コラム

 公開日: 2016-10-10 

大切なことは絵本から・・<144 > 世界につながりを持ちながら自分の世界を持とう「ちいさな島」

“おおきな海のなかに ちいさな島があった”

ちいさな島

誰も住んでいないちいさな島。鳥たちやさかなが穏やかに身を寄せ、春になるとちいさな草花やさまざまな花を咲かせてくれます。そこでは季節と時の移り変わりとともに、ロブスターやアザラシ、カワセミなど様々な生き物が脱皮をし、巣を作り、子育てをしているのでした。本当に穏やかですべての行けとし生けるものが自然のままに過ごしている島。

そこへ人間の家族と一匹の猫がよっとで立ち寄ったのです。
“なんて ちっぽけなところだ。 海が とてつもなく大きいように この島はとてつもなくちいさい”確かにそうかもしれません。海の広さに比べれば、水面から顔を出している島の陸地は確かにちっぽけなところです。しかしその島の近くの海に住む魚たちは、この島が実は海の底の底では世界と陸続きになっていることを知っていたのです。

実は人間もこの島と同じなのを御存知でしょうか?一人一人はそれぞれ違う個性を持ち、それぞれの人生を送っているように思ていますが、よく振り返ってみるとすべての人間はみんなつながっているのです。

例えば生まれた時は誰であっても一人で生きていくことはできません。誰かに育ててもらう必要があります。やがて成長すると今度は自分一人で行動したくなります。人間で言えば思春期の自立の時期でしょうか。そして青年期になると今度は異性に関心が湧き、一緒に身を寄せたくなってきます。そして子どもが生まれると、今度は親としての子育てに励みます。やがて子育てが一段落し、中年期を迎えるとこれまでの親としての役割から離れ残りの人生をどう生きるか、自分自身と向き合わざるを得なくなるのです。そして最後は如何に生を終えるかが、最後のテーマに・・・。

こういう人生のテーマに関しては、具体的な様子が違っていてもほとんどの人に共通するプロセスなのです。一匹一匹は個体としてさまざまな蜂ですが、群れを成すと手段としての秩序を産み出し大きな蜂の巣を作ることができるように、それぞれは個別であっても、広く見つめれば集団としての同じ生き方を全うして生を終えるのです。それが「自然」なのですね。私たちは自分の人生を生きながら、一方では人として同じ生き方を繰り返しているのです。

“よるがきて すぎていった  / 夏と冬  / 太陽とかぜ  /  そして あめも。 / ちいさい島でいることは / すばらしい / 世界につながりながら  /  じぶんの世界をもち  / かがやくあおい海に かこまれて  ”

なんて不思議で、なんてすばらしい!

◇◆◇  大切なことは絵本から学んだ ◇◆◇
大切なことは絵本から学んだ 26  ドンマイ、ドンマイ!! 「おひさま あはは」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/47001/
大切なことは絵本から学んだ㉔ どうみても立派な人になるわけです! 「みんながおしえてくれました」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/46847/
大切なことは絵本から学んだ ⑯ 「いけちゃんとぼく」西原理恵子
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/45355/
大切なことは絵本から学んだ<97> 「わたし、ぜんぜん かわいくない」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52293/
大切なことは絵本から学んだ<95> 「ちっちゃなサリーはみていたよ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52103/
大切なことは絵本から学んだ 32 「心をビンに閉じ込めて」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/48273/
大切なことは絵本から学んだ 33 泣いたっていいんだよ 「ちいさな しんぱい」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/48335/
大切なことは絵本から学んだ 34 いじめられてるわたしと 「ボロ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/48488/
大切なことは絵本から学んだ ⑲ わたしはできる!!「わたしは とべる」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/45832/
大切なことは絵本から学んだ ㉓ 父親と娘のビミョーな関係「パパとわたし」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/46483/
大切なことは絵本から学んだ<49> 素敵な大人の絵本「森へ行く」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50641/
大切なことは絵本から学んだ<104> 「バスをおりたら」そこは見たことのない風景だった
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53172/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ