コラム

 公開日: 2012-09-11  最終更新日: 2014-08-01

サイディングの目地シーリングの打ち替え

窯業系サイディングの目地を打ち替える工法として、塗装の前に打ち替える(前打ち工法)と塗装した後に打ち替える(後打ち工法)があります。
私は、長持ちや防水性のためには前打ちが良いと思います。

ところが、塗料メーカーには後打ちを勧めているところが多く見られます。理由は、シーリング剤と塗料との付着性が悪いものがあり、塗膜とシーリング剤が剥離をおこしてひび割れすることと、ブリード現象(塗装面にしみが出る)がおこるためだと考えられます。塗料メーカーに対するクレームになるので、後打ちを勧めているのです。

しかし、後打ちだと施工にあたる職人の技術レベルによっては小口の一部が露出して、雨水が浸入することが考えられます。また、シーリング剤が塗膜で保護されずに外気にさらされたままなので、目地割れなどの経年劣化が早くなります。

前打ち工法の良い点は、サイディング本体と目地のシーリングを連続塗膜として塗装することで、防水性能が高いということと、シーリング剤を保護できるので目地が長持ちするということです。

ブリードを防ぐためにはノンブリードタイプのシーリング剤があります。
また、前打ちが出来る数少ない塗料の一つに、アステックペイント社のEC2000があります。シーリング剤との相性が良いことと、弾力性が600%もあって目地のクラックに追随して割れないので前打ちに適しています。

また、このEC2000は窯業系サイディングの塗装にかかせない透湿性の機能も兼ね備えています。透湿性については、またこの次にお話しします。




この記事を書いたプロ

あんしん塗装店 ペイントコバック [ホームページ]

一級建築士 古波蔵正義

兵庫県芦屋市打出町1-6 [地図]
TEL:0797-23-5828

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声

本日はどうもありがとうございました。大変役に立ちました。今日教わった講座の内容を参考にさせていただきまして、役に立てるようにしたいと思います。講師の方々どう...

 
このプロの紹介記事
古波蔵正義 こはくらまさよし

健康な住まいを考える芦屋の塗り替えあんしん塗装店(1/3)

 芦屋市打出町で塗り替えリフォーム専門店「あんしん塗装店 ペイントコバック」を営む古波蔵正義さん。さまざまな仕事を経験しながら、25年前、30歳のときに、一人の塗装職人と出会います。当時、リフォーム業界は、元請業者や中間業者が激しい価格競争...

古波蔵正義プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

カーボンオフセット塗装(遮熱塗装・断熱塗装)

会社名 : あんしん塗装店 ペイントコバック
住所 : 兵庫県芦屋市打出町1-6 [地図]
TEL : 0797-23-5828

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0797-23-5828

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古波蔵正義(こはくらまさよし)

あんしん塗装店 ペイントコバック

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
外壁をこすると手に白い粉がつきます

A.外壁を手でこすると白い粉が付くことを、チョークの粉に似ていることからチョーキング現象と呼びます。原因...

【なぜ日本の住宅の寿命は30年なのか?】

欧米の住宅の寿命が100年以上あるのに対して、日本では平均30年ほどで、その価値がゼロになってしまいます。...

外壁塗装にかかせない透湿性能
透湿性のイメージ図

外壁に塗装をする場合、単層弾性型の防水塗料を塗ると膨れを引き起こすことが問題となっていました。水を通さな...

信念を貫く

物事を行う時に、必ず目の前に障害が表れてきます。その障害を乗り越えられずに、あきらめてしまう人が多いのも...

手紙
イメージ

お客様からお手紙を頂戴した。朝礼の時に、皆の前でそれを読んだ。お家の塗装が終わって、高橋の熱心だった仕...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ