コラム

 公開日: 2016-07-05 

ブログ集客3つのメリット・2つのデメリット




迎客デザイナーの酒井です。

今回は

「ブログ集客3つのメリット・2つのデメリット」

です。


ブログは自社サイトや実店舗のWEBマーケティング・集客ツールとして、
とても利用価値が高く優れたサービスです。

何しろ、毎日記事を投稿することが出来るのがとても大きなポイントです。

一般的な企業や通販のホームページでは、
それほど頻繁に内容を更新することがないため、

一度訪れた方に繰り返し見てもらいにくいことを解決できることは、
大きなポイントと言えるでしょう。


またブログでは、大量の画像や長文のテキストを、
基本的にはサービスを解約しない限り長期間にわたって蓄積し、
公開することが可能となることも見逃せないです。


はてなブログやlivedoorブログなどレンタルブログサービスを使えば、
無料で手軽にすぐ開設できるのも、利用しやすい集客ツールと
言われている理由の一つです。

そこで今回は、ブログを使って行う集客のメリットとデメリットをご紹介します。


ブログを使った集客のメリット


ブログを使って集客をする3つのメリットを解説していきます。


(1)ページ作成の詳しい知識がなくともすぐに開設できる

レンタルブログのサービスであれば、HTMLなどウェブサイト、
ホームページ作成の詳しい知識もほとんど必要なく、
簡単に自分のブログを公開できます。

以前のレンタルブログサービスは簡単で無料で利用できるものの、
ページのデザインや付属する機能が限定されていました。

しかし、最近ではどのレンタルブログサービスでもデザインが豊富で、
有料のものと比べても見劣りがしなくなっています。

またアメブロなど、自分のブログにアクセスを集めるための、
様々な仕組みを導入しているサービスもあります。


(2)ユーザーが情報を探しやすい

ブログは月別、カテゴリ別など時系列やテーマ別に記事を
分けて保存できるため、訪問したユーザーが探している情報を
探しやすいというメリットがあります。

また時系列、テーマ別に分けられるということで、
商品の歴史や製造過程の紹介などストーリー性のあるものなどを
書くのにも適しています。

また私は、
<物語の力で人を魅了する『頑張らない集客』のためのWEBマーケティング入門講座>
というコンセプトの「鉄板ウェブ集客」というブログもやっていますので、
そちらも参考にして頂ければと思います。


ほかにもブログを書く際に自分でキーワードを設定し、
タグ付けをすることもできるため、ユーザーにピンポイントで必要な
情報を提示することも可能です。

そして無料ブログサービスだけになりますが、
その最大の利点はサービス提供事業者が集客そのものに
多額に費用をかけているため、ブログ開設初日からアクセスを
期待できる点に大きなメリットと言えるでしょう。


(3)ユーザーさんが納得した上で自社サイトに訪問してもらえる

長文を書けるブログは、自社の商品・サービスの長所や短所だけではなく、
自分の専門性をアピールできる情報などをしっかりと記事として掲載することで、
それを読んだユーザーに納得した上でサイトに訪問してもらうなど、
集客ツールとしての大きな役割を担うことができます。


そのため、サイトに訪問してもらった際には、
すでに自社の商品やサービスの内容を把握してもらっているなど、
購入や問い合わせをしてもらえる確率が、ほかのサイトからの
訪問者に比べ高くなるメリットがあります。

このことは成約率の向上を果たすため、利益率アップや売上アップに大きく影響してくる内容です。


ブログを使った集客のデメリット


ではブログ集客のデメリットについてお話しします。


(1)継続させることが難しい

SNSであれば、ユーザー同士とのコミュニケーション
という意味合いもあるのと、それほど長文を書く必要もないので
比較的長続きしやすいという特徴があります。


しかし、ブログは挨拶程度のことを書いても誰も訪問してくれません。

ブログは長文を書けるというメリットがある分、
書くネタがなくなってしまうと面倒になって、
そのまま放置してしまう方も少なくありません。


しかしそのネタが無くなってしまう状態は、ある程度は回避する
方法がありますので、別の記事でお伝えする予定です。


(2)集客の効果を実感しづらい

ブログはある程度、記事を書きためていかないと検索サイトにも表示されないため、
一定の効果が出るまでに時間と手間を要します。

実はここも同業他社さんとの違いを出すポイントでもあるわけです。


多くの方は短期的にブログからの成果を期待しがちで、
その結果、文章を書くという面倒さも手伝って、なかなか継続されない
場合が多いと感じています。

つまり実施している起業家が少ない訳ですから、
ブログをやらないのはもったいないことだと言えるのではないでしょうか。


またSNSはすでにユーザーさんとのつながりがあるため、
コメントなどによって目に見える効果を実感できます。

しかしブログはSNSに比べるとコメントもつきづらく、
効果を実感するまでに時間がかかるというデメリットもあります。


メリット、デメリットを把握した上で効果的なブログ運営を


できる限りお金を使わずに集客をするということは、
その分時間や手間、アイディアが必要となります。

また広告と違いすぐに結果が出ないため、
ビジネスとして継続していくことが難しいという側面もあります。

しかし、いったん効果が出れば、あとはそれほど苦労せずとも
長期間にわたりその効果は持続する傾向があります。

広告は掲載を止めた時点で効果はゼロになりますが、
ブログは多少あいだが空いたとしても削除しない限りはSEOなどの効果も期待できます。

WEBマーケティングとは長期的な視点が不可欠な取り組みです。

そのため短期的なメリット、デメリットだけではなく、
未来を見据えてしっかりとした収益モデルの確立を果たすことが望ましいと思います。

それらを把握した上で効果的なブログ運営を心がけてください。

この記事を書いたプロ

迎客デザイン研究所 [ホームページ]

Webコンサルタント 酒井謙光

兵庫県西宮市戸田町5番30 [地図]
TEL:050-7117-3385

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メール講座

あなたは、 「嫌われてはいけない」 そう思っていますよね? 認定講師の資格を取って、セミナー講師やインストラクターを目指している方であれば、...

コンサル専門の集客法

~『自分を活かしたアドバイスでお客様を惹きつける』ビジネスを作り上げるための半年間完全プライベートセッション~【兵庫・大阪での完全個別指導プログラム】「...

 
このプロの紹介記事
酒井謙光 さかいのりみつ

ビジネスノウハウではなくネット集客の仕組みつくりを支援(1/3)

「『あなたから買いたい』と指名買いしてくださるお客さまの見つけ方をお伝えしています」と話すのは、インターネットマーケティング会社「迎客デザイン研究所」代表の酒井謙光さん。40代以上の起業1年目の個人事業主を対象にインターネットを使った集客・...

酒井謙光プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

売り込み無しで顧客が集まるコンサル型ビジネスでの起業・集客を

会社名 : 迎客デザイン研究所
住所 : 兵庫県西宮市戸田町5番30 [地図]
TEL : 050-7117-3385

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

050-7117-3385

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

酒井謙光(さかいのりみつ)

迎客デザイン研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
実績を出すための効果的なLPのライティグ(書き方)とは?
イメージ

売り込まないで契約を獲得する起業・WEB集客コーチの酒井です。今日のテーマはLP、つまりランディン...

[ 初心者のためのランディングページ ]

コーチングのコーチが集客力を身につけないと。。。
イメージ

起業・WEB集客コーチの酒井です。今日は、「コーチングを提供しているコーチの方向けの集客力」がテーマで...

[ コンサル型ビジネスのWEB集客 ]

これがインターネット集客で最も重要なことです。
イメージ

起業・WEB集客コーチの酒井です。今日は「インターネットを使った集客で最も重要なこと」についてお伝えし...

[ ネット集客で最も大事な事 ]

大阪で開催中のコピーライティング講座を体験してください!
イメージ

起業・WEB集客コーチの酒井です。今回は現在大阪で主催をしているコピーライティング講座の内容をご紹介しよ...

[ 売り込まない集客法 ]

SEO対策は無意味か?検索結果の1位がクリックされる割合とは
イメージ

WEBマーケティングで重要とされているSEO対策ですが、その統計データが発表されているのをご存知ですか?何...

[ 初心者のためのSEO ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ