コラム

 公開日: 2016-10-14 

統合失調症の男性との交流を描いた映画「路上のソリスト」

今回見た作品はこれ



あるコラムニストがふとしたきっかけから、路上で暮らすホームレスの男性が弾くバイオリンの音に興味を持ちます。そのバイオリンはお世辞にもきれいなものとは言えず、弦も2弦しかありません。それでも男性は繰り返し、同じフレーズを引き続けるのでした。コラムニストの名はスティーヴ・ロペス、そしてホームレスの音楽家ナサニエル・エアーズと言い、実在の人物でストーリー自体も実話です。

この路上の演奏者エアーズさんは、実は音楽の名門ジュリアード音楽院に在籍したことがあるチェロ演奏者なのでした。しかし彼は在学中に統合失調症を発症し、幻聴や妄想に悩まされるようになり、演奏どころではなくなりました。そして、残念がら退学。その後はホームレスになっていたのでした。そんな彼に興味を覚えたロペスは、彼の生い立ちを記事に連載する事にします。するとしばらくして、ナサニエルに同情した読者から、彼宛てにチェロが届きます。ロペスはそれを餌にナサニエルを「更生」させようとするのですが・・・。

このお話はナサニエル・エアーズさんの半生を描くとともに、実は路上生活者の中に一定の割合でいるはずの統合失調症の患者さんや薬物依存、その他の精神的疾患の方々についてありのままに近い形で描いてくれています。ロペスさんはこのエアーズさんを音楽の力で「救おう」と努力を重ねるのですが、それがエアーズさんご本人の希望に基づいたものかどうか、振り返る余裕がなかったのでした。こういう場合の「愛情」や「親切」は往々にして「おせっかい」や「同情」につながってしまいます。そしてその裏返しとして「俺がこれだけお前のことを思ってやっているのに、ぜんぜんわかっていないじゃないか!」という「怒り」につながります。

二人の関係はその通りの展開を見せ、ギクシャクして破たんしそうになるのです。これは映画だけの話ではありません。私たちも往々にして陥りがちな罠なのです。本当に相手のことを考えているのなら、何よりまず相手の気持ちを確認・優先すべきでしょう。「何とか相手のために」が実は「自分の思い入れ」であり相手にとっては「良い迷惑」であることもしばしば。難しい問題です。「福祉」に携わる者にとっての「影」とでもいうべき問題です。

先日起きた横浜での「障害者殺害事件」でも、犯人は最初は「障害者のために」という思いがあったと聞きました。しかしそれは本当にそうだったのでしょうか。施す側の「善意」が、受け取る側に「感謝」されない時、いや、もともと「施す」とか「受け取る」という考え方こそがすべての発端なのでしょう。映画のクライマックスでも触れられていましたが、「困った時にそばにいる友人」であることの大切さと、そうあることのむずかしさを思い知らせてくれた作品でした。
興味のある方はゼヒ!

◇◆◇ こころを震わすこの映画! ◇◆◇
多様な生き方に理解を!映画「パレードにようこそ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51524/
映画「こぼれる月」:強迫性障害とパニック障害の苦しみをリアルにを描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51769/
映画「サンドラの週末」:「うつ病」からの職場復帰の厳しさと回復への道
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51864/
映画「アリスのままで」:若年性アルツハイマー病に侵された大学教授の闘い
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51907/
映画「明日、君がいない」:若者のリアルな姿を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51645/
映画「セブン・サイコパス」:やれやれ、まともなのは俺だけだ、と思っているサイコパスの話
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52407/
映画「エレファント・ソング」:助けて・・・・僕は誰からも愛されてこなかった・・・
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52288/
映画「マーサ、あるいはマーシーメイ」:マインドコントロールから抜け出す苦しみ
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52112/
「hikikomori」を描いたドキュメンタリー映画を紹介します。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52107/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ