コラム

 公開日: 2016-05-19 

アスペルガー障害の苦しみを描いたクレイ・アニメ「メアリーー&マックス」

今回見た映画はこれ




この映画はなかなかよくできたクレイアニメの秀作です。決して子供だましではなく、質の高いアニメーションと現代的なテーマの選択は、見終わった後も感動が残ります。

アルコール依存の母親と鳥の剥製作りに没頭する父親という機能不全家庭に育ったオーストラリアに住む8歳のメアリーはヒョンなことからアメリカに住む40歳のマックスと文通を始めることになります。メアリーは自分の容姿についての悩みや、周囲からのいじめにも苦しみながら毎日を過ごしています。そしてマックスはアスペルガー障害とともに生きる男性で、いつも自分を取り巻く世界に違和感を感じながら一人で苦しんでいました。

自分の世界に閉じこもっていると言う点以外、どう見ても何の共通点もないような二人なのですが、文通はなんと断続的に20年も続きます。その間さまざまなエピソードや二人のそれぞれの生き様や葛藤が描かれるのですが、それが実に切実かつリアル、かつユーモアに満ちた優しさを持っていて、それがアニメというにはその表現の枠を大きく広げた秀作だと思う理由です。

ドラマはその二人の20年にも続く交流をていねいに描いているのですが、ドラマとしての山場は、マックスがメアリーに自分の障害についてカミングアウトするところから始まります。それを聞いたメアリーはもちろん善意から、自分の力でアスペルガー障害を研究し治療法を見つけたいと大学院へ進み、マックスを題材に研究に没頭し成果を挙げるのです。が、マックスにすれば自分を一人の人間としてではなく、研究対象や障害者という視点でしか見られていなかったことにひどく傷つき、怒りを覚え、それを激しい怒りの表現とともにメアリーに告げたのでした。

これは本当に気をつけなくてはいけないことだと思いますね。良く病院などで、患者さんを一人の人としてみるのではなく、治療すべき病気だけしか見ていないことの批判がありますが、医療関係者のみならず、研究や福祉に関わる人たちも同じことが言えるでしょう。例えば、A君という人を「障害」という見方からしか見えていない場合、往々にしてA君のことを「発達障害児・者」「自閉スペクトラムの人」と言うような言い方や見方をしがちです。しかしそれよりも、まず彼・彼女に対する一人の人間としてのリスペクト(敬意)を抱くことが大切なのだと思います。

そしてそのことを私に気づかせてくれたのは、自分に対するリスペクトを忘れていたメアリーの行動を長い年月をかけて苦しみながらも受け入れ、許し、そしてメアリーに対するリスペクトを示したマックスの次のような手紙の文章でした。
“(メアリーの行動を)許した訳は、君が完璧ではないから。 君は不完全だ。もちろんも僕もね。人間はみんな不完全だ。”
“(主治医の精神科医にこう言われた) 欠点を含めて自分を受け入れろ。欠点は選べない。欠点も自分の一部なんだ。
でも友達は選ぶことができる。そして君を選んで本当によかったと思っている。”


この文章を読んで、メアリーはマックスに対してだけでなく、自分自身に対するリスペクトを持つことができるようになったのでした。私の文章で、この映画の言わんとするところを伝えきれたかどうか、不安ですが、いずれにしても本当に大切なことを、クレイ・アニメーションと言う手法を通じて、見事に描いている映画「メアリー&マックス」。もし興味があれば、一度見て下さい。

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ