コラム

 公開日: 2016-06-08 

間抜けとは「間」が読めない人のこと?ビートたけし「間抜けの構造」

今回取り上げた本はこれ



少し以前の本ですが、ビートたけしさんの「間抜けの構造」。そうですねぇ、日本人にとって「間」というのは確かに身近なものだし、日常の生活の中で「間」が悪いことはたくさん体験していますから、わからないテーマではありませんね。最も最近は「間」と言うよりも「空気」と言う言い方のほうが一般的でしょうか。「空気が読めない」とか「KY」とか言われることも、結局は「間」が読めないと言うことでしょう。

この本では、漫才や落語やテレビレポーターなど、さまざまな人間相手の商売における「間」について取り上げています。
その中でもおもしろかったのが、たけしさんの番組「TVタックル」にでてくる政治家・評論家たちの議論の仕方。

“討論のときにどこで話しに入っていくかというのは、縄跳びに入っていくタイミングを見極めるのと同じで、それが上手い人と下手な人がはっきり分かれる。上手い人は、相手が呼吸するタイミングで入ってくるよね、その呼吸の間合いを読むのが上手い。ある人が「僕はね、そういうことはね、」と言って息を吸った瞬間に「いやぁ、だけどさ」と入ってこられると「ウッ」となって、話をとられる。そうやって相手がしゃべるのをつぶす”
“最近は話に割って入ろうというときに、「いや違う。あなたの言っていることはおかしくて・・・」と、否定から入らない。全く逆で「それはあなたの言うとおり」って肯定してから入ってくる。そう言われると、相手も一瞬「うん」となるから、‘間’が空く。その瞬間に「この人の言うとおりで、私はね~」って自分の話をするんだよ。それから否定的な意見を述べて、結果的にはその人の話をつぶしちゃう”
“討論が上手くなる方法はまだあって、ちょっと長めにしゃべりたいと思ったら、「私の言いたいことは二つあるんですよ」とやる。「三つあります」というと、「おまえ、三つもしゃべるのか!」となるから、二つがちょうどいい・・・・
「私の言いたいことは二つだけあるんですよ。一つ目は~」とやるんだけど、その一つ目はすごく短くするの。「一つ目は、政府の見解には断固反対です」とか。そうやって「あ、こいつの話はすぐに終わるな」と周りを油断させておいてから、「二つ目」に、自分が本当に言いたいことを長めに主張する。
討論を聞いてて、「まあまあ、この人はうまいな」と思わせるのは、大体そういうやり方の人だね。”

と指摘しています。さすが、良く見ていますね、人間観察はするどいなぁ。

最近のバラエティ番組にたくさん登場する「ひな壇芸人」と言う人たちの中でも、自分の存在をアピールするのが上手な人・下手な人がいますね。上手な人はどういうタイミングで声をだしているんだろう??なんて、いろいろ考えさせられます。さて、その競争の中で話芸が磨かれていくのでしょうが、ビートたけしさんのようにずば抜けた存在感を示すのは誰でしょうか?

みなさんのオススメは誰ですか?

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ