コラム

 公開日: 2018-06-27 

シンボリズムの森 ⑧ 「雨」

さて前回まで「水」についてあれこれとまとめてきました。今回は丁度梅雨の季節ということで「雨」を取り上げてみます。

「雨」と言えば、皆さんの中にも色々なイメージが浮かんでくるでしょう。例えばしとしと降る「涙雨」、ザーザーと降る「豪雨」、日照り続きの夏に降ってくれた「恵みの雨」などなど。これらのイメージからも私たち日本人は特に「雨」のような自然現象にかなりの思い入れをしてきたことがわかります。

例えば「涙雨」などという場合、やはり雨にはどちらかと言うと悲しみや憂いなどの気分の落ち込みを連想します。海外などでは「雨に歌えば」なんて映画もありますが、基本的に日本の場合「雨」には少し陰鬱なイメージ伴うようです。

また「豪雨」となると、最近の土砂災害も含めてかなりのストレスフルな状況を思い浮べます。ゲリラ豪雨ともなるとかなりの破壊力もありそうで、人力の及ばない自然の脅威を連想しますね。そういう陰鬱な状況やストレスフルな状況のに耐えて「傘」をさすという行為は、他人のストレス耐性や鬱屈した状況に耐える自尊心みたいなものも連想します。

しかし恵みの雨となるとこれはまた全然違います。昔から「雨乞いの儀式」などがあるように、こういう場合の雨は「神様の恵み」なのです。植物も枯れ果てそうなぐらいの飢饉に追い込まれた時に、神に祈りをささげることで恵みの雨が降り、また植物が生き生きと蘇り、収穫に結びつく。こういう出来事は、「雨」を通して神様とのつながりを実感させてくれる象徴的な出来事だったのです。



「トポフィリア(場所への愛)」というタイトルの著作で「人は環境をどう生きてきたか」について論じたイーフ・トゥーアンという方は、「雨」を含む水循環の自然現象について大変面白いことをおっしゃっています。

 簡単に説明すると、昔は例えば地上の水が蒸気となって天へと上る垂直の上昇プロセスを魂が神の世界に上昇する様子に重ね、逆に天から雨となって神の恩寵が地上に降臨する様子に重ねて象徴的な理解をされていたようです。

 しかし近世に入り、科学技術の進歩とともに、地上ー天上という垂直の軸から、海から蒸発する水蒸気が雲となって陸地へ流れ、それが雨となって地上に降り注ぎ、川の水や地下水となって再び海へと流れこむという、水平の軸をくわえた「水の循環プロセス」として科学的な理解に代わってきたと言います。

つまり近世以前の世界では、雨や雷、あるいは木が地上から芽を出し天へ向かって伸びる姿をなどに共通する「天と地を結ぶ垂直軸」は人間と神を直接的に結びつける軸だったのです。それが科学技術が進むにつれ、神の世界との結びつきよりも、「人間の世界=水平に広がる世界」の存在が存在感を増してきたと、トゥーアンさんは指摘しています。

「雨」の話から、かなり脱線してしまいましたが、昔の人間は様々な自然現象を何とか説明するために「神」というものを利用したのでしょうね。「神」とは何か、なんて難しい話はする気はありませんが、たかが雨一つにしてもそこまで想像力を広げる人間の「物語(ものがた)る力」に驚かされますね。

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑫ 塔
イメージ

今日の象徴は「塔」をとりあげます。いきなり「塔」を取り上げると言われた、なんでや?と思われた方もいらっし...

[ シンボリズムの森 ]

JIJICOに最新記事をアップ! 「ネガティブな感情で自暴自棄にならないための3つの対処法」

突然、人ごみや電車の中で無差別に切りつけたり一方的な恨みで襲いかかる等、動機や背景の理解に苦しむ、まるで自...

[ JIJICO ]

シンボリズムの森 ⑪  水平のシンボリズム
イメージ

さて前回までは「上方ー下方」の方向性の持つ象徴的意味についてつらつらと書いてきましたが、今回は「水平の広が...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑩  (上から)「下」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

さて前回は「上へ」と向かう垂直方向のシンボリズムとして、理想や目的へと向かう精神性の意味があるということを...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑨ 「上」へと向かう垂直軸のシンボリズム
イメージ

まずこの写真をご覧ください。曇天から差し込む陽光の「神々しさ」を感じられることでしょう。科学的に...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ