コラム

 公開日: 2016-03-26 

「明日の会議がうまくいかなければ、一体どんな地獄が待ち構えているのかが、楽しみ」という考え方

世の中には、人間の心理について「へぇ~そうなんだ」と思わされる研究をされている方がいるもので、今日紹介する研究結果もその一つ。

ハーバード・ビジネス・スクールのAlison Wood Brooks教授によると、人間は不安を感じた際に、大抵の場合は「リラックスしなければ」と思ってしまいがちな傾向がありますが、むしろそういう時は不安感をうまく興奮に変えられるような考え方がいいということです。つまり不安を鎮めるためには逆に興奮状態を湧き起こせ、ということらしいのです。

例えば「明日の会議がうまくいかなければ、一体どんな地獄が待ち構えているのだろうか?」と不安になって夜も眠れなくなることがあったとします。こういう時は「落ち着け、落ち着け。大丈夫。きっとうまくいく」というような声を自分にかけたことはほとんどの方はあるのではないでしょうか?

しかしBrooks教授によると「無理やりポジティブな感情に切り替えようとしても、根底に抱える不安感は変化しません。」と言い、むしろ「自身の行動が成功した際にどんないいことが起こるか、という点に意識を集中させるべき」ということです。

確かにこれは言えますね。スポーツのイメージトレーニングなどで、試合前に今から始まる試合に勝って優勝カップを掲げている自分をイメージする、という方法がありますが、「失敗したらどうしよう」と考えるより「もし成功したら、どんなステキなことになるだろう」と考えた方が前向きになれそうです。

さらにBrooks教授によると少々無理やりにでも「自分はワクワクしている」というような興奮状態に自分を持って行くことが良いとのことで、例えば「明日の会議がうまくいかなければ、一体どんな地獄が待ち構えているのかが、楽しみ」「自分の思った通りにできなかったとき、自分がどんな気分になるのか知りたくて仕方がない」と考えた方がよい、とのこと。なるほど。

これって、要するに自分の状態を「面白がっている」ことなのかもしれませんね。よく「緊張を楽しめるようになったら一人前」なんて言葉を聴きますが、案外こういうことなのかも。一回きりの人生、上手くいっても行かなくても、楽しむに越したことはない、ということでしょうか。「ストレスは、ワシのエサや」という大阪人の名言がありましたが、これぞ、人生の達人。



◇◆◇ なるほど、こう来たか!
人はうれしくなると手をあげてガッツポーズをするのは、なぜ?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51644/
汝の哀しき性(さが)に泣け
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51679/
おいおい、本当!? 脳細胞に光を当てて「うつ」を改善できる?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51772/
「物語」は明日を生きる力を産み出す
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51897/
「良かれと思った『押し付け』が、一番たちが悪い」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55819/
「こころもからだ  からだもこころ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55618/
ウソでもいいから胸を張れ!ボディランゲージが人生を左右する!!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49249/
人の気持ちがどうしても気になってしまう人と全く気にならない人の間
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49351/
絶対、あなたは笑顔になる!幸せを約束する2分間の動画を紹介!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50969/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ