コラム

 公開日: 2016-04-25 

障害があろうがなかろうが、一人の「人」として生きることに変わりはないのだ「アイ・アム・サム」

今回取り上げる映画はこれ「アイ・アム・サム」



既にごらんになられた方もたくさんいらっしゃることでしょうが、本当に感動する映画ですね。知的障害とともに生きるサムが、ひょんなことから父親になることになり、赤ちゃんをルーシーと名づけました。ただでさえ大変な子育てに、挑戦するサム。わからないことや失敗だらけですが、周囲人たちに支えられながら必死で父親になって行きます。しかしルーシーが大きくなったらなったで、いろいろな問題に直面することになります。

ネタバレになってもいけないので全ては書けませんが、サムの子育ての奮闘振りに加えて、障害を持つ父親と生きる子どもの悩みや苦闘も実にセンシティブに描かれてます。

目を見張るのが、サムを演じたショーン・ペンの演技力とルーシーを演じたダコダ・ファニングの可愛らしさ!!まるで天使のようですよ。それに加えてBGMに流れるビートルズの音楽の素晴らしさ!!!本当にどこをとっても名作だ、と思わせてくれる映画なのですが、実は私が一番感動したのは、そういうところではないのです。

それは映画の前半部分で、サムの日常生活が描かれる部分です。夜小さいルーシーに哺乳瓶でミルクを飲ませて寝かし付けたところへ、サムの仲間が訪れてくるシーンです。
実は彼らは毎週誰かの家に集まっていろいろな楽しみを共にしているということがわかってきます。会話の中で語られるのは
・毎週水曜日は アイホップ(アメリカのレストランチェーンで朝食に特化している、と言うことです)
 に集まって朝食を食べる会をしている
・毎週木曜には誰かの家に集まって夜、ビデオ鑑賞会をしている
・毎週金曜にはカラオケ大会をしている、らしいことが語られます。
しかも、仲間の一人は、その集まりのためにデートも断って(!)参加した、と言います。
こういう日常を知ると、やはり障害の程度に限らず、仲間と共に日々を充実して生きることは大切だなぁと思いますね。クォリティ・オブ・ライフなんていいますが、アメリカでは障害と共に生きる「人」という観点が根付いているのだなぁと感心させられます。

日本では「障害と共に生きる」人、と「障害」のほうがクローズアップされて、福祉の充実を!という主張になりがちですが、アメリカでは、「障害に対応・配慮する」のはもう当然のことで、その対応・配慮をすることを前提として、いわゆる健常・定形発達の人と同じ扱いをされるのだそうです。

これは聞いた話で申し訳ないのですが、たとえばディズニーランドへ行っても、日本で言われるような「障害者割引」などというものはないそうです。障害があろうがなかろうが「人」としては何も違いはないはずだ、しかし同時に、障害に対する配慮というのは、共生する社会の当然の義務であると言う考え方だ、と聞いたことがあります(聞いた話なので間違っていれば教えてください)。日本でもこの4月から障害者差別禁止法が施行され、障害を理由に不合理な差別を禁止されるとともに、合理的な配慮を義務付けられるようになりました。これから日本の社会も変わっていくことでしょう。

ですからこういう映画にも、日本で福祉や行政が行うような「障害者サービス事業」と言うようなニュアンスではなく、自分たちで自分たちの人生を豊かにする、というシーンがでてくるのだな、と思って感激した次第です。こういう「主体的に生きる」という観点は日本でもこれからぜひ定着してほしいと個人的には思います(福祉が必要ないという意味ではありませんが)し、障害者問題を考えるときに忘れてはならない観点の一つだと思います。あなたはどう思われますか?

いずれにしても、こころ揺さぶられずに見られない映画「アイ・アム・サム」、もしまだ見ていらっしゃらない方はどうぞレンタルビデオでも見てください。

◇◆◇ こころ揺さぶる映画の数々をあなたに
多様な生き方に理解を!映画「パレードにようこそ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51524/
映画「こぼれる月」:強迫性障害とパニック障害の苦しみをリアルにを描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51769/
映画「サンドラの週末」:「うつ病」からの職場復帰の厳しさと回復への道
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51864/
映画「アリスのままで」:若年性アルツハイマー病に侵された大学教授の闘い
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51907/
映画「明日、君がいない」:若者のリアルな姿を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51645/
映画「少年は残酷な弓を射る」:少年はどうしてこんな残虐な行為をしたのだろう?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51890/
アニメ映画「Colorful(カラフル)」:思春期の少年が人と自分を信じられるようになるまで
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51903/
あやしうこそものぐるほしけれ 映画 「17歳のカルテ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52565/
映画「デタッチメント 優しい無関心」:みんなが誰かの助けを求めている
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52294/
映画「精神科医ヘンリーカーターの憂鬱」:精神科医は自分を治療できるのか?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52105/
映画「パパが遺した物語」:大切な人を失った心の空洞
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53383/
映画「博士と彼女のセオリー」:一人の人間、ホーキング博士を描いた作品
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53089/
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52937/
映画「奇跡の2000マイル」:人生の砂漠を歩く女性の生き様
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52931/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ