コラム

 公開日: 2015-12-14 

こころの問題<20> 「本当の自分」と「社会の中での自分」のギャップについて -1-

さて前回は「2つのアイデンティティ」ということで、自分というまとまりとしての「自己同一性」、社会の中での自分の立場としての「社会的自我同一性」について述べました。この二つの感覚はひとことで言えば「本当の自分」と「社会の中での自分」ということができるように思います。

私自身を振り返っても、また私が現在お会いしている相談者のことを考えてみても、この「二つの自分」の間のギャップというか距離感で苦しまれている方が多いようです。私の場合は、若い頃からずっとこの問題には直面してきたようです。例えば、今の仕事が果たして本当に自分のやりたい仕事かどうか?これは理屈で考えるより、なんとなく自分の中に違和感と言うか、不全感みたいなものが感じられることで意識ができました。

その結果、今のような職業についているわけですが。

このような「二つの自分」のあり方について考える時、私はよく「卵の黄身と殻のたとえ」を使ってお話することがあります。

卵

卵は言うまでもなく、この世に生まれてきた状態です。中にはこれから形が生じてくるもととなる「黄身」があります。しかし「黄身」だけが産み出されたのでは、形を保つこともできないので、衝撃から身を守るために「殻」がどうしても必要です。さらに「黄身」と「殻」の間には「白身」という衝撃緩衝材のようなものが満ちていることで微妙な関係を保てているのです。

私はこの「黄身」が「本来の自分自身」であり、「殻」が「社会的な自分」ではないか、と考えています。つまり人は誰でも生まれ落ちたままの本来性だけで生きていくことは難しいのです。必ず「本来の自分が形になるまで」周囲の衝撃から「身を守るための殻」が必要なのです。例えば子どもは確かに幼い頃は「本来の自分」だけで生きていますが、しかしそれがそのまま社会で通用するわけもなく、必ず「社会化」されていくことが必要です。

その期間が小学校から始まる学校時代です。例えば「○○小学校の児童」「△△中学校・■□高校の生徒」「◇◆大学の学生」という形で「社会的な自分」を身にまといます。これが最初の「社会的アイデンティティ」の体験でしょう。学校の制服やプライドの殻に守られる中で、少しずつ「黄身」が固まっていきます。もちろん「△△中学校」の生徒であってもその学校の校則や先生方の指導方針と相いれない場合もあるでしょう。そういう時は摩擦や衝突が起きますが、その衝撃を和らげる力が「白身」の存在ですね。

「ほどよい柔軟な関係性」という白身をクッションにして、社会から身を守る「殻」の中で「本来の自分」としての黄身が時間をかけて成熟していくわけです。

しかし時にはその3者の関係が上手く行かない時もあります。そういう時はどうすればよいでしょうか。
それについてはまた次回。

◇◆◇ こころの問題を考える時のヒント
こころの問題<19>  2種類のアイデンティティとは?
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54217/
こころの問題<18> 「アイデンティティ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/54148/
こころの問題<17>「チャム」から「ピア」へ
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53923/
こころの問題<16>私たちは仲間よね、同じよね? 「チャムシップ」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53913/
こころの問題<15> 自立の裏には必ず孤独がある
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53750/
こころの問題<14> 「母性と父性」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53695/
こころの問題<13> 「母なる大地」-1-
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53522/
こころの問題<12> 「父なる天(神)」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53377/
こころの問題<11> 闘いへのいざない、それが「思春期」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53168/
こころの問題<10> メタ認知と自立とロケットの関係
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53164/
こころの問題<9> 自分を見つめる目ーメタ認知ー
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/53090/
こころの問題<8> 思春期へ向かう時の喪失感③ 「自分に対する自信が揺らぐ時」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52934/
こころの問題<7> 思春期へ向かう時の「喪失感」②「え!? ちょっと待てよ・・・」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52746/
こころの問題<6> 思春期へ向かう時の「喪失感」①:映画「インサイド・ヘッド」から
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52568/
こころの問題<5> 大切にさせたい「自分だけの世界」
http://mbp-kobe.com/officekishii/column/52563/

うつ・発達障害・不登校・不適応等のお悩みに カウンセリング・オフィス岸井

□■□■□■□■  【カウンセリング・オフィス岸井】□■□■□■□■   
              ☆初回面接は無料です☆
JR・阪神「元町」阪急「花隈」神戸市営地下鉄「県庁前」駅からいずれも徒歩5分         
電話:090-1243-9646  メールはホームページからもできます

この記事を書いたプロ

カウンセリング・オフィス岸井 [ホームページ]

臨床心理士 岸井謙児

兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL:090-1243-9646

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
岸井 謙児(きしい けんじ)プロ

豊富な経験を生かし、相手に寄り添って希望を見出す手助けを(1/3)

JR・阪神元町駅、阪急花隈駅、神戸市営地下鉄県庁前駅からほど近い閑静な場所にある「カウンセリング・オフィス岸井」。カウンセラーの岸井謙児さんの元には、不登校、発達障害などの悩みを抱える思春期から青年期の子どもたちや親が多数訪れています。...

岸井謙児プロに相談してみよう!

神戸新聞社 マイベストプロ

子供から大人まで長い経験からさまざまな悩みに対応します。

事務所名 : カウンセリング・オフィス岸井
住所 : 兵庫県神戸市中央区花隈町9-25 グランピア下山手通 002号室 [地図]
TEL : 090-1243-9646

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-1243-9646

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岸井謙児(きしいけんじ)

カウンセリング・オフィス岸井

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
映画「精神」:「病と共に生きる人」、そしてその彼らと共に生きる人
イメージ

今回取り上げた映画はこれ岡山県にある外来の精神科診療所「こらーる岡山」に通院するさまざまな人たち。...

[ 「こころ」を描いたこんな映画 ]

ADHDのライフハック<17>目からうろこ!全社員が発達障害者のオフィスがスゴイ!

世の中には色々な世界があるもので、今回紹介する会社は、社員のほぼ全員が発達障害者のオフィス。twitterで噂に...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

ADD/ADHDの方のためのライフハック <2> ~ホワイトボードは役に立つ!~
イメージ

生活のライフハック(仕事術)を実践してみて報告しています。前回は、「To  Do List」を作ってみようというこ...

[ ADD/ADHDの方のためのライフハック ]

あなたへ贈るネットで見つけた感動秘話。「ママに優しくしてあげたくて生まれてきたんだからね」

ネットで色々な話を読ませてもらっていると、こんな素敵なお話しが。どうしてもあなたに紹介したくて引用させて...

[ ちょっと気になるあれやこれ ]

笑っているうちに思わず泣けてきました・・・・発達障害児の生き辛さを描いた漫画「ニトロちゃん」
イメージ

最近読んだ中でも、飛び切り印象に残ったのが、これ「ニトロちゃん」作者の沖田×華(おきたばっか)さんは、...

[ 発達障害を考える ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ