コラム

 公開日: 2017-09-30  最終更新日: 2017-10-01

思春期の子どもたちへの関わり方~できれば避けたい「3つのS」~

久しぶりのコラムです。前回からかなり間が空いてしまいました。
こういうコラム執筆は、ある意味習慣化してしまえば次から次から書く内容もひねり出せるのですが、一度途切れてしまうと、これがなかなか難しい。勢いで書き続けている時のエネルギー消費量と、休筆していて「ヨッコラショ」と再び動きだす時のエネルギー量を比べれば比べ物にならないぐらい後者が甚大なものです。

さてグダグダ言うよりも今日久しぶりに書いてみるか、と思い立ったのはやはり日々の活動の中からこころに湧き上がってきたことです。最近は学校や社会で身動き取れなくなって苦しんでいるご家族とお会いすることが多くなりました。その時にお話をお聞きする中で良く耳にする「あぁ~これはまずいよな、これを言われると子どもたちは反論できないよな」と思うパターンをまとめてみました。

もっともこれはご家族としては子どもたちのことを真剣に思って発せられる言葉なので、ご家族を責めるわけにはいきません。私自身、同じような言葉をこれまで何度なく使ってきたと自戒の意味を込めて紹介します。

それは頭文字をとって「3つのS」、つまり「正論・説教・叱咤激励」のことです。これは思い当たる方も沢山いらっしゃるでしょう。

「正論」と言えば「世の中の常識」や「筋道通った考え方」のことです。しかしこれがなかなか手ごわい。何より「正論」を言われれば反論しようがなくなります。思春期の仕事は反抗ですから、正論で来られると逃げ道がなくなります。「正論も休み休み言え」っと言うところですね。

そして「正論」の次に来るのが「説教・説得」。正論が正しいことは間違いないのですから、それを振りかざして説得や説教をされるとますます逃げ道がなくなります。しかも困ったことに「正論」や「説得」は子どもたち自身十分に理解していて自分自身を一生懸命説得しよう、納得させようと努力した結果「それでも嫌なものは嫌」と理屈抜きの感情に至ったわけです。ですから「痛いところ突かれ」て「傷口に塩を摺り」こまれたような自己嫌悪に落ちるわけです。

そして極めつけは「叱咤激励」。これは言うまでもなく、本人の気持ちよりも「頑張ってほしい」「乗り越えてほしい」という家族の気持ちを表している言葉ですから、本人にとってはますます追い込まれて、場合によっては「窮鼠、ネコを噛む」と言う結果になることも・・・。

とは言え真面目で一生懸命子どものことを案じるご家族であればあるほど、陥りやすいこのパターン。なかなか修正できない苦しみは面接を通じて痛いほど伝わってきます。

「3つのSは子どもにとって害がある、だから普段から意識して口にしないようにしましょう。さぁお母さん、がんばっていきましょう!」などと言われたら「そんなことわかっているわ!だけどできないから困っているんじゃないの!!」と思いたくもなりますよね。  ん?それってどこかのだれかの気持ちと全く同じ気持ちなのかも・・・。

頭ではわかっていても、実際にはなかなか簡単にできるものではない。
ではどうすればよいのか、一人で考えても堂々巡りでますます困ってしまう。

残念ながら私も「こうすればよい!」という特効薬は持ち合わせていません。
ですか、ご家族と一緒に困って、考えて、嘆きながら、
とりあえず親も子も、ご自身で自立していけるようになるまで、支える支柱になる営みが面接場面なのだろうと今は思っています。

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井
□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人は「物語」によって、辛い「現実」を自分なりに受け入れるのだ・・・映画「怪物はささやく」

大変興味をもちながらも、いろいろ忙しくて時間が合わずに見に行けなかった映画「怪物はささやく」。ようやっと先...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ