コラム

 公開日: 2013-04-30  最終更新日: 2014-08-01

光と風を取り込む家を作る方法【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】

今回は、光と風を取り込む家について、です。

気候については地域に関わる部分があるので、神戸、芦屋、西宮を中心に、主に関西地方を対象にした話になります。


四季のある日本で、どのような家を建てるべきか。

徒然草の一節の中に、

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。」

という有名な一文があります。

今は兼好法師の時代とは違い、冷暖房もガラスも断熱材もありますから、この通りでは無いのかもしれません。

しかし、個人的な思いとして、可能な限り風の通る、光の入る家を作りたいと考えています。

出窓

「光や風の通る家を目指すのは当然じゃないのか」と思う人もいるかもしれません。

しかし、このあたりの考え方は、建築士やハウスメーカーによって異なる点なのです。

住宅展示場に行くと「24時間冷暖房」という家があります。

24時間冷暖房=窓を開けない家です。

設計者によっては、「換気は換気扇で計画的に行った方が良い」「窓を開けない方が、埃や花粉が入らず健康的」という考えの人もいます。

「外気温に左右されない24時間冷暖房システムが快適」という考えの設計者、住宅メーカーもあります。


私は、それとは違い「可能な限り光と風を取り込みたい」派です。

それは、光の入る部屋、風の抜ける空間が気持ち良い場所だと考えるからです。

特に春と秋、外が快適な季節には、出来れば風の通る部屋で過ごしたいと考えています。


寒さの厳しい地方では、風通しを考えるより、密閉性の高い家の方が良いのかもしれません。

しかし、神戸芦屋西宮あたり、阪神間、関西地方では、風通しの良い部屋が快適ではないでしょうか。

たとえ真夏でも、風が抜けていれば、結構快適に過ごせるものです。
(真夏の大阪は風が止まるので、流石に厳しいですが・・・)


光の通る階段
※階段の隙間。光が入るだけでなく、圧迫感も減らしてくれます。


光も同様です。

「冷暖房を駆使して部屋の温度を一定に保つ」という目的だけなら、直射日光は邪魔な存在かもしれません。

「紫外線で室内のモノが変色するので光を入れたくない」という考え方もあります。

でも、陽の入る部屋は明るく、快適です。

真夏を除いて、窓からは明るい光が入る場所が、快適だと私は感じます。

芸術論としての「陰翳礼讃」は判りますが、やはり自分が住むのなら「明るい家」の方を選びます。


「24時間冷暖房で閉め切った家にしない」「光と風を取り込みたい」これが私の設計方針です。

しかし実際に家を建てるエリア、神戸芦屋西宮あたり、阪神間、関西地方は都会であり、住宅密集地が多く、敷地に余裕はありません。

設計を工夫しないと、光も風も入ってきません。

どのように設計するのか・・・これはそれぞれの建築地、敷地や周辺状況に合わせて考えるので一概には言えませんが、基本方針は「3次元的に考え、工夫する」ことです。

【参考】3階建のメリット
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/34821/


窓の位置について、平面的だけでなく、高さ方向の位置、サイズも検討します。

風を通すための吹き抜けも検討します。

吹き抜けは、うまく工夫すれば光を下の階に落とす効果もあります。

天窓を採用することもあります。

部屋の床面高さも、一から考えていきます。

1階2階という固定概念にとらわれず、必要であれば1.5階やスキップフロアも採用します。

ビルトインガレージや半地下を検討することもあります。
(傾斜地ではビルトインガレージや半地下が有効です)

【参考】ビルトインガレージ/屋外収納
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/33398/

土地が狭ければ、屋上の利用も考えます。

【参考】屋上緑化/屋上庭園のある家を作りませんか?
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/27455/


明るい玄関
※玄関の上部に光を落とす吹き抜けを設ける。
※陽の入る、明るい玄関になりました。


土地が広く、平坦で、隣家も気にならない、陽当たりも風通しも抜群な土地に建てるのでしたら、ハウスメーカーのオススメプランでも、充分に「光と風」を取り込めるのかもしれません。

しかし、都会では、そういうすべてに恵まれた住宅地というのはほとんどありません。

光と風を取り込む家を設計するには、工夫が必要です。


すべての部屋に光と風を入れるのは難しいかもしれませんが、可能な限り光と風を取り込みたいというのが、私の基本的な設計方針です。


◆ 関連コラム / 目次 ◆

神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる(光熱費を安く、冬を暖かく過ごす家)
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/32904/

神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる(光熱費のかからない家/スマートハウス)
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/32991/

家を建てるのに安全、安心な土地とは
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/35727/

設計事務所の提案する3階建住宅
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/34823/

建築事務所と家を建てるメリット
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/31068/

マンションと戸建て住宅、どちらを選ぶ
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/26658/
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/26683/

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25680/

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

 ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ