コラム

 公開日: 2016-03-12 

「人生の反対側」を見てしまった家族の物語「普通の人々」

数ある印象に残る映画の中でも、私のとって忘れられない映画の一つがこれ。

“・・・・平穏な生活が一つのことで一変してしまった・・・・・”と苦渋に満ちた表情で一家の父親が語るシーンは、フィクションとは思えない真実味を帯びています。

普通の人々

「一つのこと」とは、愛する息子二人がある日、悪天候の中ヨットで海に出てしまい、そこで遭難してしまう事件のことなのです。二人のうち、長男バックが亡くなり、次男コンラッドだけが助かるのですが、その後その事件の思い出がフラッシュバックしてきて彼を苦しめます。同時に長男を溺愛していた母親は、長男の死を受け入れられずにその場にいて一人助かった次男コンラッドをも受け入れられなくなるのでした。

その後、さまざまな家族の葛藤を、ヒリヒリするようなやり取りと苦悩を通じて描いてドラマは進行します。
ただ、そこで精神科医のドクター・バーガーとかかわるようになり、次男と父親は少しずつ自分の本当の気持ちに気が付いていくのでした。ただ、残った母親だけはどうしても自分に向き合うことができずに・・・・・。

詳しい展開はぜひ本編でご覧いただきたいのですが、「人を助けるのは人なのだ」、ということを伝えてくれる映画です。

家族とは何か、家庭とは何か、愛とは何か、親子とは何か、夫婦とは何か。さまざまな問題がこの一家にこの事件をきっかけに顕在化します。といっても、決して他人事ではない、まさしく「普通の人々」の普通の生活・家族の中に潜んでいる部分でしょう。前回、「母なる証明」でも触れた、「普段は気がつかないが確実に存在する人生の反対側」を見てしまった家族の物語と言ってもいいかもしれません。

映画のストーリーもさることながら、この映画は1980年のアカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞にも輝いています。監督賞をもらったのが、なんとあの「ロバート・レッドフォード」。俳優としてはアカデミー賞はもらっていませんが、監督としての力量はこれ以外の作品を見てもわかるとおり、ピカイチですね。私の一番好きな監督さんの一人です。

助演男優賞が、ティモシー・ハットン。若干二十歳でした。こんな難しい役をよく演じられたものだと感心しました。
母親役のメアリー・タイラー・ムーアさんの演技もすばらしいの一言です。さらに父親役はドナルド・サザーランド。ん?聞いたことのある名前だぞ?と言う人もいるでしょう。あの大ヒット・テレビドラマ「24」の主役「ジャック・バウアー」を演じたキーファー・サザーランドのお父さんですよ。
なんとも話題満載の映画でしょ。

ちなみにキーファー・サザーランドをwikipediaで調べていたら、彼の本名は
「キーファー・ウィリアム・フレデリック・デンプシー・ジョージ・ルーファス・サザーランド(Kiefer William Frederick Dempsey George Rufus Sutherland」
というのだそうです。な、長い・・・・寿限無のような名前ですね。

興味のある人は、一気に3回早口言葉でどうぞ!ま、どうでもいいことですけど・・・・
内容と関係のない話ばかりになりましたが、とにかくお薦めの映画です!
・・・ただし内容はかなり重たい映画であることをお忘れなく・・・・

◇◆◇ 人生の光と影を描いたさまざまな映画
映画「少年は残酷な弓を射る」:少年はどうしてこんな残虐な行為をしたのだろう?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51890/
アニメ映画「Colorful(カラフル)」:思春期の少年が人と自分を信じられるようになるまで
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/51903/
あやしうこそものぐるほしけれ 映画 「17歳のカルテ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52565/
映画「デタッチメント 優しい無関心」:みんなが誰かの助けを求めている
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52294/
映画「精神科医ヘンリーカーターの憂鬱」:精神科医は自分を治療できるのか?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52105/
映画「エレファント・ソング」:助けて・・・・僕は誰からも愛されてこなかった・・・
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52288/
映画「マーサ、あるいはマーシーメイ」:マインドコントロールから抜け出す苦しみ
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52112/
「hikikomori」を描いたドキュメンタリー映画を紹介します。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52107/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ