コラム

 公開日: 2016-03-18 

光と影をどう生きるか? ① -生き方の光と影-

最近、このコラムでも「人生の光と影」について触れることが多くなった、と自分でも気が付きました。と、同時に自分でも今までの自分の生き方や考え方に変化がおとずれているなぁ、と思わされる場面も増えてきています。

これって一体どういうことだろう?

「光」の射すところには、必ず「影」が生じます。しかも当たり前のことですが、「光」と「影」は全く同じ形なのです。つまり「光」の裏返しが「影」であり、そもそも別の存在ではないのでしょう。ただ、光の当たる面だけを見ていると、その裏側には気が付きません。

このことは実は、私やあなたも含め、他人ごとではなく自分自身の問題として見つめることが必要なのでしょうが、なかなかそれは難しいのです。そこでまずは自分の問題としてではなく、世間を賑わしている他人の問題を通して考えてみたいと思います。

まず取り上げるのは、先日容疑者が逮捕された「介護施設から利用者を突き落として殺した事件」。この事件はまだ皆さんは記憶にあると思います。高齢の利用者を介護すべき職員が、関わりの難しい利用者を夜中にベランダから突き落として殺害し、自らが第1発見者として通報した、という事件でした。新聞によると、確か容疑者は救急処置の専門技術の資格を持っていて、第1発見者として救急処置も施したと記憶しています。

怒り

この容疑者の行ったことはもちろん許されることではなく、本人の人格を疑います。しかし私は私の知人(もちろん事件とは全く関係ありませんよ)の介護職の方から、「やったことはもちろん許されないが、しかし持って行き場のない否定的な気持ちと無力感はわかる」という発言を聞かせてもらいました。

人の福祉のために働くべき立場の方が、人を殺す。こんなことはありうべきことではなのですが、「殺したい」とまでは思わなくても、認知の問題等で何とも介護者の誠意や気持ちが伝わらなくて歯がゆい、やるせない思いをされている方は多いのではないでしょうか。これが仕事の場合なら転職も可能ですが、ご家族の場合はそう簡単にはいきません。

このような状況が現実でしょう。こういう場合「高齢者の生き方を支える」という「光」の部分に「影」が忍び込みます。それも知らず知らずのうちに。そしてその忍び寄る「影」に気が付かない時、突如として「影」がその「光」の部分を呑み込んでしまうことも残念ながら生じかねないのです。

「光」のあるところには、必ず「影」が生じる。その「影」を「否定したり」「見ないふり」をする時、光と影の逆転が起こりかねません。難しい問題ですが、私たちは「本来共存できない光と影を抱え込んで生きざるを得ない苦しみ」を常に意識し続ける必要がありそうです。

同じようなことが現在、アメリカやヨーロッパでも起こりつつあるように感じます。次回はそれについて考えてみたいと思っています。

◇◆◇ こころについての散歩道コラムです
自らの体験をもとに、いじめに対するメッセージを訴える魂のことば
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49206/
ウソでもいいから胸を張れ!ボディランゲージが人生を左右する!!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49249/
人の気持ちがどうしても気になってしまう人と全く気にならない人の間
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/49351/
絶対、あなたは笑顔になる!幸せを約束する2分間の動画を紹介!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/50969/
5月病・6月病に御用心!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51194/
6ヵ月になる娘が居ます。私に母性が有るのか不安です。育てていけるのか不安です。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51479/
人はうれしくなると手をあげてガッツポーズをするのは、なぜ?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51644/
汝の哀しき性(さが)に泣け
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51679/
おいおい、本当!? 脳細胞に光を当てて「うつ」を改善できる?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51772/
「物語」は明日を生きる力を産み出す
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51897/
虐待が疑われる時、いち早く、<189>へ電話を!
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51898/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ