コラム

 公開日: 2015-07-29 

自己紹介

加藤 晴之(かとうはるゆき)です。

もし、あなたが
健康や病気の改善に興味があるなら
人生を悲観しているなら
役立つかもしれません。

素敵な人生を過ごすために
少しでも健康になってもらうために
プロフィールを書かせていただきます。

*****
5歳の時、交通事故にあった
意識不明で快復の見込みなし
葬式の準備を仕掛けた時
たくさんの薬剤を使ったおかげで
奇跡的に復活!!

ただ後遺症が残った
下半身の機能障害と
多発性外骨腫

小中学から勉強が得意でなく
しかも体育はサンザン!!
どちらかと言うといじめられっ子で
うまく表現できない子。


中2の時、理科の先生に
「何で人はこんな格好なんですか?」
って質問したら
「遺伝子の働きがあるから」と
今でも鮮明に覚えている。


それから化学に興味を持ったので
臨床検査を選んだ。
でも人付合いがヘタでのけもの扱い
しかも勉強もついて行くのがやっと
劣等感の固まりのような物


こんな事から逃げたい一心で
山(日本アルプス)登りを始めた。
ただ普通の山登りでなく異常だった
切りたった尾根を走ったり
樹林帯の中で野宿したり
雷で死んだ方を運んだり

初めて山スキーをした時
熊と至近距離でバッタリ!!
友達が気を失い倒れた。
我を忘れ
ストックと大声だけで威嚇し
九死に一生を得ました。
山の怖さを何度も味わい
いつ命を落としても可笑しくない
状態だった。

でもこんな体験をしながらでも
山の魅力を感じていたので
やがて大好きな場所となった。

そして、やっと決まった
某血液センターへの就職
今している
「年齢に合った最善の健康
(オプティマルヘルス)セミナー」の
基礎となる遺伝子について学んだ。
研究は面白かった。でも
やはり人付合いがヘタで
2年で退職・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

田舎の某国立病院に再就職。
それでも人間関係はうまく出来ず
トラブルの元となった。

山に行くためにマラソンを始めた
やがて、夢ができた!!
中国のシルクロードを走って
天山山脈の未踏峰に登ろう!!って
(今ではもう年齢的に無理ですが)
学んだ筋トレやストレッチ
栄養素の摂り方が
今役立っている。

しかし外骨腫のため
上を向いて寝られない位
大きな骨がお尻から飛出た
拳大の骨と神経・筋肉を
一緒にガッバと取った。

だが、ここまでは良かった
Drの次の言葉が強烈だった

右足大腿部上部の外骨腫が
成長を続けている
そのため10年位で
壊死を起こす!!かも?

なんだって!!
10年で足が無い!!
運悪ければ死ぬのだ!!
その時、決まった
人生があと少しなら
思い切り好きな事をしょう!!
楽しい人生を過ごそう

周囲が気にならなくなった
夢の実現のため
毎月山に行き、マラソンもした
楽しくて楽しくて
夢中だった

しかし病院勤務は
益々忙しくなった
なぜ治らないの?
なぜ患者は増えるの?
わずかに疑問を感じる

やがて結婚
残り少ない人生で
男してやるべき事をしよう
仕事も山も一生懸命した

ある日、天変事非がおこった
神戸淡路大震災
病院機能はストップ
何もできない

はがゆかしさと共に
医療体制の不備を痛感する
もっと早く救急活動ができれば
たくさんの方を救えたはず

そんな時だった
友人のDrから誘いを受けた
本当の医療をしないか?!
役立つ医療を目指さないか?!

彼の知識や行動力はスゴかった
3ヶ月間も震災ボランティアをし
医師会や厚生省に医療体制の
不備と改善を訴え続けた。

医者としてできる事は
たくさんあるだろう?!
しかし検査技師として何が
できるか?疑問だった。

友人の医師の指導の下
習った生化学や遺伝子学を
話すようになった。

人に解りやすく
しかも友人に伝えられるように
話すのは難しかった
でも、人の気持ちを
理解することの大切さを学んだ
今の医療に一番欠けている事
と強く感じた。


やがて一人の糖尿病患者と
親しくなった。
彼に今までの知識から
自分でできる改善法
 (セルフ治療)を伝えた。
すると徐々にデータが良くなった。

毎月、診察や検査のために
通っていたのが
二年後には半年に一回
5年後に定期健診だけとなった

彼の家庭は奥様もお子さんも
糖尿病だったので指導した
しかしながらお二人には
改善傾向は見られなかった
指導が間違っているのでは?
と悩んだが
改善するための努力を
されなかったのが原因だった

その後は、察して当然のごとく
投薬と糖質制限、透析を
受けていくことになる。

この経験から
「9割の病気は自分で治せる!!」
と実感しアドバイスをした。

すると驚くべきことに
指導を実施された方々は
見事に改善していったのです
例えば
糖尿病・高血圧・アレルギー
癌・白血病・鬱・貧血
肝,腎,甲状腺機能障害など

ただ勘違いしないで欲しいのは
自分でする事だけを
指導したのではありません。

自分が治るため医師の力を
最大限に引き出すことも
重要な事と話した

やがて高齢の女性と知合った
3年前に乳がんを全摘し
毎月2回抗がん剤治療
をされていた。

抗がん剤を使われている
理由をお聞きすると
「再発防止のため」
と答えられた。

しかし治療方針に疑問を感じ
他の病院で
セカンドオピニオンを勧めた

別れ際に
「病院に来るほど無駄な時間は
  ありませんから」
と言うと
「そうですね!
  人生は大切ですね。
  健康は幸せの基ですね」
と答えられたのです。

これをきっかけに病院を
辞める決断ができた。

3年が経った今
全国でセミナー講師に
招かれるようになった。
そして同じ価値観の
友人が増え加速が
付いてきた感じがする


これからの医療は
たくさんの費用が必要になり
患者は増加し複雑化
するでしょう!!

生活習慣病に属する疾患は
いずれ「自己責任病」と
言われるかも知れません
要するに全て自費に
なるかも知れません
その時慌てても
もうすでに遅し!!です

今から人生を
楽しく過ごすため
素敵な時間にするため
幸せで豊かな生活のため
愉快な仲間と過ごすため
夢を実現するために
健全な心と身体が必要なのです

これを伝えるのが私の人生の
一部があるように思えています。
あなたの人生の役割は何ですか?
私と共に実行しませんか?!!


追伸
あなたの素敵な人生のために

追追伸
最後までお読みくださり
 ありがとうございます!!

この記事を書いたプロ

サプリメントアドバイザー 加藤 晴之 [ホームページ]

講師 加藤晴之

兵庫県篠山市池上277-32 [地図]
TEL:080-4297-9291

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

8

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
わかりやすい話が人気の加藤晴之さん

全国でオプティマルヘルス(最高の健康)を説く伝道師(1/3)

 国立病院で32年にわたり臨床検査技師を務めた篠山市の加藤晴之さん。退職後は現場で培った経験と知識を生かし、サプリメントアドバイザー、オプティマルヘルスセミナー講師として全国を駆け回っています。「オプティマルヘルスとは“最高・最善の健康状態...

加藤晴之プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

あなたに合った最善の健康を実現するベストヘルスパートナー

屋号 : サプリメントアドバイザー 加藤 晴之
住所 : 兵庫県篠山市池上277-32 [地図]
TEL : 080-4297-9291

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-4297-9291

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

加藤晴之(かとうはるゆき)

サプリメントアドバイザー 加藤 晴之

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
篠山早朝散歩&朝カフェ 特別篇 京都天引地区
イメージ

こんにちは丹波・篠山・関西を拠点にするベストヘルスパートナー加藤 晴之です。加古川のカフェから...

[ ブログ ]

高松セミナー&東赤石山
イメージ

こんにちは丹波・篠山・関西を拠点にするベストヘルスパートナー加藤 晴之です。篠山から 先日、...

[ ブログ ]

電子書籍 食べ物があなたを作っている!
イメージ

こんにちは丹波・篠山・関西を拠点にするベストヘルスパートナー加藤 晴之です倉敷市のカフェから先...

[ ブログ ]

食べ物があなたを作る
イメージ

こんばんは丹波・篠山・関西を拠点にするベストヘルスパートナー加藤 晴之です。篠山市か...

[ あなたに合った最善の健康 ]

本当の医療って何だ!!
イメージ

おはようございます丹波・篠山・関西を拠点にするベストヘルスパートナー加藤 晴之です篠山市から...

[ 講演会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ