コラム

 公開日: 2016-06-25 

ちょっといい言葉<167> 「あなたが怒っている時、その怒りをしっかり見て下さい」

「あなたが怒っている時、その怒りをしっかり見て下さい。怒ってもいいのです。それは贈り物です。あなたの身体が『私はここで溜まった感情を開放する必要がある』と言っているのです。」
アメリカの作家ジャック・キャンフィルドさんのことば。彼はアメリカで引っ張りだこの自己啓発の権威者。「引き寄せの法則」などを提唱されています。

それはそれとして、怒りや悲しみなどのどちらかと言うとネガティヴに捉えられやすい感情に焦点を当てたこの言葉を読むと、何だかホッとしてきます。感情と言うものは理性や思考などの意識的な動きとは反対に、「思わず」湧き上がってくるものです。それには意識ではなくても、やはら何らかの必要性と意味があって、沸き起こるべくして沸き起こってくるものなのでしょう。それを「私の身体が溜まった感情を開放する必要があると教えてくれているんだ」と考えると、たとえネガティヴな感情でも、しっかり味わおう、と言う気持ちになってきますね。

特に子供に比べ、大人はどうしても「怒り」や「悲しみ」を社会の中で出せないことが往々にしてあります。私なんかも、時々小さな子どもがワンワン泣いているのを見て「なんとまぁ、うあらやましい」と思うことがありますよ。泣くに泣けないし、怒りを心に閉じ込めざるを得ない大人は、なんと不自由なことか。

そんな私でも、昔母親が亡くなった時、思わず涙が止まりませんでした。その時「あぁ、まだおれは泣けるんだ」とホッとうれしくなったことを思い出しました。あなたは最近、いつ泣きましたか?



◇◆◇ 大人はつらいよ
ちょっといい言葉<155> 所ジョージさん「毎日何でこんなにつまんねぇんだって自問自答したら・・
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56544/
ちょっといい言葉<154> 「思うようにならぬことを思うようにしようとすると・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56477/
ちょっといい言葉<153> 「あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/56252/
ちょっといい言葉<132> 「これで十分、と思って現状を認めてしまうのは・・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54988/
ちょっといい言葉<122> 「成功は幸せの鍵ではありません・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54218/
ちょっといい言葉<120> 「あなたの行為の中で最悪なものは・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54147/
ちょっといい言葉<114> 「いま、曲がり角に来たのよ・・・」 
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53696/
ちょっといい言葉<119> マザー・テレサさんの言葉 「・・・さあ始めましょう」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54143/
ちょっといい言葉<118> 「もし人生のどん底に落ちるようなことがあっても・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53919/
ちょっといい言葉<116> オスカー・ワイルドの言葉 「教育とは良いものである。しかし・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53752/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ③ 「森」のシンボリズム
イメージ

さて前回「木」についてまとめましたが、シンボルというのはやはり様々な意味を多層に持ち合わせているものです。...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ