コラム

 公開日: 2017-01-26 

荒野を目指した青年が悟ったものは・・・「イン・トゥー・ザ・ワイルド」

今回みたDVDはこれ



「青年は荒野を目指す」というのは五木寛之さんの名作のタイトルですが、心の中で噴き出すように湧き起ってくる自立へのエネルギーに突き動かされる思春期や青年期の若者の姿が目に浮かんできます。この作品は実話をもとに名優のシーョン・ペンが監督をした作品で、まさしく「荒野」を目指して一人旅に出た青年の姿を見事に描いています。

「自立へのエネルギー」と言いましたが、少年少女の時期は親や大人の価値観を学び、社会に適応することが目の前のテーマです。しかし思春期を迎え青年期に入ると、親や大人の価値観や社会に息苦しさを感じ始めます。この映画の主人公クリスも大学までは何とか親の期待に沿った生き方をしてきましたが、ふつふつと湧き起る「自分らしい生き方」への衝動は抑えようもなく、一人で大人の社会や文化から離れて、文字通りの「荒野」へと一人で放浪の旅に出たのでした。

親に敷かれたレールから離れ、まだ未開の荒野の中に一人分け入って、自分の足で自分の道を切り開いていくクリス。しかしそれはあまりにも無計画で現実的な行動ではありませんでした。目指すところは「アラスカ」。未開の地へ分け入って、陳腐で無意味な都会での生活から縁を切る。そして一人で自分らしい人生を送ることが彼にとっての究極の生きる目的だったのです。

クリスの突き動かされるような姿に私も自分の若いころの事を思い出しながら見ていたのですが、彼のようにあまりにも繊細で傷つきやすく純粋に物事を考える若者は時として現実の世界に戻ってこれないことがあります。ギリシア神話に「イカロスの翼」という話があります。イカロスは蝋で固めた翼によって自由自在に飛翔する能力を得るのですが、自由自在に空を飛べることで自らを過信し、太陽にも到達できるという傲慢さから、「太陽に接近し過ぎてはいけない」という父の忠告を無視してしまいます。その結果イカロスは太陽に接近し過ぎたことで翼が溶けてなくなり、墜落して死を迎えてしまいました。

夢や希望に燃えて自分自身を信じるあまり、天まで舞い上がるのは仕方がないですが、その結果大地という人間の生きる現実の世界へ無事戻ってこれなければ、身を滅ぼしてしまいます。「自分は能力がある」「何でもやればできるはずだ」という自信は大切ですが、人間は天の上にすむ神様ではありません。引力に縛られて地に足をつけざるを得ない存在です。つまり高い理想や夢を現実に結び付けることが大切なのです。

主人公クリスもやっとそのことに気づき「幸せを現実にするのは、それを誰かと分かち合うときだ」ということを悟って家族のもとへと戻ろうとしたときには、もう遅かったのでした。これがフィクションではなく実話に基づいた作品であるだけに、大変胸に訴えかける物語でした。

興味のある方はゼヒ!

◇◆◇ この映画も見てみたい  ◇◆◇
映画「明日、君がいない」:若者のリアルな姿を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51645/
映画「少年は残酷な弓を射る」:少年はどうしてこんな残虐な行為をしたのだろう?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51890/
アニメ映画「Colorful(カラフル)」:思春期の少年が人と自分を信じられるようになるまで
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51903/
あやしうこそものぐるほしけれ 映画 「17歳のカルテ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52565/
映画「デタッチメント 優しい無関心」:みんなが誰かの助けを求めている
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52294/
映画「精神科医ヘンリーカーターの憂鬱」:精神科医は自分を治療できるのか?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52105/
映画「パパが遺した物語」:大切な人を失った心の空洞
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53383/
映画「博士と彼女のセオリー」:一人の人間、ホーキング博士を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53089/
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52937/
映画「奇跡の2000マイル」:人生の砂漠を歩く女性の生き様
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52931/


うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
あなたは悪くない
イメージ

あなたは悪くない。あなたのせいではない。あの人を救えなかった、変えられなかったのは、あなたの努力不足だ...

[ こころの散歩道 ]

中高生の自殺が平成に入って最多に。私に、そしてあなたに何ができるか?
イメージ

自殺総数が8年連続で減少する中、中高生の自殺が平成に入って最多になったというショッキングな統計が厚生労働省か...

[ JIJICO ]

私は悪くない
イメージ

親は子供に自分がかなえられなかった夢を託すものだ。自分がダメな人間だと思えば思うほど、その反対のイメージを...

[ こころの散歩道 ]

大切なことは絵本から学んだ<133> 私たちはどこからきてどこへ向かうのか 「みち」
イメージ

今回取り上げる絵本は阿部海太さんの「みち」タイトルと表紙の絵を観るだけで、この絵本が伝わってくるよ...

[ 大切なことは絵本から学んだ ]

ちょっといい言葉 47 ゲシュタルトセラピーの創始者パールズの人生の言葉
イメージ

 ゲシュタルトの祈り 「私は私のことをなし、 あなたはあなたのことをなす   私がこの世にあって生き...

[ ちょっといい言葉 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ