コラム

 公開日: 2016-08-07 

失敗しないためのホームページ制作4つの間違い

ホームページ運営で成功するか失敗するかのポイントは、
制作会社の選択にあるといっても過言でありません。

知り合いの紹介、ネット検索など
選択方法は色々とありますが、

例えばGoogleで「ホームページ制作会社」
と入力して検索すると1,360万件以上がヒットします。

これではあまりに多すぎて、
特に初心者の方は何を基準に選択すればよいか
わからないと思います。

そこで今回は、ホームページ制作会社選びで
失敗しないために知っておきたい4つのポイントについて
お話しいたします。

制作会社を見極めるポイント 1─過去の制作実績数─

膨大にあるホームページ制作会社から、
1社を選択することは非常に困難です。

そのため、いくつかの基準を持って複数社を選択し、
その上で相見積もりを取り比較検討することが望ましいといえます。


では、具体的にいくつかの基準をご紹介します。

過去の制作実績の数は、選択のための基準の一つとなります。

ただし注意しなくてはいけないのが、
単純に数が多ければ良いというわけではないところです。

ホームページは作るだけでは意味がありません。

作ったページが売り上げに貢献してこそ、
ホームページとしての価値が出てくるのです。


従って、単にホームページを制作した数だけを
実績として掲載していても、

その制作会社が本当に良いホームページを
作ってくれるかどうかはわかりません。

しかもいくらホームページ制作業者がいいサイトを作っても
事業者のマーケティングが失敗すればやはり成果は上がりません。

ポイントは
「売上を上げてくれるサイトを作ってくれる
制作業者を見つけようとしない」
ことです。

売上を上げるサイトはあなたが作るのです。
あなたの意向や趣旨をホームページに反映できる
いわばデザイン面での協力者としての業者を探すのです。

この考え方は起業家には必須の話ですから、
私の別のコラムでじっくり解説しています。


顧客満足度であったり、資料請求○%アップといった
成果実績に踊らされてはいけません。

売上や利益はホームページが作ってくれるのではなく、
あなたがホームページを使って自分で獲得するものです。

そう考えると自ずと選ぶべき業者を
分類できるようになると思います。

本当にその業者が提供してくれる付随サービスが
必要なのかどうかも、あなた主導で決断してください。

できない状態では依頼をしてはいけないのです。

制作会社を見極めるポイント 2─制作コスト─

良いホームページはそれだけで、
会社に大きな利益をもたらしてくれます。

しかし、利益をもたらしてくれるホームページにするには
「単純に会社情報を掲載する」
「商品ページにカタログのスペックを貼り付ける」
だけではなく、しっかりとしたマーケティング戦略を
練った上での制作が必須となります。

競合調査を行い、強み分析、ページの導線設計などを
きっちり行った上でのページ制作を全て依頼するとなれば
当然、その分の作業代が価格反映されます。

しかし、市場調査こそ起業家自らが行うべき
最も大切なのが仕事です。

ここを丸投げしているようでは、
いったい誰の事業なのかわからなくなります。

コンサルティングというと聞こえはいいですが、
要するに人の言いなりに事業に取り組むことになるので、
失敗した時に責任を取れない他人に依存するのは危険です。

ここを勘違いしている方が圧倒的に多いので、
私自身も苦慮しています。

どうかこのコラムを読まれた起業家であるあなたには、
間違いをしないでいただきたいと思います。


また制作会社に何を求めるかにもよりますが、
安さばかりを判断基準にして選択をすると
後々、サイトの修正が困難だったり、
集客の意図を反映できていないページになるなど、
相対的にリスクは高まると考えられます。

制作会社を見極めるポイント 3─維持費─

制作したホームページをお客様に
見つけてもらうにはいくつか方法がありますが、
その中でも重要なのが検索エンジンで上位表示されることです。

検索エンジンに上位表示され続けるには、
いわゆる検索エンジン対策(SEO)が必要になります。

しかし制作会社によっては、ページを安く制作し、
このSEOを継続的に行う費用を請求するなど
意外に高額な維持費を取るケースも少なくありません。

SEOに限らず、維持費がかかるという場合は、
毎月何をするのか?
そしてその効果、結果をどうやって告知するのか?
本当にその作業が行われているか?
などをきっちり説明できる業者が望ましいです。

ここではっきりとしたことを言えない制作会社は
避けた方が良いでしょう。

制作会社を見極めるポイント 4─更新管理─

最後に、ホームページ制作において、
最近は多くの企業がHTMLで作成するページではなく
WordPressなどを採用しています。

その方が運営管理をしやすい上、ある程度慣れれば、
テキストや画像の更新などは自分で行うこともできるからです。

そういった意味で、一概にはいえませんが、
かたくなにHTMLで作成するページをすすめる制作会社は
「更新料を取り続けるため」という場合がありますので
注意が必要です。

失敗しないためのホームページ制作のまとめ

まとめになりますが、あなたが自社のホームページを立ち上げるには、
その前にウェブを使ったマーケティングプランを考えておく必要があります。

ホームページが集客をしてくれるわけではなく、
ホームページを使って自分が集客をしていくのですから、
そのための計画もやはり自分で策定する事が理想です。


ただし、必ず成功するマーケティングプランを
1回目で作り上げる事ができるわけではありません。

なんども試行錯誤をしていく中で作り上げていくものですから、
そういう意味では制作業者に依頼する前に
テストマーケティング段階ではワードプレスなどを使って
十分に検証をした結果、売上が上がると確証を持てるようになるまで、
ホームページ制作は自社内で行う事がいいのではないでしょうか?

この記事を書いたプロ

迎客デザイン研究所 [ホームページ]

Webコンサルタント 酒井謙光

兵庫県西宮市戸田町5番30 [地図]
TEL:050-7117-3385

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メール講座

あなたは、 「嫌われてはいけない」 そう思っていますよね? 認定講師の資格を取って、セミナー講師やインストラクターを目指している方であれば、...

コンサル専門の集客法

~『自分を活かしたアドバイスでお客様を惹きつける』ビジネスを作り上げるための半年間完全プライベートセッション~【兵庫・大阪での完全個別指導プログラム】「...

 
このプロの紹介記事
酒井謙光 さかいのりみつ

ビジネスノウハウではなくネット集客の仕組みつくりを支援(1/3)

「『あなたから買いたい』と指名買いしてくださるお客さまの見つけ方をお伝えしています」と話すのは、インターネットマーケティング会社「迎客デザイン研究所」代表の酒井謙光さん。40代以上の起業1年目の個人事業主を対象にインターネットを使った集客・...

酒井謙光プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

売り込み無しで顧客が集まるコンサル型ビジネスでの起業・集客を

会社名 : 迎客デザイン研究所
住所 : 兵庫県西宮市戸田町5番30 [地図]
TEL : 050-7117-3385

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-7117-3385

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

酒井謙光(さかいのりみつ)

迎客デザイン研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
コーチングのコーチが集客力を身につけないと。。。
イメージ

起業・WEB集客コーチの酒井です。今日は、「コーチングを提供しているコーチの方向けの集客力」がテーマで...

[ コンサル型ビジネスのWEB集客 ]

これがインターネット集客で最も重要なことです。
イメージ

起業・WEB集客コーチの酒井です。今日は「インターネットを使った集客で最も重要なこと」についてお伝えし...

[ ネット集客で最も大事な事 ]

大阪で開催中のコピーライティング講座を体験してください!
イメージ

起業・WEB集客コーチの酒井です。今回は現在大阪で主催をしているコピーライティング講座の内容をご紹介しよ...

[ 売り込まない集客法 ]

SEO対策は無意味か?検索結果の1位がクリックされる割合とは
イメージ

WEBマーケティングで重要とされているSEO対策ですが、その統計データが発表されているのをご存知ですか?何...

[ 初心者のためのSEO ]

ポッドキャストを更新しました。22回はWEBライティングの話です。
イメージ

起業・ウェブ集客コーチの酒井です。先ほどPodcast「物語の力で一歩先ゆくWEBマーケティング講座」を更新...

[ WEBマーケティング ポッドキャスト ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ