コラム

 公開日: 2016-09-23 

「LGBT」とか「性別違和」と言う言葉をご存知ですか? 

「LGBT」とか「性別違和」という単語を御存知ですか?もうだいぶ広がって来てご存知の方も増えてきたと思います。念のために説明すると、LGBTとは、L・・・レズビアン(女性同性愛者)、G・・・ゲイ(男性同性愛者)、B・・・バイセクシュアル(両性愛者)、T・・・トランスジェンダー(こころと身体が一致しない人)を表す言葉です。「性別違和」とはLGBTの中でTの「トランスジェンダー」を指す言葉です。それ以外のLGBについては、恋愛や性愛の対象に関する内容であり、必ずしも本人が自分自身の性に違和感を感じているとは限りません。

考えてみれば私たちはオギャーとこの世に生まれた瞬間、あるいはそれ以前にも透視画像などでみた外性器の形によって「男の子ですよ」「女の子ですよ」と言われます。そしてそういわれた瞬間から、名前を初めとして、産着や肌着、おもちゃや服装まで男の子なら「男の子らしいもの」、女の子なら「女の子らしいもの」を周囲の大人が準備をするわけです。

つまり本人の自覚とは関係なく、外性器によって「男の文化」「女の文化」が用意され、そこに浸っているうちに「自分は男の子だ」「自分は女の子だ」という自覚が芽生えてくるわけです。ですから極端な話、おちんちんがあっても「あなたは女の子だ」と言い続けて女の子の文化にどっぷり疲らせれば「自分は女の子なんだ」という自覚を持ってしまうわけです。

つまり「おとこの」「おんなのこ」という自覚やアイデンティティは、あくまでも社会が外性器に合わせて用意した文化的体系と言うか文化的制度だということもできます。それだけに「自分は男子だと言われて来たけれど、実は女の子ではないか」と疑い始めた時の本人の驚きや苦しみや罪悪感や社会からの逸脱感や孤立感は半端じゃないでしょうね。だって、社会一般から見れば少数派の彼らについて「それはおかしい」のであり「そんなこと言う人はおかしい人だ」と言うことになってしまいますから。

トランスジェンダーと言われる「心と身体の一致しない」場合を今の精神医学では「疾患の一種」とみなして、直さなければいけない状態、つまり「治療の対象」だとしています。LGBという「恋愛や性愛の対象」に関する場合も以前は「異常」とされて「治療の対象」とされていました。しかし時代が進むにつれ、「一つの生き方である」という考え方が受け入れられてきて、疾患ではないと見なされるようになりました。きっとトランスジェンダー=性別違和の場合も将来的には社会に一つのあり方として受け入れられる時が来るでしょうね。

当事者ではなく、社会の方が変わらなければいけない時代が、もうそこまで来ているのです。

◇◆◇ こんなことでお困りではありませんか? ◇◆◇
相手との関係に困難が見られる「社会的(語用論的)コミュニケーション症」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56546/
「自閉スペクトラム症」ー対人社会性・コミュニケーションの問題ー
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56878/
「自閉スペクトラム症」-こだわりー
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56879/
実は本人も困っているんです「注意欠如多動性障害(ADHD)」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57004/
英国自閉症協会の作成した自閉症児の世界を知る動画
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56136/
知的障害があるとは言えないが、ないとも言えない子どもと親の苦しみ「はざまのコドモ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56110/
読み終わると、暖かい気持ちと思わず涙が・・・「ちーちゃんはちょっと足りない」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56111/
IQ(知能指数)だけで判断するものではない「知的能力障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56030/
いわゆる<発達障害>と言われる「神経発達症群」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55926/
いつもタメ息ばかりが出て、気力が湧きません「持続性抑うつ障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55786/
女性なら実感できるかも・・・「月経前不快気分障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55922/
<双極性障害 Ⅰ型・Ⅱ型> ~躁病エピソードとは?~
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55153/
<双極性障害> ~抑うつエピソードとは~
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55313/
「吃音」を巡るアメリカの社会実験動画「あなたなら どうする?」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55316/
父娘が躁病エピソードを語る「パパは楽しい躁うつ病」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55321/
「心が雨漏りする日には」中島らもさんの躁うつ病エピソード
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55448/
「抑うつ障害群」の中の「重篤気分調節症」について
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55612/
誰でもがなりうる可能性がある「うつ病」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55678/
<社交不安症/社交不安障害> きっと悪く言われているにちがいない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54750/
人からどう思われているかが気になって身動きできなくなったA君
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54853/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ