コラム

 公開日: 2016-02-11  最終更新日: 2016-03-13

<双極性障害> ~抑うつエピソードとは~

ここ数回、「こういうことはありませんか?」という内容で、いくつかの精神疾患についての説明をしています。私は臨床心理士でお医者さんのような診断はできませんし、このコラムを読まれた方が自己診断してしまうのも危険な時があります、ですからもしこのコラムで思い当たるような状態の時は、まず信頼できる専門医のところへ受診されることをお勧めします。そのうえでカウンセリングが必要な場合は、ご連絡下さい。

今回は抑うつエピソードについて紹介します。「抑うつ」というのは「悲しく、虚ろで、あるいは易怒的な気分」襲われて、思考・感情・行動・身体に活動低下いう影響が出ている状況を指します。

うつ

よく「うつ病」と言いますが、今回の<双極制障害>における抑うつエピソードも共通する内容です。(うつ病については、抑うつ障害群としてまたとりあげます)さて、簡単に抑うつエピソードについて説明すると
DSM-5(米国精神医学会『精神疾患の分類と診断の手引きー5』)では次にように記述されています。
A.以下の症状のうち5つが同じ2週間の間に存在し、病前の機能から変化を起こしている。これらの症状のうち少なくとも1つは(1)抑うつ気分 または(2)興味またはよろこびの喪失である。
(1)その人自身の言葉が他者の観察によって示される、ほとんど一日中、ほとんど毎日の抑うつ気分
(2)ほとんど一日中、ほとんど毎日の、すべて、またはほとんどすべての活動における興味または喜びの著しい減退
(3)食事療法をしていないのに、有意の体重減少、または体重増加、またはほとんど毎日の食欲の減退または増加
(4)ほとんど毎日の不眠または過眠
(5)ほとんど毎日の精神運動性焦燥または制止
(6)ほとんど毎日の疲労感、または気力の減退
(7)ほとんど毎日の無価値観。または過剰であるか不適切な罪責感
(8)思考力や集中力の減退、または決断困難がほとんど毎日認められる
(9)死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念慮、または自殺企図、または自殺するためのはっきりした計画などがあり日常生活に障害が生じている場合です。

「抑うつ状態」はストレスが背景にあり、誰でも一時的に陥った経験はあるでしょう。なんとなく元気がなくなると言った気分状態です。しかしこの双極型障害やうつ病関連の疾患ではそのような「気分」だけでなく、もっと深刻に自分自身を責めたり、活動するエネルギーが枯れ果て、「死」についての思いが沸き起こってくる状態です。

もしそのような状態に気が付いたら、是非信頼できる病院へ受診することをお薦めします。その上でカウンセリングをお受けられることも必要かと思います。 周囲の方も、あの人は最近どうもおかしい、とお気づきの場合は、一言お声をかけてあげて下さい。

◇◆◇ こういうことでお困りではありませんか?
<双極性障害 Ⅰ型・Ⅱ型> ~躁病エピソードとは?~
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55153/
<双極性障害> ~抑うつエピソードとは~
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55313/
「吃音」を巡るアメリカの社会実験動画「あなたなら どうする?」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55316/
父娘が躁病エピソードを語る「パパは楽しい躁うつ病」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55321/
「心が雨漏りする日には」中島らもさんの躁うつ病エピソード
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55448/
「抑うつ障害群」の中の「重篤気分調節症」について
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/55612/
誰でもがなりうる可能性がある「うつ病」
<社交不安症/社交不安障害> きっと悪く言われているにちがいない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54750/
人からどう思われているかが気になって身動きできなくなったA君
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54853/
<全般性不安障害>色々なことが気になって仕方がない 
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54859/
本当にこれが怖いんです <限局性恐怖症>
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54983/
<選択制緘黙> 「話さない」のではなく、「話せない」のです。
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54987/
<身体症状症> 身体の不調が気になって頭から離れない
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54991/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
人は「物語」によって、辛い「現実」を自分なりに受け入れるのだ・・・映画「怪物はささやく」

大変興味をもちながらも、いろいろ忙しくて時間が合わずに見に行けなかった映画「怪物はささやく」。ようやっと先...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

久しぶりのJIJICOのコラムです。テーマは「体罰の現状について」
イメージ

マイベストプロの専門家による時事コラムJIJICOに久しぶりに記事を載せていただきました。内容は「体罰の現状に...

[ JIJICO ]

ストレスから身を守るためには・・・・・遊びが一番!?

5月に入りました。GWも過ぎ、いよいよ本格的に始動!という時期ですが、学生・社会人を問わず新しい環境や職場に置...

[ こころの散歩道 ]

映画「ぼくと魔法の言葉たち」 喜びと悲しみはディズニーアニメとともに

今日紹介する映画はこれ少し前に見た映画ですが、今でも上映しているかなぁ?2歳になって突然言葉を失...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

春に想う
イメージ

久しぶりの記事の更新です。初夏のお天気が続きますが、みなさんお元気ですか?この時期、木々の緑を見ているとな...

[ こころの散歩道 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ