>   >   >  Q&A詳細

プロへのQ&A

神戸で活躍するさまざまなジャンルの専門家の中から、あなたにぴったりのプロをお探しいただけます。その場でプロに質問もできます!

ジャンル:法律

亡父の相続について

父が1月上旬に亡くなり、母と子ども2人で相続することになる見込みなのですが、土地建物のうち一部家屋の登記の所有者が曾祖父であることがわかりました。そこでまず質問ですが、登記上の面積と固定資産課税台帳上の面積が違い登記されている物件が現存する家屋と同一のものとみなされるのかわかりません。確認する方法はあるでしょうか。また今は存在しない小屋などの登記もあるのですが、滅失登記の必要はあるでしょうか。逆に未登記の小屋などもあるのですが売却するのであれば登記は必要でしょうか。曾祖父が所有者である家屋の敷地は亡父が所有者なのですが、その土地建物を一体のものとして現状有姿で売ることもしくは建物を撤去し土地を売却することはできないでしょうか。曾祖父所有の建物の処分が困難であるならその建物にかかる固定資産税を支払い続ける必要はあるのでしょうか。相続に合わせ土地建物を売却した際の課税はどのようなものでしょうか。また、単純承認をすることになりそうですが、承認後にもし負債や連帯保証などの負の財産が発覚した場合その後に改めて放棄することは可能でしょうか。とりとめなくいろいろ質問しましたがよろしくアドバイスのほどお願いいたします。

投稿日時:2011-03-16 22:30:45

法律

この質問の回答受付は締め切られました。

質問方法

プロへの質問は、とってもかんたん! 3ステップで質問できます!

ステップ1
ステップ1
質問投稿フォームにて必要事項を入力します。

ステップ2
ステップ2
質問する際の注意事項に同意します。

ステップ3
ステップ3
投稿フォームで入力したメールアドレスに届いたURLをクリック!

いろんなプロに質問してみる!

質問ジャンル

くらし
ライフライン
防災・防犯
クリーニング・宅配
リサイクル
葬祭・墓石
ブライダル
宿泊施設
キッズ
健康
文化・教養
はたらく
求人・派遣
ビジネスコンサルティング
法律
弁護士
公認会計士
弁理士
司法書士
税理士
社会保険労務士
行政書士
ライフスタイル
ペット
インターネット・パソコン
車・バイク
旅行
レジャー施設
趣味
住宅
不動産売買
不動産賃貸
不動産鑑定
不動産管理
リフォーム・修繕
新築・住宅設計
ガーデニング
お掃除
家具・住宅設備
まなぶ
学習塾
キャリアアップ
習い事
専門学校
ゴルフ
語学
ファッション・美容
和服・洋服
貸衣装・着付け
リメイク・修繕
美容室
エステ
メイクアップ
フィットネス
グルメ
飲食店
カフェ・喫茶店
出前・宅配
料理教室
お金・保険
銀行
ファイナンシャルプランナー
ローン
株・証券・不動産投資
医療・健康
病院・医院
歯科
眼科
マッサージ・はり・灸・整骨院
介護
福祉
カウンセリング
お買いもの
生活雑貨
食品
本・文房具
贈り物
リサイクル
オーダーメイド
その他
その他
ページの先頭へ