コラム一覧 :こころの散歩道

1件~15件(67件)

過去の15件

脊髄損傷で車いすになった男性を愛するということ・コミック「パーフェクト・ワールド」

イメージ

今日紹介するのは、このコミック。あらすじは、簡単に言うとインテリア会社に就職した川奈つぐみは建築会社との飲み会で、高校の時の同級生であり初恋の人・鮎川 樹(いつき)と再会します。昔の思い出がよみがえり、つぐみは樹にトキメキを覚えるのですが、彼は車いすに乗る障害者になって... 続きを読む

こころの散歩道

2016-12-04

仲良きことは美しきかな、ってことは、こんな間柄でも言えるんだ!

幸せのホルモン、オキシトシン。その効果は癒しと安らぎです。あなたのオキシトシン分泌をお手伝いする動画の数々。これを見て幸せと安らぎにに浸って下さい。ホント、可愛いですよ!さて、久しぶりのオキシトシン分泌促進動画はこれです。おぉ~こんな仲間たちもいるんだ!?これまた... 続きを読む

こころの散歩道

2016-11-17

「つかず離れず さりげなく」 

「つかず 離れず さりげなく」このフレーズはずっと以前から私の中では大切にしているフレーズの一つです。今回はそのフレーズについてちょっと考えてみます。小さな子どもを見ていると、何で素直にあれほど感情が出せるのだろうと、ちょっとうらやましくなる時があります。自分の思うように... 続きを読む

こころの散歩道

2016-09-29

キレル姿に切なさを感じてしまう・・・・実録コミックエッセイ「キレる私をやめたい」

イメージ

今日紹介したい本はこれですこの本は著者の田房永子さんの実際の体験をコミック・エッセイとして描かれたものです。最初のコマには「自分で言うのもナンですが、私は普段はとっても温和な女なんですよ」と自己紹介されています。「腰は低いし、人に起こったりシマセン、遅刻されても平気だ... 続きを読む

こころの散歩道

2016-09-20

あふれ出るこころのエネルギーが「からだの不調」として表される時

イメージ

さて心のエネルギーが沸騰してあふれ出んばかりになった時に、人はそのエネルギーを他の誰かや他の何かにぶつけることで行動で処理すること、そしてそれは必ずしも自分で能動的に行う(陽性の行動化)だけでなく、他の人を巻き込んで他の人に肩代わりさせる(陰性の行動化)こともありうる、と言う... 続きを読む

こころの散歩道

2016-07-30

どっちが扱いやすい?「向かってくる反抗」と「何もしない反抗」

さて前回のコラムでは、「自分の中に納まりきれないあふれる心理的エネルギーを、まず行動としてを自分以外の物や他者にぶつける」と書きましたが、この行動については大きく分けて2種類あるように思います。一つは問題行動や暴力などのわかりやすい攻撃的な行動。これを仮に「陽性の行動化」と呼... 続きを読む

こころの散歩道

2016-07-26

もやもやした不調を解消するには?「行動・からだ・イメージ・ことば」

イメージ

様々な方とお会いしていると、いろいろと気づかされることがあります。その一つが「行動・からだ・イメージ・ことば」の関連性。 たいていの問題は、特に子供の場合は行動面での問題に端を発しますね。たとえば学校に行きたがらない、とか、暴れだして困るとか。そういう時には、周囲が「なぜそ... 続きを読む

こころの散歩道

2016-07-22

音に色を感じたり、味に形を感じる? 驚くべき感覚、それが「共感覚」

イメージ

共感覚と言うのを御存知でしょうか?ギリシャ語で、シネスシージア(Syn-es-the-sia)と言うらしいですね。Synは「共に」、aisthesisは「感覚」で、synesthesiaは「一緒に感じる」と言う意味だそうです。つまりいろいろな感覚が一緒に想起してしまい、たとえば音に色を感じたり、触覚を感じたり、味... 続きを読む

こころの散歩道

2016-07-14

「人を信じる」ということ

イメージ

「人を信じる」ということ。最近いろいろな人からお話を伺う中で、よく耳にする言葉に「私は人を信じることができない」と言う言葉があります。「人を信じる」ってどういうことだろう?子どもがよく高いところに登ってしまって、 怖くなって自分の力で降りることができなくなってしまうことがあ... 続きを読む

こころの散歩道

2016-06-29

カウンセリングと自己回復力

イメージ

今日は「自己回復力」と言うことについて考えてみたいと思います。人間には、意識が一面的になりすぎた時、それを補償する無意識の働きがあると言うことを言ったのは心理学者のユングさんでした。逆に無意識が動きすぎた時、意識がそのバランスを取って自分自身に対する自覚をもたらしてくれるとも... 続きを読む

こころの散歩道

2016-06-22

物語を生きる、ファンタジーの世界で生まれ変わる

イメージ

「物語」と言われて、皆さんはどういうことを思い浮かべますか?日本昔話やハリーポッターのようなファンタジーを思い浮かべるかもしれませんね。でも、そういう作品としての物語だけではなく、私たちが生きるということ自体がそれぞれの物語を作り出すことなのかもしれません。たとえば身近なとこ... 続きを読む

こころの散歩道

2016-06-21

みんなで「障碍者差別の闇」に光を当てる勇気を持ちましょう

障碍者差別の実態はまだまだ闇の中なのかもしれません。そう思い知らされたのは、今日ニュースで知った事実。障害者施設で:女性入所者を20年間閉じ込めた記事う~ん、なんとも言えない思いです。私も長年障害児者とのかかわりの中で、色々な体験と思いを感じてきましたが、一番怖いのは「障... 続きを読む

こころの散歩道

2016-06-15

堂々とホラを吹け!大丈夫、頭良さそうに見えるから!

ゼヒ明日から、いや今日から見習いたい「中身がなくても、あるように見せるコツ」!要は堂々と、ホラを吹け!ということでしょうか、ね。ま、そんなことならいつもやっているのですが、やっぱり一流のホラ吹きは、上手いもんだ!!感心しました。ここまで行くと、一種の技術と言うか、アー... 続きを読む

こころの散歩道

2016-06-06

自分に自信を持とう!と気づかせてくれる動画がこれ!

「自己概念」という言葉があります。簡単に言うと、「自分で自分のことをどういう人間だと思っているか」ということです。そして、人間というのは、その自己概念を維持するように行動する、ということも言われています。つまり「自分はダメな人間だ」と思い込むと、わざわざ(無意識ですが)失敗を... 続きを読む

こころの散歩道

2016-05-24

「好きな子に告白する言葉を教えて」に永六輔さんのこんな素敵な回答を!

最近ちょっと暗いニュースや悲しい事件が多いので、今日はこんな素敵なお話しを。もう番組は終わってしまいましたが、かの有名な「全国こども電話相談室」で(サイトはこちら)「好きな子に告白する言葉を教えて」という小学校6年生の女の子の質問に、放送タレントの永六輔さんがこんな素敵な回答を... 続きを読む

こころの散歩道

2016-05-23

1件~15件(67件)

過去の15件

RSS
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ