。


◇防水に注意

水を使うのですから、防水は一番大事です。

シャワールームのユニットは、安いものだと通信販売で組み立て式(中国製?)のものから、国産住宅建材メーカーの製品まで、いろいろ揃ってます。

そこから防水性能が高いものを選んで・・・といっても、これは購入し、使ってみないと判らないですよね。

そうすると、大事なのはメンテナンス性でしょうか。

不具合が出たとき、修理を依頼出来るメンテナンス体制があること。

そうなると日本のメーカー製か、しっかりした代理店のある商品が良いと思います。


◇設置場所に注意

木造住宅でシャワールームの設置場所が2階あるいは3階の場合、漏水したら本当に大変です。

防水処理は念入に行いましょう。

もうひとつ、シャワーの排水の音は下の階に響きます。

シャワールームの下が寝室の場合、音が気になるかもしれません。注意しましょう。

※設置場所に注意するのは、木造住宅の場合のみです。
鉄筋コンクリート、鉄骨住宅(床がデッキプレート)の場合は、あまり気にしなくても大丈夫です。


シャワールームを設置するのに幾ら掛かるのか、ですが、これはどんな製品を選ぶのかによって金額に幅があります。

インターネットの検索で調べて貰えれば判りますが、シャワールームのユニットは、通販で安いものなら10万円以下で売っています。

これだと設置費用を含めても20万円程度で取り付けられそうです。

しかし、新築で設置するのでしたら、メンテナンス性などを考えて、しっかりした日本のメーカー品がおすすめです。

シャワーブース
写真はTOTOの製品です。

内部が広めの商品ですので、定価は少し高めです。

このあたりだと、給排水管の接続工事などもありますので、全部合わせると数十万円(30~50万円くらい?)の設置費用がかかります。


・・・実は「小さめのユニットバス」と「広めのシャワールーム」の価格差は殆どありません。

従って「ホントはお風呂が欲しいんだけど、コストダウンのためにシャワールームに・・・」という方には、シャワールームはおすすめしません。

シャワールームのメリットは「スペースをとらない」「手軽に使える(掃除も含めて)」ことです。

「ほんとは湯船があった方が良い」という方には、小型のユニットバスをおすすめします。



最後に、「使い勝手の良いシャワールーム」にするポイントを、幾つか書いていきます。


◇脱衣室を暖かくすれば1年中使える

真冬にバスルームでシャワーだけを使うと、浴室内がなかなか暖まらず、寒い思いをします。

シャワールームのメリットは、内部が狭いのですぐにブース内が暖まることです。

寒い季節にシャワーを浴びるときは、直ぐ暖まる「狭さ」が助かりますね。

あとは脱衣室さえ暖かくできれば、1年中使えるシャワールームになります。

タオルウォーマー
写真はタオルウォーマー兼パネル暖房です。

暖房能力はそんなに高くないと思いますが、タオルウォーマーの方は、冬場には重宝する設備ですね。


◇全面ガラスの製品は綺麗に保つのが大変。

全面ガラスのシャワールーム、圧迫感もなく、デザインも格好いいですね。

全面ガラスのシャワールーム
写真は株式会社エムケークリエーションの製品です。シャワーブース内には、LED照明もついています。

しかし、シャワーを使えばガラスは汚れます。

水滴を拭き取らないと、シミになります。

ホテルなら清掃スタッフがやってくれますが、自宅だとガラスを綺麗に保つためには誰かが毎回拭き掃除をすることになります。

全面ガラスのシャワールームを使う場合は「まめに掃除をする」か「多少の汚れは気にしない」という覚悟が必要ですね。


新築住宅を建てるとき、お風呂にこだわるのも良いですが、手軽に使えるシャワールームも検討してみては如何でしょうか。

「子供のいる家」や「一人一人の生活時間の違う家」などでは、重宝する設備だと思います。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

住んでからわかる失敗、イライラポイントとは【シャワーに関する不満】

シューズクローゼット/シューズクローク/玄関収納のある家

スキップフロアのある家、ロフトのある家を建てる方法

ホームシアター/防音室を作るにはどうしたらいいのか

ビルトインガレージ、屋外収納のある家を建てる方法

お風呂について(浴室暖房乾燥機/猫足バスタブ/檜風呂)

実際にやってみた!屋上緑化の注意点・問題点とは?

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラム【ペット/寒さ対策/子育て/鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

15

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ