コラム

 公開日: 2016-09-08 

「解離性同一性障害」とは?

このテーマでは、いくつかのこころの問題について簡単な説明をしてます。もしかしたら自分が当てはまると思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、くれぐれも自己診断せずに、気になる場合は必ず信頼できる専門の医師に受診してください。私たちカウンセラーは診断はできませんが、メンタルなケアが必要な場合はお力になれるかもしれません。ご相談下さい。

さて今日取り上げるのは「解離性同一性障害」。私たちは普段、「昨日の自分」と「今日の自分」は当然同じ自分だ、とか「自分」と言うものと「自分の身体」は一体だという感覚を当然のように受け入れています。こういう連続性や一体感を「同一性」と言いますが、時としてこの同一性が揺らいでしまうことが起きることがあります。

例えば、ある出来事の記憶がすっぽり抜け落ちていたり、まるでカプセルの中にいるような感覚がして現実感がない、いつの間にか自分の知らない場所にいるなど、「今ここにいる自分」が気づかない間に「もう一人の自分がいる」と言うような状況を考えざるを得ないというようなさまざまな状態が、いわゆる「解離症状」と言われる状態です。

症状は先にあげた以外にも様々ですが、その中でもいわゆる人格そのものが複数存在する「多重人格障害」を現在では「解離性同一性障害」と名づけられるようになりました。典型的な例は複数の人格をもち、それらの人格が交代で現れます。人格同士に交流がある場合もあれば、別の人格が出現している間は全くその記憶がない場合もあり、そうなるとやはり生活上に多大な支障をきたすことが多くなります。

以前私のコラムで解離性同一性障害の実話をもとにした映画「フランキー&アリス」を取り上げました。興味がある方はこちらをどうぞ
解離性人格障害の実話の映画化がこれ 映画「フランキー&アリス

さて当事者のお話を聞かせていただくと、そういう症状が出る以前に大変つらい日々を過ごされていたことが多く、それらのつらい体験を自分から切り離そうとするために自分の身を守る一種の防衛反応だろうと言うことが伝わってきます。虐待やいじめ、性的な被害や大きな事件事故などで受けた恐怖やショックを今の自分から切り離すことで、何とか今をやり過ごしている、と言うことだと思われます。ですからできるだけ安心できる環境で話を聞いてもらったり、家族や周囲の人が病気について理解することがとても大切です。

「自分」ではない「自分」が勝手に色々な行動や問題を起こすことがあるため、以前はドラマやテレビなどで興味本位に取り扱われることが多かったようですが、そこに至るまでの大変な背景や体験に対して少しでも社会的な理解が進んでくれることを願っています。

◇◆◇ こう言うことでお困りではありませんか? ◇◆◇
<全般性不安障害>色々なことが気になって仕方がない 
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54859/
本当にこれが怖いんです <限局性恐怖症>
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54983/
<選択制緘黙> 「話さない」のではなく、「話せない」のです。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54987/
<身体症状症> 身体の不調が気になって頭から離れない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54991/
優等生で甘え下手な真面目な人に多い「適応障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/58203/
「愛着障害」のもう一つのタイプ「脱抑制型対人交流障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/58080/
<凍り付いたまなざし>と心から<人を信じられない>「反応性愛着障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/58047/
子どもと養育者の良好な絆が生まれない「愛着障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57928/
止めたいのにどうしても止められない「皮膚むしり症」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57924/
髪の毛や眉毛 まつ毛などを抜いてしまう「抜毛症」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57863/
捨てられないのか、溜め込みたいのか?「ためこみ症」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57717/
私は醜い・・・「醜形恐怖症」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57710/
こう言うことでお困りではありませんか?「強迫性障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57456/
自分ではどうしようもないもどかしさ・苦しさ「チック症群」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57185/
「不器用」という程度を越えて支障がある場合:「発達性協調運動症」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57182/
怠けているわけじゃない!LD(限局性学習症)
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57145/
実は本人も困っているんです「注意欠如多動性障害(ADHD)」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/57004/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ