コラム

 公開日: 2016-04-28 

おちゃめでカワイイ、孔子曰く、「学びたいときに学べるって、むっちゃうれしい!」

最近の私は趣味は、「本屋のスミをほじくるような本狩り」。評判本や有名本、高価本や専門本もいいのですが、よくよく探してみると本屋の本棚の片隅で身を隠して遠慮がちな本の中に「お宝本」があると言うこともしばしば。
で、今回のめっけものお宝本は「論語なう」。



論語と言うと難しそうなイメージですが、あまり大きな・分厚い本ではありません。著者紹介を読むと、「論語なう」とはツイッター上で展開されている「孔子なう」からの編集本らしい。で、早速買って帰って家のパソコンで「孔子なう」を検索してみると・・・・
“「孔子なう」@KongziNow  日本のみなさん、こんにちは!ぼく、孔子です。日本の格差社会ぶりが見ていられなくて、ぼくの教えを日本に広めるためにやってきました!フォローして弟子にならんかね?お弟子さん、絶賛募集中です”

おい、おい。孔子ってこんなに軽い人でしたっけ?でしたっけ?って、会ったわけでもないのでわかりませんが・・・・・。う~ん、なんだか軽そうな本みたいって!?それがそうではないんです、なかなか勉強になりますよ。論語読みの論語知らず、なんて言いますが、私なんて自慢じゃないけど論語をしっかり読んだこともありません。でもいくつか、有名な教えもあるようで、今日はまずその中から一つ有名な文章を。

「子曰く 学びてこれを習う、また説(よろこ)ばしからずや。朋あり、遠方より来る、また楽しからずや。人知らずして、いからず、また君子からずや」

ふむふむ、なんとなく聞いたことがあるような。これがこうなります。

「学びたいときに学べるって、むっちゃうれしい!遠くの友達がたずねてきてくれて、学問を語りあう、これまた、むっちゃ楽しい!こんなに学問に打ち込んでいるのに、世間はだれもおれを認めてくれない。だからといって、腹を立てているようじゃ、まだまだだよね。」

いやぁ~こりゃ、むっちゃ、わかりやすい!高校時代の古文の授業もこんな感じで説明してくれていたら、きっともう少し点数良かっただろうに。残念!でもなかなかいいでしょう!?、この「論語なう」。興味のある人はネットのツイッターのオリジナルサイトを覗いてみてください。

「論語なう」

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑥ 「水ー2」
イメージ

しまった、厄介なものを取り上げてしまった、と思いつつ、「水」の第2回目。「水」なんて普遍的なものは、た...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ