コラム

 公開日: 2016-02-25  最終更新日: 2016-03-13

「心が雨漏りする日には」中島らもさんの躁うつ病エピソード

前回は北杜夫さんの躁病エピソードを、父娘対談の中で教えてもらいました。この本自体、とてもおおらかな書き方をされているので、思わず吹き出すようなエピソードとして印象に残ってしまいます。しかし実際はご家族の方も含め、それは大変な思いをされたことだろうと思います。

今回取り上げる方の体験はもうちょっとリアルな本でした。それは亡くなられた中島らもさんの著書「心が雨漏りする日には」



書きだしは“親父が躁うつ病だった。”から始まります。 中島さんがまだ中学生の時、登校しようと靴を履いていたら、突然後ろから「お前は絵が上手いから、絵描きになれ。心配はいらん。ワシは横山大観と知り合いやから」と言われます。もちろんそんなわけもなく、驚きながら学校へ行き、家に帰ってみるとお父さんの姿はなく、病院に入院されていたとのことでした。

お父さんの躁状態の時の行動力はすさまじく、「今からここにプールを作るといって一人でスコップで庭をザックザックと掘り出し、なんと1週間で一人で穴を掘ってセメントを流し込んで完成させてしまった、ということです。

しかしらもさんのエピソードも負けず劣らず。40歳ぐらいまでうつ病で、アルコール依存にもなりそれだけでも大変だったのに、その後躁病を発症されたとか。

躁状態の時は万能感に支配され、仕事のアイディアも次から次へと湧いてきて、どんどん仕事がはかどっていく。それだけならいいのですが、エネルギーがどんどん湧いてきて、いてもたってもいられなくなり、「あせり」の感覚とともに行動せずにいられなくなったそうです。

具体的なエピソードは引用すると長くなるので、実際に本を読んでもらうのが一番良いと思いますが、そのような病的な過活動に振り回されて困惑しているらもさんの気持ちが伝わってくる本です。結果的にらもさんは、アルコールの量が増えたり、服薬の副作用で大変な目に合われる入院もたびたびなされます。

本人の意志だけではどうにもならない、振り回されている困惑が伝わってくる本でした。

◇◆◇ こういうことでお困りではありませんか?
<双極性障害 Ⅰ型・Ⅱ型> ~躁病エピソードとは?~
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55153/
<双極性障害> ~抑うつエピソードとは~
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55313/
「吃音」を巡るアメリカの社会実験動画「あなたなら どうする?」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55316/
父娘が躁病エピソードを語る「パパは楽しい躁うつ病」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55321/
「心が雨漏りする日には」中島らもさんの躁うつ病エピソード
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55448/
「抑うつ障害群」の中の「重篤気分調節症」について
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55612/
誰でもがなりうる可能性がある「うつ病」
<社交不安症/社交不安障害> きっと悪く言われているにちがいない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54750/
人からどう思われているかが気になって身動きできなくなったA君
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54853/
<全般性不安障害>色々なことが気になって仕方がない 
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54859/
本当にこれが怖いんです <限局性恐怖症>
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54983/
<選択制緘黙> 「話さない」のではなく、「話せない」のです。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54987/
<身体症状症> 身体の不調が気になって頭から離れない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54991/



うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
シンボリズムの森 ⑤ 「水-1」
イメージ

シンボリズムの森、第5回目は「水」。「水」について書き始めて、思わず「しまった!」。なぜなら「水」なんて...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ④ 「花」のシンボリズム
イメージ

さて今回取り上げるのは「花」皆さんは「花」と言えば何を思い出しますか?赤や黄色やピンクのきれいな花畑を思...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森①  シンボルって何?

さて、今日は最初にシンボルについて話をしたいと思います。あなたは夜「夢」を見ませんか?「将来の夢」とか...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ② 「木」のシンボリズムについて
イメージ

さて5月6月と言えば新緑が目にまぶしい季節ですね。私もGW以降、いろいろな花や新緑を見に行きました。気持ち...

[ シンボリズムの森 ]

シンボリズムの森 ③ 「森」のシンボリズム
イメージ

さて前回「木」についてまとめましたが、シンボルというのはやはり様々な意味を多層に持ち合わせているものです。...

[ シンボリズムの森 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ