コラム

 公開日: 2013-02-08  最終更新日: 2014-08-01

キッチン選びで注意して欲しいこと【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】

モデルハウスやショールームでみると、スタイリッシュなリビング・ダイニングのインテリアを数多く見ることが出来ます。

開放的なデザイン、カッコイイ収納など、魅力的なものがいっぱいです。

しかし、その中には見た目は良いけど実際には使えない、使ってみると大変なキッチンも多くあります。

今回は、キッチンの設計で注意して欲しいことを書いていきます。

こんなキッチンは要注意です。


◆高い天井に要注意。

調理中の空気は、上にあがっていきます。

当然、臭いも一緒に上にあがっていきます。

その臭いがレンジフードですべて外に出せればいいのですが、残念ながら取り逃がすことも多いようです。

特に問題になるのがダイニングキッチンの天井が高い場合。臭いが天井付近に溜まり、なかなか抜けなくなります。

揚げ物や焼き魚、焼き肉の臭いがいつまでも残るリビングは嫌ですよね。

キッチンやリビングの天井が高い場合は、天井付近の空気を入れ換えるための換気扇、あるいは窓があると良いでしょう。

窓や換気扇は、なるべく天井付近に設置するようにします。

これらの換気設備は、熱い空気が溜まりやすい夏場の換気にも有効です。

天井が高い場合には、設置を検討してみてください。


◆アイランドキッチン、要注意。

この場合のアイランドキッチンとは、コンロも含めたキッチン部分が、ぐるりを回れるような配置になったものです。

アイランドキッチン
※アイランド型の例。写真はレンジフードメーカー、富士電機の製品です。

このような形の場合、キッチンは壁に付いていないのですから、レンジフードは天井から釣り下げる形になります。

このような形のレンジフードは、廻りの空気を吸い込みやすく、どうしても料理のときに出る空気の吸い込みが甘くなります。

結果として、料理のときに出る臭いが部屋に広がることになりがちです。

オープンなキッチンで釣り下げ式のレンジフードを採用するときは、臭いが広がらないよう、換気計画を慎重に考えてください。


◆見せる収納に要注意

カウンター式のお店などでよくある「見せる収納」ですが、これは当然、モノに埃がつきます。

フライパンや鍋など、頻繁に使う調理器具などはともかく、使用頻度の低いものは、使う前にいちいち洗う手間が出てきます。

特にグラスなど、ガラス製品は要注意。見た目にも埃が付きます。

見せる収納を使うのでしたら、頻繁に食器を洗う覚悟が必要です。


◆手元を隠す?見せる?

カタログをみると天板の上には何も置かれておらず、スッキリとしたキッチンの写真が出てきます。

・・・でも実際に使うとなると、モノを何処に置けばいいのでしょうか?

濡れた布巾はどこで乾かすのか、濡れたまな板はどこにおくのか・・・

毎日使うキッチンですから、上に何も置かれていない状態を保つのは、すごく難しいと思います。

確かに、スッキリと何もおかないキッチンは、見た目に凄く綺麗です。

でも、実用性を考えれば、なかなか困難です。

そういうときは、手元を隠すタイプのキッチンも良いかもしれません。

キッチン選びで注意して貰いたいこと
※少しだけ手元を隠すタイプのキッチンの例。


キッチンは実用品です。

デザインも気になりますが、最終的には使い勝手が良いかどうかが重要だと思います。


・・・最後にもう一つだけ。

家をたてるとき、「家事を全くしない建築士」は要注意です。

キッチンが「実用品」であるのと同じように、家も「実用的」であるのなら、家事を全くしない設計者が考えた家は要注意といえるのではないでしょうか。

※※※キッチンに関するコラムは、こちらも参考にしてください※※※

キッチンから考える家作り

キッチン選びのポイント

あなたに使いやすいキッチンとは

建築設備、実際には幾らかかる?(業務用キッチン、オーダーキッチン、ホームエレベーター、床暖房)


◆ その他の関連コラム / 目次 ◆

地下室のある住宅/費用・効果・注意点・問題点とは?

光と風を取り込む家を作る方法

シューズクローゼット/シューズクローク/玄関収納のある家をつくる

本の多い人が建てる家(書庫/書斎/図書室のある家)

使える収納のある家(コレクションケース/自転車/オートバイ)

ビルトインガレージ/屋外収納

楽器を演奏するための部屋/ホームスタジオを作る方法

ホームシアター/防音室を作るにはどうしたらいいのか

防犯性能の高い家を作る方法

建築設備、実際には幾らかかる?(ジャグジー、シャワールーム、サウナ、暖炉、薪ストーブ)

建築設備、実際には幾らかかる(らせん階段、地下室、ビルトインガレージ、屋上庭園、防音室、書庫)

   ◇ ◇ ◇

家のこと、土地のこと、お金のこと、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ