コラム

 公開日: 2016-10-23 

散歩のすすめ~育児ストレスの解消にも。




我が家の近くでは、例年、何度かの台風で倒れてしまうバナナが今年は実をつけるまでに育っています。
とはいえ、暑い暑い夏もおわり、心地よい風にゆれる葉も、色づき始めて、生徒さんたちは、沢山のどんぐりや松ぼっくりを手にレッスンへ来てくれる時期となりました。
紅葉狩りや、秋の実りの収穫…。
行楽に思いを寄せるだけでもワクワクしてきます。

そんな、目的を持ったお出掛けもよいけれど、秋は、何となくその辺をそぞろ歩く、お散歩にぴったりの季節です。

毎日決まったルーテイーンの中、室内でお子さんと二人きりので過ごしていると、なんとなく息苦しく感じたり、気持ちが鬱屈してしまうことはありませんか?
そんな時、ちょっとお部屋を出て、外の風にあたってみるのは如何でしょうか?
外に出ることで視界が開け、空気が変り、呼吸や気持ちが楽になることも。
家から1歩外に出ると、自分では意図しない出来事が、意図しないタイミングで起こります。
風が吹き、草木が揺れ、昨日まで蕾だった花が開き、鳥や食事時の煮焚き物の香り、鳥の声。五感に伝わるが聞こえてきたり、虫を見つけたり。人との出会いもあるでしょう。
内を向いていた視線を外に向けることがこころの開放感を導いてくれます。
お散歩は、子どもにとってママやパパと同じ時間、空間、経験を共有しながら、感性を高め、お互いの絆をより深めていくことにもつながるのではないてもしょうか?

ポトフクラブのレッスンでは小さな気づきやトキメキとともにレッスンを展開していきます。
音脳教室では子どもだけでなく、ママやパパ、おうちの方々とともに、音育児を楽しみ、日々の生活がより彩りよく立体的に
過ごせるようプログラムを組み立てています。

この記事を書いたプロ

ポトフクラブ [ホームページ]

講師 松田美穂

兵庫県西宮市生瀬町2-3-3 [地図]
TEL:0797-20-1330

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
ポトフクラブの松田美穂さん

元幼稚園教諭が子どもの感性を育む絵画・造形サロンや音楽教室を開催(1/3)

 「のびのびと子育てをしたい」「子どもの可能性を伸ばしたい」と願うお父さん・お母さんも多いのでは? わが子の健やかな成長のために何から始めればいいのか迷っているなら、「ポトフクラブ」を訪ねてみてはいかがでしょう。元幼稚園教諭の松田美穂さんが...

松田美穂プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

会社名 : ポトフクラブ
住所 : 兵庫県西宮市生瀬町2-3-3 [地図]
TEL : 0797-20-1330

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0797-20-1330

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田美穂(まつだみほ)

ポトフクラブ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

音脳リズムマッサージを初めて体験しました。

以前よりベビーマッサージに関心があったのですが、大好きな...

N.M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
スクラップブッキングを楽しむ
イメージ

まだ、夏休み気分の残る二学期最初の週末ですね。皆さんのスマホやカメラには楽しい夏の思い出がたっぷり詰ま...

[ 記憶の整理 ]

紅葉の彩りを作品に
イメージ

ポトフクラブの教室がある最寄駅、JR生瀬では連日廃線ウォークを楽しむハイカーさんたちでにぎわっています...

[ 絵画・造形 ]

生きる力は自然が教えてくれるもの。
イメージ

レッスンで芋掘り?庭のさつま芋のが収穫の時期になりました!畝間にかぶったツルや葉をたぐり、その先にあ...

[ 教育 ]

ボディ-ペインティングで楽しんだ姿を作品として残すには?
イメージ

「ボディ-ペインティングやフィンガーペインテイングなどは、活動することそのものに意義がある」と、何度かコラ...

[ 絵画・造形 ]

ボディペインティングの楽しみ方
イメージ

今年もパンダクラブの親子の皆さんがボディペインティングにいらしてくださいました。初めましてのお友達...

[ 絵画・造形 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ