コラム

 公開日: 2012-01-27  最終更新日: 2014-08-01

お風呂について(浴室暖房乾燥機/猫足バスタブ/檜風呂など)

今回はお風呂の話です。

住宅のバスルームの設計について、私の今までの設計方針は、

・バスルームは可能な限り広めに
・手入れが楽であること
・窓は広く
・充分に換気出来ること
・冬に寒くないこと

でした。

システムバス
※自宅のお風呂はこのタイプ。パナソニック電工のもので、浴槽の形が少し変わっている。子供と一緒に入る人に、おすすめです。


個人的にはシンプルで丈夫なものが良いと思っていますので、あまり凝った設備は必要ない、明るく広く、手入れが簡単なのがベストと思っていたのですが、最近、どうもそれだけじゃないらしいと感じ始めています。


住宅のバスルームというのは、個人の好みが強く反映されるものです。

生活パターンやお風呂での過ごし方は、多種多様です。

住み人にとっての「最適なお風呂」「欲しい設備」というのは、かなり違ってくるようです。


最近出会った例でいうなら・・・

◆浴室暖房乾燥機の使い方

システムバスでは人気の設備ですが、私はあまり重視してきませんでした。

理由は、自宅に付けていても、ほとんど使わなかったから。

浴室乾燥は風呂場を乾かすだけには大げさだし、洗濯物を乾かそうとするなら力不足(湿気が抜けにくい)。

暖房機能も、お湯を張ったお風呂に入ってしまえば、あまり必要を感じない。

・・・しかし、バスルームのリフォーム工事で設置した先で、「浴室暖房を使えば、一年中シャワーでも大丈夫」という話を聞きました。

寒い時期にシャワーを使いたいとき、浴室暖房を使うと、暖かく入ることが出来る。

確かに、冬でも朝にちょっとだけジャワーを浴びたいと思うことがありますが、入る前後の寒さを考えるとなかなか躊躇います。

そうかといって浴槽に湯を入れるのは面倒・・・こういうときに浴室暖房を使うのだそうです。

浴室暖房を上手く使えば、一年中シャワーでも寒くない。生活パターンの違う小家族では特におすすめらしいです。

暖房をそういうふうに使うとは知りませんでした。


◆浴室テレビ

これも個人的に必要性を感じていなかったのですが、友人の一人に言わせると「絶対必要な設備」だそうです。

実際、彼の家は分譲マンションのとき浴室テレビをオプションで付けていて、自宅を新築しても当然付けていました。

普段はそんなにテレビを見てないのに何で?と思いますが、くつろぎのスペースには必要なものらしいです。

バスルームで過ごす時間というのは、個人個人で違うもので、理屈では判断出来ません。


・・・これらはどちらも、住む人次第、使い方次第で必要な設備が変わってくる例でした。


◆猫足バスタブ、檜風呂など

猫足というのは、下の写真のようなものです。

猫足バスタブ
※写真はサンワカンパニーのバスタブです。

見た目は良いのですが、掃除しづらいし、体がすべって安定しない・・・でも、「絶対これが欲しい!」という人はいるでしょう。


檜風呂。

檜風呂
※写真は飛騨高山 田島産業の製品です。

これも、香りは最高ですが、手入れなどを考えると、なかなか難しい。


猫足バスタブも檜風呂も旅先で入ったことがありますので、その良さはわかります。

しかし、手入れや掃除などを考えると、自宅で使うのは難しいと思っていました。


それでも「どうしてもこれが欲しい!」という人はいるでしょう。

その情熱さえあれば、メンテナンスの問題などは些細なことなのかもしれません。


お風呂で過ごす時間というのは、最も自由な時間なのかもしれません。

そこには決まった形というのは無いのかもしれません。

家を建てる中で最も自由な部分というのは、バスルームなのかもしれませんね。

◆お風呂に関する関連コラム◆

個人的にお勧めする洗濯用品【ガス乾燥機/室内物干し】

洗濯物は何処に干す?本気で洗濯を考える家作り

2階あるいは3階にお風呂を設置した場合の問題点、注意点

2階あるいは3階にお風呂を設置した場合のメリット

シャワールームの設置費用、使い勝手、問題点について

建築設備、実際には幾らかかる?(ジャグジー、シャワールーム、サウナ、暖炉、薪ストーブ)


◆ その他の関連コラム / 目次 ◆

建築設備、実際には幾らかかる(らせん階段、地下室、ビルトインガレージ、屋上庭園、防音室、書庫)

地震に強い家

耐久性に優れた家

キッチンから考える家作り

キッチン選びのポイント

光熱費のかからない家/スマートハウス

子どもの可能性を伸ばす家(子供とともに成長する部屋)

楽器を演奏するための部屋/ホームスタジオを作る方法

ホームシアター/防音室を作るにはどうしたらいいのか

   ◇ ◇ ◇

家のこと、土地のこと、お金のこと、何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

■電話でのお問い合わせ
078-862-9386【平日9:00~17:00】

■メールでのお問い合わせ【匿名でのお問い合わせでも構いません】
infomation@revontulet.jp

■Webメールでもお問い合わせを受け付けております。
こちらから送ることができます。

土地がある人、土地を探している人、ハウスメーカーの家に飽き足らない人・・・何でもお気軽に御相談ください(御相談内容の守秘義務は厳守します)。

   ◇ ◇ ◇

家を作るときに考えて欲しいことについて、こちらのページに纏めてみました。

テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅など】

興味のある分野があれば、是非、目を通して下さい。

この記事を書いたプロ

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

一級建築士 浅井知彦

兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL:078-862-9386

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ