コラム

 公開日: 2016-05-02 

相手の気持ちに共感するとは?神戸新聞「泣いたり笑ったり」~発達障害の双子の歩み~より

神戸新聞に掲載されている双子の発達障害児の母親である森山和泉さんの「泣いたり笑ったり~発達障害の双子の歩み~」を読んでいてとても考えさせられるエピソードに出会いました。長くなるので割愛しながら引用させていただきます。

「・・・テレビで命を懸けて子キツネの世話をする親ギツネを見て、涙を流した私(注:森山さん)の顔をのぞき「何の涙?」と淡々と質問したり、卵から黄身が二つ出てきて喜ぶそばで「何がうれしいの?」と不思議がったりするのが、娘なのです」
なるほど娘さんは相手の態度の裏の気持ちを察することが苦手なようですね。

そして森山さんが「『一緒に喜んだり悲しんだりしてほしいな』というと『思えないのにできるわけがない』と言ってのけます。こんな時はとてもさみしくなり、心の大切な部分が育っていないのかなと心配になります」と続けられています。一緒に生活している家族として、何気ない心の触れ合いが大切な事、そしてそれが発達障害の特性から思うように叶わないことの寂しさや不安が伝わってきます。

ところがそういう娘さんがある時、とても情緒的に最大級なやさしさを見せたことがあるというのです。それはなんと「掃除機が壊れたとき」だったそうです。ん?ちょっと待ってよ、何で壊れた掃除機に最大級のやさしさを?
その時の会話が文章とともに漫画でも描かれていました。文章と漫画のセリフから娘さんの気持ちをまとめると・・・・

「機械は純粋なんだよ。スイッチ一つで決まったことをやるんだよ、いつもいつも」
「(娘さんは)学校も苦手、人のいっぱいいるところも苦手。だけどね、決まりだからちゃんと毎日学校に行っているんだよ。機械は私と同じなんだよ。」
「だから機械が壊れると、胸がキューンとなるんだ。」「どうして私の気持ちがわからないの?」

なるほど。こうやって説明されれば、確かにそうだ、と娘さんの気持ちが伝わってきます。そういうやり取りを経て森山さんは次のように締めくくります。

「『相手の気持ちに気づくのが苦手』なのは、私も同じ。感性が自分と少しでも違うと、途端に相手のことがわからなくなるのかもしれませんね」

読んでいて非常に考えさせられました。定型発達者から見ると彼らは「発達障害」ということになりますが、彼らの側から見てみると定型発達の人々こそ「定型発達障害」なのかもしれません。自分達だけが正しいという考え方は一面的な見方なのでしょうね。お互いが理解しあって歩み寄るという姿勢が必要だと思わされたエピソードでした。


うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ③ 「森」のシンボリズム
イメージ

さて前回「木」についてまとめましたが、シンボルというのはやはり様々な意味を多層に持ち合わせているものです。...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ