コラム

 公開日: 2016-08-12 

あなたにも見てもらいたい素敵な映画です!「バルフィ、人生に唄えば」

あなたにもぜひ見てもらいたい素敵な映画があります。それは「バルフィー、人生に唄えば」。

バルフィ

写真を見てもらえばわかるようにインド映画です。主役はランビール・カプールさん。と言ってもあまり知られていないでしょうが、なかなか優男でちょっとショーン・ペンに似ているかも。ところがこのランビール・カプールさん、とても演技派で役柄は聾唖の男性、つまり聴覚障害者で言葉もあまりうまく使えません。ですが、とても愛嬌があって素直でかわいらしい。しかも大変感受性が良く、相手の気持ちを感じながら、とてもサービス精神旺盛で相手の人を虜にしてしまうようなユーモアのある男性なのです。

その演技は言葉がないので当然かもしれませんが、パントマイム中心でチャップリンやバスター・キートンのキャラクターを受け継ぎ、表情や全身を使った素敵な演技を披露してくれます。そこだけでも見ものです。こちらの気持ちがホッコリと暖かくなって行くのがわかります。

その愛嬌ある主人公バルフィに二人の女性が関わってきます。一人は冨も地位もある男性と結婚し、何不自由なく暮らしていたシュルティ。これがまた美人。ぞくぞくするような目の女優さんです。そしてもう一人は家族の愛情を受けずに育った自閉症のジルミル。ジルミルは幼い頃に養護施設に入れられて育ちますが、家族の都合で引き取られます。さらにその家族の遺産争いに巻き込まれて、さまざまな事件が起こっていくのですが、それは見てのお楽しみ。

お金の問題や身分の違いや障害の問題やら色々な問題がバルフィーとシュルティ、ジルミルを振り回しますが、その中を人と人との誠実で純粋な愛情や葛藤、嫉妬などを織り交ぜながら物語は進んでいきます。ストーリーに引き込まれながら目を離さずにいると、2時間30分があっと言う間にすぎてしまいます。

インド映画と言うと歌って踊ってのエンターテイメントを想像しますが、この作品は爽やかな人間愛の物語です。自閉症のジルミルと聴覚障害のバルフィの「言葉によらない会話」がとても素敵。気持ちを通じ合わせる、と言うことはこう言うことを言うんだ、そしてそれには言葉など必要ないのかもしれない、と実感させられて、思わず涙を流してしまいました。

それから挿入歌がこれまた素敵なのですよ。
この夏、何か素敵なDVDはないか、と探しているあなたに、ゼヒこの作品をお薦めします!
予告編はこちら




◇◆◇ 他にもこんな素敵な映画もありますよ、どうぞ! ◇◆◇
映画「アリスのままで」:若年性アルツハイマー病に侵された大学教授の闘い
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51907/
映画「明日、君がいない」:若者のリアルな姿を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51645/
映画「少年は残酷な弓を射る」:少年はどうしてこんな残虐な行為をしたのだろう?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51890/
アニメ映画「Colorful(カラフル)」:思春期の少年が人と自分を信じられるようになるまで
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51903/
あやしうこそものぐるほしけれ 映画 「17歳のカルテ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52565/
映画「デタッチメント 優しい無関心」:みんなが誰かの助けを求めている
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52294/
映画「精神科医ヘンリーカーターの憂鬱」:精神科医は自分を治療できるのか?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52105/
映画「パパが遺した物語」:大切な人を失った心の空洞
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53383/
映画「博士と彼女のセオリー」:一人の人間、ホーキング博士を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53089/
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52937/
映画「奇跡の2000マイル」:人生の砂漠を歩く女性の生き様
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52931/
映画「バイバイ、ママ」:「ママっ子男子」はアメリカでも!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52748/
映画「「クワイエット・ルームにようこそ」:おもしろうて やがて悲しき映画かな
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52739/
映画「西の魔女が死んだ」:気が付いたからには目をそらすことはできない「自分」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52560/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ