コラム

 公開日: 2012-05-16  最終更新日: 2014-08-01

家事動線について考えてみましょう。

家を建てるなら、毎日の家事を如何にやりやすくするか、考える必要があると思います。

今回は炊事、洗濯、掃除などの家事を楽にする家の設計について考えてみます。


まず、炊事について。

大前提はキッチン自体、料理をするとき使いやすいこと。

これは当然です。

煮炊きする場所、洗うところ、これらが動きやすいスペース、そして移動せずに済む配置、サイズにすることが必要ですね。

キッチンには一人で立つのか、夫婦あるいは親子など二人以上で使うのかを検討するのも大事です。

また、キッチンには電子レンジ(オーブンレンジ)、炊飯器、オーブントースター、コーヒーメーカーなど、コンセントが必要な調理家電が多いのも特長です。

これらがきちんと使える形で配置できるかどうか。家を建てる前には、よく使う調理家電を挙げてみて、それらをどこ置くか、検討してみましょう。

その他、ホットプレートや卓上コンロなど、常時使う訳ではないけど場所をとる調理器具もあります。

これらはキッチンの近く、すぐ取り出せる場所収に納出来るようにしておくと便利です。

また、安売りで箱買いしてしまうような食材などがあるようなら、これもキッチン近くに収納スペースを設けると良いですね。

ボトルなど、重いものも多いと思いますので、キッチンの収納スペースの配置には注意しましょう。

キッチンの写真

次に洗濯について。

洗濯~物干しの流れでは、当然ながら洗濯機から干す場所が近い方が便利です。

昔と違って室内干しも主流になってきたので、バルコニーや屋上などの場所にこだわらず、部屋の中でも日の当たる場所あるいは洗濯機の直ぐ近くに、洗濯物干しスペースを確保するのが良いでしょう。

花粉や黄砂、夜洗濯を考えるのなら、家を設計したときから室内物干しスペースを確保しておくのが便利です。

浴室乾燥という方法もありますが、これは干している間はお風呂が使えなくなるので、あくまでも補助的なものと考えた方が良かもしれません。



最後に、掃除について。

掃除を楽にする方法、一番良いのは室内の床に物を置かないようにすることです。

収納は家具を置くのではなく、収納部屋あるいは作り付け家具にすること。

そして埃が目に付くのは困るので、扉のないオープンな棚は、なるべく少なくすることです。

これらは住宅の設計時に、計画しておきましょう。



家事動線について考えるときには、設計者の生活経験がものをいうのではないかと思っています。

実際、家事をやったことの無い人が、家事の楽な住宅を設計するのは無理でしょう。

もし、設計者選びについてアドバイスするなら、話をしてみた上で、なるべく生活感のある設計者を選ぶようにすると良いのではないでしょうか。

生活経験豊かな設計者を選ぶことが、家事動線のスムーズな家をつくる第一歩かもしれません。

◆ 関連コラム / 目次 ◆

可能性を広げる家。
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/23414/

遊べる家。
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/23564/

子育てを応援する家【1.5世帯住宅】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25640/

子育てを応援する家/1.5世帯住宅【その2】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/26025/

防犯性能の高い家を作る【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/33382/

耐久性に優れた家
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/26109/

地震に強い家
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/26098/

   ◇ ◇ ◇

※家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

   ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】道路との高低差のある雛壇地は安いのか?
イメージ

今回のテーマは、道路との高低差のある土地、下の図のようないわゆる雛壇地についてです。阪神間は昔から...

[ 建築士と土地探し ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】傾斜地は安いのか?
イメージ

私が主に仕事をしている阪神間は、元々六甲山系が迫り、平坦な土地が少ないところです。その中でも特に陽当た...

[ 建築士と土地探し ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】旗竿地は安いのか?
イメージ

旗竿地については既に御存知の方は多いと思いますが、一応最初に、一般的にいわれているメリット、デメリットを書...

[ 建築士と土地探し ]

【傾斜地、変形地、旗竿地、雛壇地、道路との高低差】変形地は安いのか?
イメージ

まず最初は、変形地についてです。この場合の変形地とは、敷地が正方形、長方形のような形ではなく、極端な台...

[ 建築士と土地探し ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ