コラム一覧 :こころの問題

1件~15件(25件)

過去の15件

ディスレキシア(難読症)の少年がマジシャンに!コミック「ファンタジウム」

イメージ

最近知って、今読んでいるコミックがこれマジシャンとして天性の才能を持ちながら、何ものにも縛られることなく自由に生きる少年・長見良(ながみ・りょう)を巡るストーリーですが、実は良少年には一つだけ本人を悩ませる問題があったのです。それは、字が読めない「難読症」と呼ばれる障... 続きを読む

こころの問題

2016-11-26

こころの問題<23> 適切な「仮面」をつけられないのもやっぱり困る

イメージ

さて今回は適切な「仮面」をつけられない場合。要するに「社会の中での自分」を上手く操れずに、「素顔の自分」でしかいられない人のことです。これまでも説明してきたように「素顔」と「仮面」は、卵の中の「黄身と殻」の関係のように相互関係にあります。黄身は殻なしには外からの衝撃には耐え... 続きを読む

こころの問題

2015-12-28

こころの問題<22> 「素顔」と仮面の間が開きすぎると「影」が忍び込みやすい

イメージ

前回は「本当の自分」と「社会の中での自分」の関係を「卵の黄身と殻の関係」や「ホンネとタテマエの関係」や「素顔と仮面の関係」に例えてお話ししました。特に最初に取り上げたのは「素顔と仮面がピッタリ張り付いて剥がせなくなっている」ような場合の問題点です。それに比べ、今回は「素顔... 続きを読む

こころの問題

2015-12-24

こころの問題<21> 「素顔」に「仮面」が張り付くと「息苦しくなる」

イメージ

さて前回は心の中における「本当の自分」と社会の中における「社会の中での自分」とのギャップを、卵のたとえ話で説明しました。生卵は、外からの衝撃を防ぐ殻によって守られることで中の黄身が成長できるわけです。しかし時と場合によっては、中心となる黄身と外側の殻の間に大きなギャップができ... 続きを読む

こころの問題

2015-12-19

こころの問題<20> 「本当の自分」と「社会の中での自分」のギャップについて -1-

イメージ

さて前回は「2つのアイデンティティ」ということで、自分というまとまりとしての「自己同一性」、社会の中での自分の立場としての「社会的自我同一性」について述べました。この二つの感覚はひとことで言えば「本当の自分」と「社会の中での自分」ということができるように思います。私自身を... 続きを読む

こころの問題

2015-12-14

こころの問題<19>  2種類のアイデンティティとは?

イメージ

さて前回は思春期から青年期に向かって、社会の中で自分はどんな役割を果たすべきか、という「社会的アイデンティティ」について述べました。これは社会の一員として自分の居場所や立場を確保するためにはどうしても必要な作業です。しかしその前にもう一つのアイデンティティについて私の考え... 続きを読む

こころの問題

2015-12-09

こころの問題<18> 「アイデンティティ」

イメージ

さて、前回までの話の中で、「私たち仲良しグループ、仲間よね」的なチャムシップという絆から、次第に一人一人の違い、個性によってチャムシップよりももう少し深い関係性:ピア・シップへと人間関係のあり方が変化・成長していくことをお話ししました。一人の人間としての個性と言うものがは... 続きを読む

こころの問題

2015-11-30

こころの問題<17>「チャム」から「ピア」へ

イメージ

さて前回は、、アメリカのサリヴァンという精神科医は「チャムシップ」と呼んだ思春期に入った子どもたちの同年代での関わりを取り上げました。簡単に言えば「私たち」感覚とでも言うか、「私たちは仲良し仲間」「私たちは同じよね」という感覚で、親から自立していく時の孤独を慰め合う、共有し合... 続きを読む

こころの問題

2015-11-22

こころの問題<16>私たちは仲間よね、同じよね? 「チャムシップ」

イメージ

さて、前回は思春期の子どもたちが自立を目指すこころの背景には孤独がある、ということを説明しました。そしてその孤独を同年代の仲間との触れ合いの中で、お互いに慰め合い、励まし合っているのだとも。このような思春期に入った子どもたちの同年代での関わりを、アメリカのサリヴァンという... 続きを読む

こころの問題

2015-11-12

こころの問題<15> 自立の裏には必ず孤独がある

イメージ

さて前回までは、少し回り道ながら、親の側から見る父性・母性の引力について説明してきました。思春期を迎えた子どもたちの自立していく様子を、地球を飛び立つロケットを例にしてお話するならば、ロケットは、宇宙の無重力状態の自由な状態にたどり着くまでに、どうしても地球の引力圏を突破... 続きを読む

こころの問題

2015-11-06

こころの問題<14> 「母性と父性」

イメージ

さて、これまで「父なる天」「母なる大地」と言うような抽象的で、象徴的な表現を使ってきましたが、これは一般的な言葉に直せば「父性」「母性」ということになるでしょう。「父性」は現実の社会を高みから俯瞰して、「生きていく道筋や方向性」を示してくれます。そして「母性」は逆に人の足元を... 続きを読む

こころの問題

2015-10-26

心の問題<14> 「父なる天・母なる大地」の否定的な側面とは

イメージ

「父なる天」「母なる大地」この二つの軸によって、人間は自分の世界を開き作り上げることができます。混沌の幼児期を抜け、天に光輝く太陽によって無意識の暗闇に清明なる意識がもたらされます。更に、その光に包まれて、自然世界では母なる大地に育まれた植物等の生命が芽吹き、改めて輝く太... 続きを読む

こころの問題

2015-10-23

こころの問題<13> 「母なる大地」-1-

イメージ

さて、前回は子どもに対して、方向性や価値観を示す存在としての「父なる天(神)」について説明しました。今回はその対極にある「母なる大地」について。「母なる大地」というのは良く使われる言葉ですね。植物を始め、動物や鉱物までがその懐に抱かれて、新たな生を産み出すとともに逃れられ... 続きを読む

こころの問題

2015-10-14

こころの問題<12> 「父なる天(神)」

イメージ

さて、前回は思春期を迎えた子どもたちが、自立のためのロケットのエネルギーに点火して、「父なる天」から発して「母なる大地」に縛り付けようという引力に戦いを挑む様子を説明しました。この「父なる天(神)」「母なる大地」という象徴的な表現についてはもうちょっと説明が必要かもしれま... 続きを読む

こころの問題

2015-10-04

こころの問題<11> 闘いへのいざない、それが「思春期」

イメージ

前回、思春期の子どもたちが大人や親に反抗する「勢い」が、たとえて言えばロケットが発射されるときのジェット噴射のような役割を果たしている、と書きました。つまり、ロケット自体は自分の重さを考えれば、到底自力で空へ飛び立つことはできないことを知ってはいるのですが、燃料に点火して一... 続きを読む

こころの問題

2015-09-26

1件~15件(25件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ