コラム

 公開日: 2012-02-13  最終更新日: 2014-08-01

子どもの可能性を伸ばす家【1】子供とともに成長する部屋

家を建てようと考える大きな動機のひとつに「子育てのため」があります。

これから数回にわたって、子育て世代のための家作りについて書いていこうと思います。


まず最初は子供部屋についての考え方ですが、子どもの成長に従って必要なスペース・用途が変わってくると思います。


最初に子ども部屋の必要性を感じるのは、小学校に入学する頃でしょうか。

小学校に入ると教科書やランドセルなどを置くスペースが必要になります。

自分のことは自分でやるという習慣をつけるためにも、子どもに「自分の場所」を作ってあげる必要があるかもしれません。

しかし、きっちりとした「子ども部屋」を作っても、小学校低学年では、まだ自分の部屋に一人で居ることは少ないと思います。

殆どの時間は、リビングなどで家族と過ごすのではないでしょうか。

小学校低学年くらいなら、リビングの中あるいは程近い場所に、子供の勉強する空間を作ってあげると良いと思います。


子ども部屋ロフト

リビングのロフトスペース。

子どもが小さいうちは、こういう場所を子ども部屋にしても良いかもしれません。


小学校高学年から中学生くらいになって、一人で宿題などが出来るようになれば、個室の子供部屋も良いと思います。

さらに中学生から高校生くらいになれば、勉強だけでなく、趣味なども増えるでしょう。

服なども増えてくるし、大きな収納が必要になるかもしれません。

広い部屋が欲しいと言われそうです。


しかし、そこから数年して子供が独立してしまえば、また子供部屋は不要となってしまいます。

そのときに広い空き部屋を作るのも効率の悪い話です。

将来は空いた部屋を書斎にするなど、このあたりは上手く流用できるように、考えるべきでしょう。



リビングと子ども部屋を直結させるなどして、子ども部屋をあまり独立させないという考え方もあるかと思います。

将来、子ども部屋が不要になったときの部屋の使い勝手を考えると合理的な考えかもしれません。

しかし、「子どもに個室を与えると家族のコミュニケーションが希薄になる」「個室の子ども部屋は、子どもが部屋に閉じこもって良くない」というネガティブな考えは、ちょっと違うと思います。

子ども部屋について考えるとき、「子どもが○○しないように」という否定的な考えではなく、「○○出来るように」というふうに可能性を伸ばすような考えを持って欲しいと思います。


子育てのために家を建てるのなら「子どもともに成長する間取り」「子どもの可能性を伸ばす部屋」であるように考えたいですね。

◆ 関連コラム / 目次 ◆

可能性を広げる家。
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/23414/

遊べる家。
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/23564/

子どもの可能性を伸ばす家【2】もっと自由に
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25302/

子どもの可能性を伸ばす家【3】もっと個性的に
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25317/

子育てを応援する家【1.5世帯住宅】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/25640/

子育てを応援する家/1.5世帯住宅【その2】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/26025/

防犯性能の高い家を作る【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/33382/

キッチンから考える家作り【神戸、芦屋、西宮で建築士と注文住宅を建てる】
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/34393/

シャワールームの設置費用、使い勝手、問題点について
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/37176/

楽器を演奏するための部屋/ホームスタジオを作る方法
http://mbp-kobe.com/revontulet/column/37006/

   ◇ ◇ ◇

家つくり、土地探しなど、住宅に関すること、何でも御相談下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ