コラム一覧

1件~15件(144件)

過去の15件

LED照明で変わったこと

イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、今ではすっかり住宅用照明の主力になっています。御存知のように、LED照明には「長寿命」「省電力」などの優れた省エネ性能があります。さらに「発熱温度が低い」「小型で高輝... 続きを読む

家を建てるときの新常識

2016-08-15

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。

イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフォームについての新常識、主にコスト面について、いろいろと書いていきます。◇一戸建ての全面リフォームは安くない一戸建て住宅の全面リフォームとは、柱や梁などの構造部... 続きを読む

家を建てるときの新常識

2016-08-09

プレハブ住宅は安くない。

イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえば、たとえば住宅展示場にある大手ハウスメーカーの住宅、構造的には主に「軽量鉄骨」といわれる工法で建てられる家です。さらに具体的にいうなら、ダイワハウス、セキスイハウス... 続きを読む

家を建てるときの新常識

2016-08-05

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です

イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」。昔は、在来工法と呼ばれる木造住宅、いわゆる大工さんが建てる家については、「棟梁の勘と経験」で建てられてきました。このような場合、丈夫な家かどうかは棟梁の腕次第... 続きを読む

家を建てるときの新常識

2016-08-04

住宅でも地盤調査は必要です。新築住宅で地盤改良を行うのも一般的です。

イメージ

建築は「経験」が重視される仕事です。「豊富な現場経験」と、そこから得られる「家作りの常識」は、新たな家を作るときに役立つ貴重な知識・情報源になります。反面、技術の進歩によって、その「常識」が変わることもあります。震災被害や最新の調査結果、技術の進歩により、いまま... 続きを読む

家を建てるときの新常識

2016-08-03

一番安全な家を作りたい。

イメージ

「安全な家」については、今までにもこちらに書いています。災害から生き延びるための家 竜巻、台風などの風害に安全、安心な家を作る方法安全、安心な家の構造は何かについて安心して長く住むための家を作る今は、どのハウスメーカーの広告をみても「地震に強い」「耐震性能... 続きを読む

地震に強い/耐久性に優れた家

2016-07-26

リビングの天井高について。

イメージ

最近の家では、リビングを広くとった間取りが多いようです。モデルハウスの一戸建ての間取り図をみると、リビングダイニングで15畳以上の広さは普通。オープンキッチンのLDKだと、20畳ちかいものも珍しくありません。マンションでも、15畳以上の「広く開放感のあるリビングダイニング」... 続きを読む

住宅

2016-04-27

「住宅ローンの逆ざや」について

イメージ

現在、住宅ローンの金利は、非常に低くなっています。一番安い変動金利は1%を大きく下回り、0.5%台。10年固定金利にした場合でさえ、1%を下回るところが出てきました。一方、住宅ローン減税も継続されています。現在の住宅ローン減税は控除率1.0%。最長10年で最大400万円までと... 続きを読む

住宅

2016-03-11

書庫、図書室のある家

イメージ

このテーマについては、以前にも一度、書いています。本の多い人が建てる家(書庫/書斎/図書室のある家)「本が入りきる本棚なんて無い」という意味のことが書かれているのをみたことがあります。「本好きの人は収納スペースがあればあるだけ本を増やす」=「結果としてどんなに大... 続きを読む

住宅

2016-03-09

高額住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【まとめ】

イメージ

今まで5回にわたってタワーマンションと注文住宅の違いについて書いてきました。タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【維持費、管理費】タワーマ... 続きを読む

住宅

2016-03-06

高額住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【快適性】

イメージ

今までのコラムは、こちらから。タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【維持費、管理費】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【リスク、不... 続きを読む

住宅

2016-03-06

高額住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【リスク、不安要素】

イメージ

今までのコラムは、こちらから。タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【維持費、管理費】住宅は高額な買い物ですから、できるだけ不安要素は取り... 続きを読む

住宅

2016-03-06

高級住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【維持費、管理費】

イメージ

前回、前々回は、こちらから。タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】今回は、タワーマンションと注文住宅の「生活をしていく上での維持費」の比較を考えてみます。まず最初は税金。毎年の固... 続きを読む

住宅

2016-03-06

高級住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【資産価値、将来性】

イメージ

前回は、こちらから。タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】まず最初に比較検討してみる項目は、将来の資産価値についてす。資産価値については、2つの考え方があると思います。ひとつは、短期的な資産価値についてです。短期的な資産価値という観点で物... 続きを読む

住宅

2016-03-06

高級住宅比較・・・タワーマンションと注文住宅、どちらを選ぶ?【はじめに】

イメージ

今回から数回にわたって、タワーマンションなどの高級分譲マンションと注文住宅の違い、それぞれの特徴について書いていきたいと思います。分譲マンションと戸建て住宅の比較・・・このテーマは、過去にも一度書いています。◆マンションと戸建て住宅、どちらを選ぶ(神戸、芦屋、西宮)... 続きを読む

住宅

2016-03-06

1件~15件(144件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
神戸市中央区在住の一級建築士、浅井知彦さん。建築素材の経年劣化を中心に研究していた技術畑出身で、素材や構造から「必然性のあるデザイン」を提案

かっこいいには必然がある。技術系建築士の家づくり(1/3)

 「かっこいいものには必然がある。合理性・機能性のなかからデザインが生まれる」と語るのは、神戸市中央区で一級建築士事務所を構える浅井知彦さん。デザイン系の一級建築士が多いなか、異色ともいえる研究所出身の技術系の一級建築士です。建物や建築素材...

浅井知彦プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所
住所 : 兵庫県神戸市中央区山本通2-8-2 [地図]
TEL : 078-862-9386

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

078-862-9386

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

浅井知彦(あさいともひこ)

レヴォントリ株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
テーマ別コラムのまとめ【ペット/寒さ対策/子育て/地震に強い鉄筋コンクリート住宅】
屋上緑化

コラムも100回を超えましたので、ここで一度、代表的なコラムをテーマ別にまとめてみたいと思います。興味のあ...

[ 住宅 ]

LED照明で変わったこと
イメージ

近年、住宅の照明にもLEDが急速に普及してきました。住宅用LED照明は製品の値段も下がり、商品の種類も増え、...

[ 家を建てるときの新常識 ]

全面リフォームは安くない。「新築そっくりさん」も安くありません。
イメージ

リフォームについては、新築に比べると情報が少ないためか、いろいろと誤解があるように思います。今回はリフ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

プレハブ住宅は安くない。
イメージ

今回採り上げる「プレハブ住宅」とは、ハウスメーカーが販売している規格化住宅を指しています。具体的にいえ...

[ 家を建てるときの新常識 ]

木造2階建て住宅でも構造の安全性チェックは絶対に必要です
イメージ

これは「新」常識といって良いのか判りませんが、法律上「構造の安全性をチェックしていない家は建てられません」...

[ 家を建てるときの新常識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ