コラム

 公開日: 2016-08-02 

髪の毛や眉毛 まつ毛などを抜いてしまう「抜毛症」

「抜毛症」とは自分で髪の毛や眉毛、まつ毛などの体毛を抜いてしまうことがやめられない症状です。やめようとは思うのですが、どうしてもやってしまうので強迫性障害のカテゴリーに入れられています。小学生の高学年から高校生くらいの思春期に多くみられ、比較的女性に多く見られます。もっとも最近は成人の男性にも増えているようですね。


原因については基本的には精神的ストレスが中心だろうと言われています。イライラした気持ちを発散させるために行うと言う意味では一種「自傷行為」だと言うこともできるかもしれません。爪かみ、唇を噛む、口の中を噛むといった症状も伴う場合もあります。

時々学校などで授業中に見ていると、考え事をしている時に知らず知らずに自分の髪の毛を抜いている女子がいます。だんだん眉毛に広がったり、爪かみがひどくなってしまったり、色々なところに影響が出ているようです、かさぶたをどうしても剥がしたくなって、なかなか傷が治らないと言うような話も聞きますね。

こう言う様子を見たら、その行動をやめるように指摘するよりも、まず話を聞いてあげて下さい。

◇◆◇ こんなことで困っていませんか?◇◆◇
誰でもがなりうる可能性がある「うつ病」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55678/
<社交不安症/社交不安障害> きっと悪く言われているにちがいない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54750/
人からどう思われているかが気になって身動きできなくなったA君
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54853/
<全般性不安障害>色々なことが気になって仕方がない 
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54859/
本当にこれが怖いんです <限局性恐怖症>
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54983/
<選択制緘黙> 「話さない」のではなく、「話せない」のです。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54987/
<身体症状症> 身体の不調が気になって頭から離れない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54991/
知的障害があるとは言えないが、ないとも言えない子どもと親の苦しみ「はざまのコドモ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56110/
読み終わると、暖かい気持ちと思わず涙が・・・「ちーちゃんはちょっと足りない」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56111/
IQ(知能指数)だけで判断するものではない「知的能力障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56030/
いわゆる<発達障害>と言われる「神経発達症群」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55926/
いつもタメ息ばかりが出て、気力が湧きません「持続性抑うつ障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55786/
女性なら実感できるかも・・・「月経前不快気分障害」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55922/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ③ 「森」のシンボリズム
イメージ

さて前回「木」についてまとめましたが、シンボルというのはやはり様々な意味を多層に持ち合わせているものです。...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ