コラム

 公開日: 2016-02-16 

「アナザー・ハッピー・デー ふぞろいな家族たち」

久々に切実な、時代を切り取った映画をみました。
「アナザー・ハッピー・ディ ふぞろいな家族たち」
タイトルは、あまり触手の動かないセンスのないフレーズですが、描かれているのは紛れもなく現代の病理。

アナザー・ハッピー・デイー

以前、このコラムでキアヌ・リーブスが主役の映画「アンダ-・ブルー」を紹介したことがあります。
「アンダーブルー」に描かれていた登場人物は、アルコール依存の父親とイネイブラーの母親、さらにボーダーラインの長女と自分を出せない次女、そしてそんな家族から逃げ出した長男と一方で父親と同じ運命をたどろうとする次男でした。これはこれで当時(1985)の時代の社会病理と精神病理を切り取った映画でした。

アンダーブルー

そしてこの「アナザー・ハッピー・ディ ふぞろいな家族たち」は、まさしく今このときの社会的な問題や精神病理を扱っています。物語の狂言回しは、若い頃はさぞ美人でもてただろう主婦のリンという女性。しかし長男のエリオットは薬物中毒で入退院を繰り返し、同時にジル・ド・ラ・トゥレット症候群を併せ持ち、次男のベンはアスペルガー症候群。ご主人のリーも映画の中で診断名は出されていませんでしたが、その様子を見る限り間違いなくアスペルガー症候群でしょう。

さらに主人公の母親リンの連れ子のアリスは体中にリストカットの後がある引きこもりの繊細な娘。アリスがそのような自傷行為に走ったきっかけは、リンの元のご主人のポールのドメスティック・バイオレンスを目の当りにしたからでした。

加えてリンの父親は認知症になり徘徊することも度々。リンの母親のドリスは、鉄の女といっても良いぐらいの固い信念と共感性のない女性なのです。そういう「ふぞろいの家族」が集まって、何とかうわべだけの絆を保って生きているのですが、いつ破綻してもおかしくない状況なのです。

こういう家族の状況を敏感に察しているのが、長男のエリオットでした。
彼は人と人の絆について「人と人の絆を確かなものにしてくれるのは、残念だけど誰かの『死』なんだ。問題は悲劇でしか、絆を確かめることが出来ないことだ」というような鋭い意見を持っています。しかもそれが現実に確かめられたのが、あの3・11のできごとだったんだ、とも。

事実、このうわべだけでいつ破綻してもおかしくない家族を最後の最後でかろうじてつなぎとめた出来事は、エリオットの自殺未遂事件と、認知症の祖父ジョーの起こした事故による死でした。

詳しいストーリーはネタバレになるので言えませんが、なんともやりきれない思いのクライマックスです。しかし実のところ、私はこの映画について共感できるところもあるのです。というのは、確かに「死」そのものではなくても、硬直していつ破綻してもおかしくない人間関係や家族関係を動かすエネルギーとなるのは、その状況にショックを与えるぐらいの衝撃的な出来事が起こる必要があるのではないでしょうか。

なぜならカウンセリングに携わっていると実はそういう生々しくもやりきれないドラスティックな状況に時々出会わされるからです。そういう意味で、この映画は残念ながらある意味真実をついているところもあると思っています。

あまりメジャーな映画ではないですが、DVDなら見れます。興味があれば一度ごらん下さい。

とりあえず予告編を載せておきます。





うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ